特集 PR

sasakure.UK×植草航対談 知らないものを拒否するのは勿体ない

sasakure.UK×植草航対談 知らないものを拒否するのは勿体ない

sasakure.UK『不謌思戯モノユカシー』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:豊島望
2015/12/04
  • 189

電子物語音楽の旗手、sasakure.UKが新作『不謌思戯モノユカシー』をリリースした。

前作『摩訶摩謌モノモノシー』の続編として制作された本作では、とある街を舞台に、中学校に通う少年少女と異形の存在「妖禍子(アヤカシ)」を巡るストーリーが描かれる。このアルバムのアートワークを手掛けたのが、気鋭のイラストレーター / アニメーション作家、植草航。過去にもsasakure.UKの楽曲“アンチグラビティーズ”でコラボレートした両者は、共にインターネットで精力的に作品を発表してきた経歴の持ち主。お互いの思春期や、表現に向かう衝動にも似たものがあったという。

ボーカロイドや歌い手など様々な声を駆使して「人と人じゃないものが共存する世界」を作り上げたsasakure.UKは、果たして作品にどんな思いを込めたのか。そして植草航はそれをどう描いたのか。二人の価値観を語り合ってもらった。

sasakure.UKさんの作品は、ボーカロイドじゃないとできない表現だと思ったし、新しいものを聴いた衝撃があった。(植草)

―以前からお二人はコラボされていますが、最初はどんなきっかけだったんでしょうか?

sasakure.UK:もともと僕が植草さんのファンで、「よかったら一緒にお仕事しませんか?」って声をかけたんです。2009年に発表された『向ヶ丘千里はただ見つめていたのだった』がすごく好きで。作品のテンションは静かなのに、キャラクターはすごく動的なのが印象的だったんです。意識しなければこの動きは出せないなと思ったし、植草さんは唯一無二の存在だと思ってリスペクトしてました。

sasakure.UK
sasakure.UK

―植草さんはsasakure.UKさんからのお話を聞いてどういう印象でしたか?

植草:実は僕もsasakure.UKさんのことを前から知っていて、すごく好きだったんです。『終末シリーズ』(“しゅうまつがやってくる!”“ぼくらの16bit戦争”“ワンダーラスト”“*ハロー,プラネット。”の4曲で、「終末」をテーマにした物語を展開)を聴いて、これはボーカロイドじゃないとできない表現だと思ったし、これまでなかった新しいものを聴いた衝撃があって。それ以降ずっとsasakure.UKさんの音楽を聴いてきたので、声をかけていただいた時も「あ……あのsasakure.UKさんから!」みたいな感じでした。

―実際にコラボする前に、ネットを通じて知ったお互いの作品にリスペクトし合っていた、ということなんですね。

sasakure.UK:そうですね。 二人が初めてコラボした作品

―お互い、どういうところに魅力を感じていたのでしょう?

sasakure.UK:構図が魅力的なんですよね。自分でもよくあることなんですけど、イラストって、気を抜くと直立不動で面白味に欠ける構図になってしまう。でも植草さんは、アニメーションさせる時に「こう動かせばキャラクターが生き生きと動く、説得力のあるアニメーションになる」ということをかなり意識して作っていますよね。そういうところが素晴らしいと思います。

植草:僕自身も一枚絵にちゃんと説得力を持たせたいと思っているので、そう言っていただけるのはすごく嬉しいです。

植草航
植草航

―なるほど。では、植草さんから見たsasakure.UKさんは?

植草:sasakure.UKさんは、「こういう表現があったらいいのにな」と思うものを形にしてくれる人という印象なんです。『終末シリーズ』は、技術的なところだけじゃなく、テーマとしてもボーカロイドじゃないと表現できないものを扱われていて。その後に、『幻実アイソーポス』(2012年発売の2ndアルバム)で生声の歌手の方を起用したり、いろんなタイミングで自分が「こういうのがあったらいいな」と思うことを実現してくださっていて、すごいなって思うんです。で、今回の『不謌思戯モノユカシー』に関しても、sasakure.UKさんがイメージしていることを聞いた時に、そういうことを感じました。

