特集 PR

アニソン四天王・ささきいさおのこれまで。比類なき55年を語る

アニソン四天王・ささきいさおのこれまで。比類なき55年を語る

ささきいさお『MOMENT ~今の向こうの今を~』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:岩本良介 編集:矢島由佳子、山元翔一

歌手生活55周年を昨年迎えたささきいさお。今も水木一郎、堀江美都子、大杉久美子とともに「アニソン四天王」と呼ばれるレジェンドのひとりとして、幅広い年齢層のファンを魅了し続けている。『宇宙戦艦ヤマト』を筆頭に、『銀河鉄道999』『科学忍者隊ガッチャマン』『秘密戦隊ゴレンジャー』など、挙げきれないほどの名作アニメ、特撮ドラマの主題歌や挿入歌で甘い声とスタイリッシュなボーカルを聴かせるささきいさおの歌手人生は、アニメソングに出会って激変したという。

音楽にはさほど知識も欲もなかった彼が、日本一の歌唱力を持つシンガーと呼ばれ、唯一無二の存在になったのには、どのような想いがあったのか。55周年記念のベストアルバム『MOMENT ~今の向こうの今を~』をリリースした彼の様々な楽曲エピソードとともに、ささきいさおの歴史をあらためて振り返ってもらった。

僕はエルヴィスが好きで、憧れて歌手になっちゃっただけなので、そもそも知識もないし、それほど音楽が好きでもなかったんですよ(苦笑)。

―ささきさんの歌手生活は、昨年55周年迎えました。流行廃りの激しい音楽業界で、半世紀を超えて第一線で活躍されていらっしゃったこと自体、すごいことですね。

ささき:いやいや、すごくはないです。他に何もできないから、しがみついているだけです。

―しかも、俳優としても映画やNHKの大河ドラマなど、多数のテレビドラマにも出演。洋画の吹き替えやアニメ声優としても代表作が多数あり、まさにマルチタレントの先駆けです。そもそも、ささきさんが歌手デビューされたのは1960年。当時はまだ高校生だったそうですね。

ささき:そうですね。突然、勉強が好きじゃなくなっちゃってね。たまたまエルヴィス(・プレスリー)の歌を、のど自慢番組で歌ったら鐘がカンカン鳴っちゃって。演歌や歌謡曲じゃなく、ロックを歌う若者というのがインパクトあったんでしょうね。僕自身も、好きなことをやって食っていけたらいいなと思っちゃったんですよ。

ささきいさお
ささきいさお

―それがレコード会社の目に留まり、「和製プレスリー」として歌手デビューを果たされたわけですね。

ささき:親も親戚も芸能界の恐ろしさなんて知りもしないから、よってたかって、やれと言うわけですよ。僕が親だったら、絶対に反対するけどね。ところが、すぐにぽんぽん売れて、通っていた学校にバレちゃって。

進学校だったので他の生徒に悪影響が出ると言われて、2年で辞めちゃいました。でもねぇ、弾みでなっちゃった歌手だから、当時の歌は……ひどいもんでしたよ。格好は良かったのかもしれないけど、レコーディングも一苦労でしたよね。

―『ウルトラセブン』(1967年放映開始)に始まるウルトラシリーズの作曲家として有名な冬木透(別名:蒔田尚昊)さんをして、「日本で一番うまい歌手」と言わしめたささきさんが。

ささき:そのあたりの変遷が、今回出させてもらった『MOMENT ~今の向こうの今を~』というのに、全部入れられちゃいましてね(笑)。

ささきいさお『MOMENT ~今の向こうの今を~』ジャケット
ささきいさお『MOMENT ~今の向こうの今を~』ジャケット(Amazonで見る

―55周年記念アルバムですね。ボーナストラックとして、デビュー曲の“本命はお前だ”やエルヴィスの名曲“G.I.ブルース”も収録されています。

ささき:そうなんですよ。もう音程もないくらいで、僕としては、恥ずかしくてしょうがないんです。結局、僕はエルヴィスが好きで、憧れて歌手になっちゃっただけなので、そもそも知識もないし、それほど音楽が好きでもなかったんですよ(苦笑)。

―でもそこから、歌に意欲的になられたのは、どういうキッカケだったのですか?

ささき:いわゆるロカビリーで一度どーんと売れて、そこから数年で売れない時代が来て……新劇に出たりミュージカルに出ていた時代があったんですよ。そのとき、ミュージカルの作曲家の島田敬穂さんが、「君はちゃんと発声の基礎からやったほうがいい。教えてあげるからいらっしゃい」とおっしゃってくれたんです。

それが20代後半か30代前半くらい。後から聞くと、声というのは30代くらいでちゃんと固まるらしいんです。ちょうどいいときに、いい先生との出会いがありました。そこで歌手としての基本を身につけて……次に出会ったのが、アニメだったんです。

Page 1
次へ

リリース情報

ささきいさお『MOMENT ~今の向こうの今を~』
ささきいさお
『MOMENT ~今の向こうの今を~』(CD)

2016年9月28日(水)発売
価格:3,024円(税込)
COCX-39706

1. 宇宙戦艦ヤマト
2. 真赤なスカーフ
3. 銀河鉄道999
4. 青い地球
5. たたかえ!キャシャーン
6. レクィエム
7. 進め!ゴレンジャー
8. よみがえれ飛雄馬
9. われらガッチャマン
10. 君の青春は輝いているか
11. ウルトラマン賛歌
12. 風の会話
13. 悠久浪漫
14. ミッドナイトデカレンジャー 10 YEARS AFTER
15. 今の向こうの今を
16. 始まりは何度でも
17. 愛と呼びたい花がある
18. 雪の慕情
19. G.I.ブルース
20. 本命はお前だ

プロフィール

ささきいさお
ささきいさお

1960年、『和製プレスリー』のキャッチフレーズでコロムビアレコードよりロック歌手としてデビュー。松竹映画専属俳優として『太陽の墓場』(大島渚監督作品)等に出演。その後、新劇や商業演劇(ミュージカル・シェイクスピア劇など)に参加しながら、基礎から勉強しなおす。『宇宙戦艦ヤマト』主題歌のヒットにより再び脚光を浴び、歌手、役者、声優、パーソナリティー、司会者、レポーター…として、テレビ、ラジオ、舞台、ディナーショー、講演、各種イベント…等で幅広く活躍している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“にゃー feat.矢野顕子”

猫の気ままな散歩の様子を描いたラップが、ほぼタブラのみで作られた5.5拍子のトラックに乗せられる、ほぼ猫のPV。坂本美雨の愛猫「サバ美」をはじめ、いろいろな猫が出演している。ボーカリストとして参加している矢野顕子が歌う<にゃーにゃー>という歌詞が印象的。