特集 PR

秋葉原を背負うでんぱ組.incが語る、街とアイドルの幸福な関係

秋葉原を背負うでんぱ組.incが語る、街とアイドルの幸福な関係

『横浜音祭り2016』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:西田香織 編集:野村由芽

横浜の街を舞台に約300もの音楽イベントが繰り広げられる『横浜音祭り2016』が、9月22日から11月26日まで2か月にわたり開催される。今年のテーマは「スーパーユニバーサル」。音楽ジャンルのみならず、世代、国籍、ジェンダー、障害の有無、そして全国区で活躍するプロから地元のアマチュアまで、さまざまなミュージシャンが奏でる音楽で横浜の街が彩られる。

今回は10月31日に横浜開港記念館で『DEARSTAGE presnts 横浜音祭り2016 でんでんハロウィン』に出演するでんぱ組.incから、古川未鈴と相沢梨紗の二人にインタビュー。「萌えきゅんソングを世界にお届け」をキャッチコピーに、秋葉原出身のアイドルグループとして国内外で活躍する彼女たちは、まさにスーパーユニバーサル。『東アジア文化都市2014横浜』で広報親善大使を務めたことをはじめとして、横浜との関わりも深い彼女たちに、『横浜音祭り2016』への意気込みや、街とアイドルの関係性について語ってもらった。

でんぱ組.incはアニメの『プリキュア』がライバルだと勝手に思っていて。二次元と三次元の境界線を越えたいんです。(相沢)

―でんぱ組.incは秋葉原で誕生したグループですが、横浜との縁が深いですよね。でんぱ組.incにとって、横浜はどういう街ですか?

古川:本当に第二の故郷感があるんです。横浜は街でのイベントがたくさんあるイメージで、昔から行かせていただく機会が多かったんですけど、そういうことがないとでんぱ組.incはあんまりお外に出ないタイプのメンバーが多いので(笑)、横浜のおかげで街のイベントのよさがわかったなと思っています。

相沢:『東アジア文化都市2014横浜』の広報親善大使のときは、特に深く関わらせていただいて、横浜市を背負って、そして日本を代表して、海外にも行かせていただけたことに感動しました。でんぱ組.incは秋葉原出身なんですけど、でんぱ組.incのポップカルチャーやオタクな部分を含め、横浜は外の文化を受け入れて、もっともっと盛り上げようとしてくれるので、すごくやさしい街だなと思っています。

左から:相沢梨紗、古川未鈴
左から:相沢梨紗、古川未鈴

―今年の『横浜音祭り』では、10月31日の『DEARSTAGE presents でんでんハロウィンナイト』にご出演されますが、どんな内容になるのでしょう?

古川:ハロウィンは(相沢)梨紗ちゃん大好きだもんね。

相沢:でんぱ組.incは秋葉原ディアステージというお店に所属しているんですけど、以前ディアステージで横浜に出張カフェを作ったことがあって。そこで私が好きなアーティストさんに来ていただいて、ハロウィンパーティーを1週間やったことがあるんです。それが今回は開港記念会館という大きな場所で、規模を拡大してやる予定なので、本当に楽しみなんです。 前回はディアステージの一部の女の子たちしか参加できなかったんですけど、今回はもっと広い範囲で女の子に協力してもらって、各フロアをそれぞれにプロデュースしてもらう予定なので、間違いなく素敵なハロウィンになると思います。

相沢梨紗

―今回の横浜音祭りは「スーパーユニバーサル」がテーマになっていますが、でんぱ組.incとして越えたい垣根はありますか?

古川:『横浜開港記念みなと祭』の『ザ よこはまパレード』に参加したときは、小さな子どもやお年を召された方も見に来てくれた気がしていて。アイドルのイベントは男の子が多いイメージを持たれると思うんですけど、せっかく「スーパーユニバーサル」をテーマに掲げているので、たとえば親子とか、年齢や性別の垣根を越えて、たくさんの方々が見に来てくれたらいいなと思います。

相沢:でんぱ組.incはアニメの『プリキュア』がライバルだと勝手に思っているんですけど、二次元と三次元の境界線を越えたいんです。それと、海外でライブをしたときに「でんぱ組.incは小さな秋葉原みたいだった」と言ってもらえたことがあって、言葉は通じなくても何かを感じてもらえたと思うんですね。たとえば普段はクラシックしか聴かないよっていう方にも、秋葉原のアイドルやアニメっぽさ、漫画っぽさみたいなところが少しでも伝わるといいなと思っています。

Page 1
次へ

イベント情報

『横浜音祭り2016』

2016年9月22日(木・祝)~11月27日(日)
会場:神奈川県 横浜市内全域

『DEARSTAGE presents でんでんハロウィンナイト』

2016年10月31日(月)
会場:神奈川県 横浜市内
出演:
でんぱ組.inc
ワークショップの参加者

プロフィール

でんぱ組.inc
でんぱ組.inc(でんぱぐみいんく)

古川未鈴、相沢梨紗、夢眠ねむ、成瀬瑛美、最上もが、藤咲彩音の6人組ユニット。メンバーはもともと、アニメ・漫画・ゲームなど、自分の趣味に特化したコアなオタクでもある。シングル『W.W.D / 冬へと走りだすお!』が、マイナスからのスタートなめんな!というキャッチフレーズで話題になり日本武道館で1万人動員。国立競技場代々木第一体育館2days単独公演を大成功させた。2014年度は東アジア文化都市2014横浜親善大使を務め、2015年度は「Dance Dance Dance@YOKOHAMA 2015」にも出演。2015年はワールドツアーも敢行。MTV「ワールド・ワイド・アクト賞」の日本部門「ベスト・ジャパン・アクト」のウィナーに。2016年4月27日には待望のNEWアルバム『GOGO DEMPA』をリリース。いま大注目のアイドルグループ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 1

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  2. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 2

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  3. 森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役 3

    森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役

  4. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 4

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  5. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 5

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  6. 峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報 6

    峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報

  7. 香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表 7

    香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表

  8. 1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播 8

    1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播

  9. ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る 9

    ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る

  10. のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も 10

    のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も