Page 1
次へ

リリース情報

sasakure.UK『不謌思戯モノユカシー』初回限定盤
sasakure.UK
『不謌思戯モノユカシー』初回限定盤(CD+DVD)

2015年12月2日(水)発売
価格:3,996円(税込)
UMA-9067~9

[CD]
1. ようこそ、不謌思戯
2. ピンボケ世怪平和 feat.Annabel
3. ポンコツディストーカー feat.IA
4. クレイマーズ↑ハイ feat.あやぽんず*
5. n o u r
6. ゴースト・ライト feat.重音テト
7. ヤチヨノ子守唄 feat.そらこ
8. ウバワレタモノ feat.lasah
9. 阡年と螺旋、散るものを feat.すぃ
10. 百鬼夜行(MillionGhostWander)
11. ki ki kai kai feat.GUMI
12. ア(マ)ヤカシ・モノガナシィ feat.ピリオ
13. …to mo da ti ?
14. ガラテアの螺旋
15. 閃鋼のブリューナク feat.ピリオ
[DVD]
1. “tig-hug feat.GUMI”PV
2. “ネコソギマターバップ feat.重音テト”PV
3. “ポンコツディストーカー feat.IA”PV
4. “百鬼夜行(MillionGhostWander)”PV
5. “ガラテアの螺旋”Game Movie
6. “閃鋼のブリューナク feat.ピリオ”Game Movie
※『妖禍子日記』ノート、『祓妖護符』ICカードステッカー、『一魄石』ストラップ、24ページブックレット付属

sasakure.UK『不謌思戯モノユカシー』通常盤
sasakure.UK
『不謌思戯モノユカシー』通常盤(CD)

2015年12月2日(水)発売
価格:2,916円(税込)
UMA-1067

1. ようこそ、不謌思戯
2. ピンボケ世怪平和 feat.Annabel
3. ポンコツディストーカー feat.IA
4. クレイマーズ↑ハイ feat.あやぽんず*
5. n o u r
6. ゴースト・ライト feat.重音テト
7. ヤチヨノ子守唄 feat.そらこ
8. ウバワレタモノ feat.lasah
9. 阡年と螺旋、散るものを feat.すぃ
10. 百鬼夜行(MillionGhostWander)
11. ki ki kai kai feat.GUMI
12. ア(マ)ヤカシ・モノガナシィ feat.ピリオ
13. …to mo da ti ?
14. ガラテアの螺旋
15. 閃鋼のブリューナク feat.ピリオ

書籍情報

『しゅうまつがやってくる!―ラララ終末論。Ⅰ―』
『しゅうまつがやってくる!―ラララ終末論。Ⅰ―』

2015年12月18日(金)発売
著者:入間人間
原案:sasakure.UK
価格:1,080円(税込)
発行:株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス

プロフィール

sasakure.UK
sasakure.UK(ささくれ ゆーけい)

福島県出身。作詞・作曲・編曲の全てをこなすサウンド・プロデューサー。幼少時代、8ビットや16ビットゲーム機の奏でる音楽に多大な影響を受けて育つ。学生時代には男声合唱を学びながら、木下牧子、三善晃といった作曲家や、草野心平、新美南吉などの詩人・文学作家の作品に触れるようになり、この頃から独学で創作活動を開始。時代を越えて継承されてゆく寓話のように、物語の中に織り込められた豊かなメッセージ性を持つ歌詞と、緻密で高度な技術で構成されたポップでありながら深く温かみのあるサウンド、それらを融合させることで唯一無二の音楽性を確立。また、楽曲のコンセプトや世界観をもとに自らイラストや映像の制作も手掛けている。矢野顕子のアルバム『飛ばしていくよ』(2014年)にトラックメイカーとして参加。近年では様々なジャンルのクリエイターとのコラボレーションも企画・監修している。

植草航(うえくさ わたる)

1987年、千葉生まれ。2009年、東京工芸大学芸術学部アニメーション学科卒業、2011年、東京藝術大学映像研究科アニメーション専攻卒業。フジテレビ系列『SMAP×SMAP』ブリッジアニメーション制作を手がけたほか、フランスの出版社デルクール社発行バンドデシネ『SILLAGE外伝』に短編マンガを掲載。映像作品『やさしいマーチ』で第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)