特集 PR

PS4のゲームで日本のバンドを世界に発信 uchuu,×山岡晃対談

PS4のゲームで日本のバンドを世界に発信 uchuu,×山岡晃対談

uchuu,『+1』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:Zuhn Choi 編集:飯嶋藍子

センシティブさと強さを併せ持つソングライター・Kを中心に、エモーショナルなロックサウンドとエレクトロなダンスミュージックのコアが融合した繊細かつダイナミックな音世界を紡ぐ5人組バンド、uchuu,。大阪を拠点にファンを増やし続け、各種のライブイベントでも話題を集めるuchuu,が、初のフルアルバム『+1』を完成させた。そのなかでも注目したいのが、今年リリース予定のPlayStation®4用オンラインアクションゲーム『LET IT DIE』に収録される書き下ろし楽曲“LET IT DIE”だ。ゲーム音楽とは無縁のuchuu,が、なぜ『LET IT DIE』に起用されたのか? その楽曲に込めた想いとは何か? 『LET IT DIE』とのコラボレーションが新たなサウンドの転機になったというK、uchuu,の起用を熱望した『LET IT DIE』音楽プロデューサー・山岡晃に、互いのクリエイティブについて、たっぷりと語ってもらった。

今回やったのは、ゲームをプラットホームにして、日本の音楽を世界に広めるということです。(山岡)

―まずはなぜ、この二組がコラボレーションすることになったのか教えていただけますか?

山岡:僕は、グラスホッパー・マニファクチュアというゲーム制作会社にいて、今は主に音楽プロデューサーとしてゲーム作りに関わっているんですが、今作っている『LET IT DIE』は、ジャンルの垣根を超えた国内のアーティストの楽曲をゲームに起用したかった。そこでuchuu,のオフィシャルサイト宛てに、「ぜひ、参加していただきたい!」と直接メールを出したのが最初でした。

K:はい。本当に、突然ものすごくテンションの高いメールをいただいて。「!」マークがいっぱい並んだ(笑)。

左から:K、山岡晃
左から:K、山岡晃

山岡:「大好きなんです、uchuu,大好きなんです!」って。

K:スタッフもかなり驚いていました。かつてないハイテンションのメールが来たので。

山岡:ぶっちゃけ、4~5年くらい前までは、日本の音楽は全然かっこよくないと思っていたんですよ。でもある時、日本の音楽にセンシティブな何かを感じて、ネットやCDを聴き漁っていたら、uchuu,に出会ったんです。「なんじゃ、このサウンドは! なんてかっこいいんだ!」とファンになり、「!」メール事件に繋がった(笑)。

K:僕らとしては、『LET IT DIE』のお話をいただいてすごく嬉しかったです。僕もゲームだったりアニメーションだったり、音楽以外のエンターテイメントもすごく好きなので。

―uchuu,は、GROUNDRIDDIM、VJ chaosgrooveといった映像畑の方ともコラボレーションしていますよね。

K:そうですね。異ジャンルの人と一緒に世界を作りたいと思っているので、もう願ったり叶ったりで、「そう言っていただけるのなら、是が非でも!」とお返事したんです。ワクワク感がありましたね、お誘い自体に。

K

―お互いのクリエイターとしての初期衝動で、このコラボが実現したと。でも日本のバンドの書き下ろし曲を100曲以上収録するゲームなんて、今まで聞いたことがないですね。

山岡:でしょうね!(笑) もともと僕はコナミの『ビートマニア』シリーズの楽曲や、ホラーゲーム『サイレントヒル』シリーズの音楽制作やプロデュースをしていたんですけど、当時からずっと言い続けてきたことが、「ゲームの音楽を変えたい!」なんです。そのひとつとして、今回やったのが、ゲームをプラットホームにして、日本の音楽を世界に広めることでした。

K:なるほど。すごいスケールの大きい……。

山岡:ありがたいことに、『サイレントヒル』や、グラスホッパーで手掛けているゲームは、海外でも非常に受け入れられていて人気がある。僕のFacebookにコメントをくれるのも、ほぼ外国人ですからね。

―すでに世界的な広がりがあると。

山岡:そうです。であれば、僕の関わるゲームそのものを、色々な音楽を世界で知ってもらうプラットホームにできるなと。特に今回の『LET IT DIE』はオンラインゲームなので、PS4があれば誰でも音楽が聴けるわけです。僕が大好きな日本のバンドを世界に広めるいいチャンスだと思い、独断と偏見で参加いただくアーティストを選ばせてもらいました。

Page 1
次へ

リリース情報

uchuu,『+1』
uchuu,
『+1』(CD)

2016年6月22日(水)発売
価格:2,300円(税込)
PECF-3165

1. TAKE ONE
2. overflow
3. Yes or No
4. Fireworks-#000000-
5. SI(G)N SEKAI
6. NANIKA TALINAIYO
7. Today...
8. LET IT DIE
9. Sing for You
10. 夜間飛行
11. Yellow

製品情報

『LET IT DIE』

2016年発売予定
対応機種:PlayStation®4
発売元:ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
開発元:株式会社グラスホッパー・マニファクチュア

プロフィール

uchuu,
uchuu,(うちゅう)

大阪を拠点に活動する5人組ロックバンド。ダイナミズム&エモーションを備えたロックミュージックをベースに、ダンスミュージックの本質を解き、身体揺さぶるグルーヴ感溢れるサウンドで注目を集める。『Weltraum;Gate』『HAPPY』『HELLO,HELLO,HELLO』と3枚のミニアルバムをリリースし、2015年12月に初の自主企画『Weltraum;Gate-vol.1-』を開催。同日から初のデジタルシングル『overflow』、2016年2月に『Yellow』、4月に『SI(G)N SEKAI』とデジタルシングル3部作を発表。この3曲を含む、レコーディングからMIXまでをメンバーが手掛けた1stオリジナルアルバム『+1』を6月22日にリリースする。

山岡晃(やまおか あきら)

新潟県直江津市出身。グラスホッパー・マニファクチュア所属。ゲームミュージックを始めとする作曲家、音響監督、ゲームデザイナーで、ホラーゲーム『サイレントヒル』シリーズ(コナミ)の音楽制作を担当。DIR EN GREYのリミックスなども手掛ける。今年リリース予定のPlayStation®4用新作ゲーム『LET IT DIE』で日本のミュージシャンを100組以上起用。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー