特集 PR

勝手にカテゴライズしないで。気ままなラブサマちゃんの進路相談

勝手にカテゴライズしないで。気ままなラブサマちゃんの進路相談

ラブリーサマーちゃん
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:山元翔一

インターネットの登場は、思春期の少年少女に何をもたらしたのか? 上手くいかない現実から逃れて、好きなことに打ちこめる場というポジティブな側面もあれば、ネットにはネットの社会が存在し、幼くして現実の社会と板挟みになってしまうというネガティブな側面もあるだろう。何にしろ、少年少女は何度も挫折や失敗を経験し、少しずつ大人になっていく。それはネットのあるなしに関係なく、いつの時代でも変わらないことだ。

「ネット発の宅録女子」として昨年CDデビューを果たしたラブリーサマーちゃんが、3か月連続シングルをリリース。オマージュのかおりも色濃い『LOVE♡でしょ?(Pro.by 無敵DEAD SNAKE)』や『PART-TIME ROBOT』もいいが、特筆すべきは「大人になること」に正面から向き合った『青い瞬きの途中で』だろう。デビューによってネットの内外で注目を集める一方、実生活では転学を経験するなど、この1年は大きな変化の年となった。そんななかで彼女は徐々にラブリーサマーちゃんとしてフラットに音楽を楽しめるようになってきたという。少女から大人の女性へ。その泣き笑いの日々を追った。

頑張れば頑張るほど、ちょっとずつスキルアップしていくのがわかるんですよね。私、その過程が好きなんです。

―Twitterを見ると、大学の履修登録をし忘れてたみたいですけど、無事登録できたそうですね(笑)。

ラブサマ:そうなんです、ありがとうございます(笑)。なんでこんなこともできないんだって感じなんですけど……前の大学をやめて、受験し直して、今年の春からまた新1年生なんです。本当に勉強したいことは何だろうと考えたら、行きたい大学が出てきて。

―前回の取材では、日本文学を専攻してるって言ってましたよね。

ラブサマ:いまは文芸学科で勉強しています。パッと聞き違いがわからないと思うんですけど、日本文学はこれまでの文学を研究する学問で、文芸は自分で創作する学問なんです。もちろん、研究の上に創作があるんですけど、日本文学のときは古事記とか日本書紀をずっと研究してて……心が折れちゃって(笑)。

―歌詞も書いているし、やっぱり創作する方が好きなんですね。

ラブサマ:はい。そっちの方が好きなので、いまはのびのび元気でいられて、授業もすごく楽しいです。

―前回の取材で「友達がいないことに危機感を感じてる」とも言ってましたけど、履修登録ができたのは友達のおかげのようですね。

ラブサマ:そうなんです、びっくりです。私、中学からエスカレーターだったので、中高大と8年間周りに同じ人がいたから息苦しくて。それが一度リセットできたから、いまは素直にしゃべれるようになりました。

―環境的にも精神的にも、心機一転して春を迎えたわけですね。それは、ラブリーサマーちゃんとしての創作にも影響を与えていますか?

ラブサマ:初めてCDを出したのが去年の夏なんですけど、聴いてくれる人がいきなり増えたんです。それまでは曲をネットにアップすることしかしていなかったから、ネットの音楽に興味がある人にしかリーチできてなかったけど、お店にCDが並ぶことによって、不特定多数の人が聴いてくれるようになったことを実感していて。CDを出すということにすごく可能性を感じました。

―それが、3か月連続でシングルをリリースするモチベーションに繋がったと。

ラブサマ:作品にする作業ってしんどいことではあるんですけど、頑張れば頑張るほど、自分がちょっとずつスキルアップしていくのがわかるんですよね。私、その過程が好きなんです。CDを出したいというのは常に思っているので、今回みたいに短い期間で出せるのはすごく嬉しいですね。

一度聴いただけで、「あの曲じゃん!」ってなりますよね(笑)。

―まずは4月に『LOVE♡でしょ?(Pro.by 無敵DEAD SNAKE)』が出ているわけですが、いきなりの問題作ですね(笑)。曲自体もジャケットも、相対性理論のオマージュのようですが……?

ラブリーサマーちゃん『LOVE♡でしょ?(Pro.by 無敵DEAD SNAKE)』ジャケット
ラブリーサマーちゃん『LOVE♡でしょ?(Pro.by 無敵DEAD SNAKE)』ジャケット

ラブサマ:前の大学にいたときに出入りしていたサークルで、無敵DEAD SNAKEさん(“LOVE♡でしょ?”のプロデューサー)に出会って、「歌ってほしい曲がある」って2曲持ってきてくれて。1曲はすでにSoundCloudにアップされてる“乙女の秘密”という曲で、もう1曲は私のために書き下ろしてくれたという“LOVE♡でしょ?”でした。

―初対面でいきなり書き下ろしてくれたんだ(笑)。

ラブサマ:そうなんです(笑)。“乙女の秘密”はすぐにアップされたんですけど、“LOVE♡でしょ?”は1年半くらいお蔵入り状態になってて。でも、いい曲だからこのまま人に聴かせないのは嫌だと思ってたところに、今回の連続リリースの話がきたので、「ここだ!」って。ジャケットのことはそのときに考えました。

―どうせやるなら、思いっきりオマージュにしちゃおうと。

ラブサマ:もともと無敵さんが、私の声を聴いて、相対性理論をオマージュして作った曲なんです。まあ、普通に一度聴いただけで、「あの曲じゃん!」ってなりますよね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

ラブリーサマーちゃん『LOVE♡でしょ?(Pro.by 無敵DEAD SNAKE)』
ラブリーサマーちゃん
『LOVE♡でしょ?(Pro.by 無敵DEAD SNAKE)』(CD)

2016年4月6日(水)発売
価格:324円(税込)
Bubbly Summer / BUB-1

1. LOVE♡でしょ?(Pro.by 無敵DEAD SNAKE)
2. また明日

ラブリーサマーちゃん『PART-TIME ROBOT』
ラブリーサマーちゃん
『PART-TIME ROBOT』(CD)

2016年5月18日(水)発売
価格:324円(税込)
Bubbly Summer / BUB-2

1. PART-TIME ROBOT
2. 長いため息のように

ラブリーサマーちゃん『青い瞬きの途中で』
ラブリーサマーちゃん
『青い瞬きの途中で』(CD)

2016年6月22日(水)発売
価格:324円(税込)
Bubbly Summer / BUB-3

1. 青い瞬きの途中で
2. Rock 'n' Roll Star

イベント情報

『ラブリーサマーソニック』

2016年8月20日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 渋谷 WWW
料金:3,300円(ドリンク別)

プロフィール

ラブリーサマーちゃん
ラブリーサマーちゃん

1995年生まれ 現役大学生20歳の女子。2013年の夏より自宅での音楽制作を開始し、インターネット上に音源を公開。SoundCloudやTwitterを中心に話題を呼んだ。2015年9月9日には自身の単独名義で初となるCD『ベッドルームの夢e.p.』、11月11日にアルバム『#ラブリーミュージック』を発売。2016年4月より3か月連続でシングルをリリース。8月には、4度目のワンマンライブとなる『ラブリーサマーソニック』を渋谷 WWWで開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談