特集 PR

情報に疲れた僕らの過ち 「炎上」や「やりがい搾取」の要因とは

情報に疲れた僕らの過ち 「炎上」や「やりがい搾取」の要因とは

堀内進之介『感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:豊島望 編集:山元翔一

ネットには、感情に訴えかける言説があふれている。その理由は明らかだ。そのほうがわかりやすく、共感されやすいからである。SNSの普及がその傾向に拍車をかけた。多くの人は感情を共有することを軸に周囲とつながり、話題を消費している。

その一方で、ネットでは絶えず「炎上」が繰り返される。一つの発言や行動をきっかけに、多数の人が集まり批判や攻撃が行われる。さまざまな騒動が巻き起こり、しばらく経つと過去に追いやられていく。そういう光景が日常になって久しい。この状況は何を象徴しているのか? 果たして我々は、知らず知らずのうちに何に動かされているのか?

政治社会学者の堀内進之介は、ここ最近、労働、消費、政治など日常生活のさまざまな場面において、理性よりも感情に訴える主張が注目を集めるようになったと言う。人々はそれぞれが自分の意見だと信じる感情に沿って動き、実際には搾取されることすら起こっていると指摘する。巧妙に人々を動員するその仕組みを、著書『感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか』で論考している。果たして我々は今どういう社会を生きているのか。その考察を語ってもらった。

理性的なメッセージでは人々は動かないんです。理性じゃなくて、共感のような感情に訴えるメッセージが人々を動かす大きな力になっている。

―まず、なぜ「感情に理性が負け続ける」というテーマで一冊の本を書こうと思ったのでしょうか?

堀内:今の時代、理詰めで説明をしても、なかなか上手くいかないんですよ。人々にとっての動機づけにならない。そういうことが至るところで起きているんです。たとえば政治の分野では、どうやっても選挙の投票率が上がらない。投票率が低下するとどういうネガティブなことがあるかについては、学者もジャーナリストもさんざん説明しているんです。しかし、関心は上がらない。

大学生にしても「今こういうステップを踏まないと将来大変なことになるよ」というようなアドバイスをさんざん言っても、そもそも就職活動をしない人もたくさんいる。そういうことって、以前はそもそも説明が伝わっていない、もしくは説明が理解されないと思われていた。ちゃんと伝えればわかると思われていたんです。

堀内進之介
堀内進之介

―メリットとデメリットを説明すれば、メリットのある方を選ぶ、と。

堀内:そう。でもそれは違っていた。実際、説明は伝わっているし、みんなわかっているんです。でもやらない。

―なぜでしょう?

堀内:それでは動機にならないんです。社会科学全般では「啓蒙」という言葉を使うんですけれど、啓蒙、つまり説明してわかってもらうだけではダメなんです。人々を動かすのは理性的なメッセージじゃないということなんですね。そこで感情というものに注目が集まっている。理性じゃなくて、直感的にわかる、共感する。そういう感情に訴えるメッセージが人々を動かす大きな力になっている。

―本のなかでも書かれていますが、広告やマーケティングの分野では、特に感情に訴えかけることが巧みに行われていますね。

『感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか』表紙
『感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか』表紙(Amazonで見る

堀内:今はそういうことばかりですね。「心を動かす」とか「心に刺さる」とか、感情を動員するということが、一つの解法になってしまっている。その機能がどれだけ優れているのかを説明してわかってもらうのではなく、「みんなが『いいよ』と言っている」とか、共感に訴えかけるようになっている。しかしこれは危ない傾向でもあるんです。

そもそも感情的な判断はバイアスの塊。

―どう危ないのでしょうか。

堀内:感情的に「いい」と思って判断するということは、「よく吟味しない」ということでもある。自分が好きだと思うものに共感する、コミットするというのは、そう強く思えば思うほど、反省的になって考えることがだんだんできなくなる。それによって起こっている問題はたくさんあると思いますね。

―この本では労働や政治についても語られています。そういった分野で感情によって人々を動員することの功罪はどういうところにありますか。

堀内:労働の分野においては「やりがい搾取」と言われることがありますね。若い人たちはお給料だけでなく、楽しかったり達成感があったり、仕事にポジティブになれることを求めている。でも同時に、そのことをずいぶん昔から資本家は知っている。その感情を用いて、どうやって安い給料で働かせるかを考えている。だから、なかには燃え尽きちゃう人もいる。楽しいかもしれないし、達成感があるかもしれないけれど、それと何が引き換えになっているかを吟味する必要がある。

政治の分野では、今の時代、アメリカなどいろんな国が右傾化していますよね。深くつながっている人たち、共感しあっている以外の人たちに対してとても冷たい態度をとる。それがヘイトクライムにつながっていたりする。

堀内進之介

―右傾化や排外的な傾向は世界的に起こっています。そこにも理性と感情の相剋が作用している。

堀内:僕はそう思っていますね。もともと、どの先進国もリベラルな方向性を持っていると思います。リベラルというのは本来、反省的で、きちんと吟味する体質を持ち、差異に開かれているということだった。でも、今の時代は、共感することの方がすごく大事になっている。

たとえば犯罪被害についてもそうです。被害者の気持ちに寄り添う人が多いから「もっと厳罰にすべきじゃないか」という議論が生まれる。そもそもは両方に人権があるはずなんだけれど、被害者感情の方が優先されやすい。それは、私たちは被害者には共感しやすいけれど加害者には共感しにくいからなんですね。

―感情というものが、それぞれの人の判断にバイアスをかけているわけですね。

堀内:そもそも感情的な判断はバイアスの塊ですからね。理性的に判断しなきゃいけない場面でも、それが上手く機能しなくなっている。

Page 1
次へ

書籍情報

『感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか』
『感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか』

2016年7月発売
著者:堀内進之介
価格:821円(税込)
発行:集英社

プロフィール

堀内 進之介(ほりうち しんのすけ)

1977年生まれ。政治社会学者。現代位相研究所・首席研究員。青山学院大学大学院非常勤講師。朝日カルチャーセンター講師。専門は、政治社会学・批判的社会理論。単著に『知と情意の政治学』、共著に『人生を危険にさらせ!』、『悪という希望―「生そのもの」のための政治社会学』など多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで