特集 PR

向井太一という名の新星現る その歌声は、一体どこまで届くのか

向井太一という名の新星現る その歌声は、一体どこまで届くのか

向井太一『SLOW DOWN』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:豊島望 編集:山元翔一、柏井万作

反抗はしないが、隷属することもない。ただ、自由であろうとするための音楽――向井太一が鳴らす音楽は、そんなふうに聴こえる。弱冠24歳のシンガーソングライター。メロウなエレクトロニックR&Bサウンドの、その音像から溢れ出す彼のエモーションは、この世界に対してか弱く、しかし同時に何より誇り高き「個」としての切実な痛みと祈りを叫んでいる。ここに宇多田ヒカルの影を見る人がいるかもしれないし、KOHHやフランク・オーシャンのような存在との共振を見ることもできる。でもきっと彼は、彼自身であるために歌っている。

11月にリリースされる初の全国流通盤となる2nd EP『24』に先駆け、10月26日に先行シングル『SLOW DOWN』がTOWER RECORDS限定でリリースされる。表題曲“SLOW DOWN”は、希望とメランコリーの狭間で静かな野心をたぎらせるような、「今」を象徴しながらも時代の荒波を乗り越える歩調を持った1曲。この淡々とした足取りと確かな眼差しが行き着く先には何があるのか? そんなことを考えさせる新たな逸材の登場だ。

「ボーダーを外す役割を担う」っていうのが、今の僕の一番の理想なんです。

―向井さんは、Instagramに1万人以上のフォロワーがいるファッションモデルでもあるんですよね。そんな人が、最先端のR&Bやクラブミュージックを消化したトラックのうえで、これほどソウルフルな歌を、しかも日本語で響かせているのか! と思って、とても驚いたし感動しました。

向井:ありがとうございます。「ビジュアルと音楽性にギャップがある」とはよく言われるんですけど(笑)、それはむしろ、自分のアーティストとしての強みかなって思っていて。たとえば、あまり音楽を聴いてこなかった人たちにも、僕のInstagram経由で、こういう新しい音楽も知ってもらえたらいいなと思うし。「ボーダーを外す役割を担う」っていうのが、今の僕の一番の理想なんです。

向井太一
向井太一

―それは、向井さんの活動のなかで一貫してある理想ですか?

向井:そうですね。音楽でもそうなんですけど、「新しいものを作りたい」っていう意識があって。いいものはいいし、カッコイイものはカッコイイっていう柔軟な発想から音楽を産み出したいなって思うんです。 2nd EP(11月にリリースされる『24』)ではyahyelと一緒に曲を作ったんですけど、今言ったことって、彼らのような同世代の人たちにも共通する意識なのかなって思いますね。yahyelも、ジャンルに対してボーダーがないですよね。そのうえで、どんどんとメインストリームに浮上しているけど、その動きは決して商業主義的なものではなくて、あくまでも自分たちのやりたいことをやっているっていう感じがするし。

向井太一

―EPに先駆けてリリースされるシングル『SLOW DOWN』のタイトルトラックのPVは、yahyelでVJをされているdutch_tokyoさんが監督されていますよね。やはり同世代意識は、向井さんのなかでは強いですか?

向井:そうですね。同世代の人たちと音楽シーンを作っていくのは、やりがいがある、クリエイティブなことだと思うんです。でも、それだけじゃなくても、MIYA TERRACEのレーベルメイトであるstarRoさんみたいに、今、インディーズシーンを盛り上げていっている人たちと一緒に制作できているのも、自分のなかで大きいですね。

今回のシングルやEPに関しては、普段はあまり音楽を聴いていない人たちはもちろん、若手クリエイターと一緒に制作することで、ちゃんと音楽的感度の高い人たちへもアプローチできるように意識していて。だからこそ、そうした人たちのアンテナに引っかかるように、最近はSoundCloudに頻繁に曲をアップしたりもしているんです。

向井太一

自分のルーツの通りにしかやろうとしないのは、今の時代は違うような気がして。「これじゃなきゃいけない」っていう感覚は、あまりない方がいい。

―EPのリリースパーティーには板橋兄弟(PUNPEEと原島"ど真ん中"宙芳のユニット)やKANDYTOWNの呂布さんのようなヒップホップ畑の人たちも参加するし、向井さんの存在自体が多様なジャンルやシーンを繋いでいく可能性を感じさせるんですけど、向井さんご自身の音楽的な基軸って、どこにあるんですか?

向井:僕自身、自分のことはあんまりジャンルで括っていないんです。むしろ、自分がそのとき聴いている音楽のテイストとか、時代の変化とか、そういうものに柔軟に対応していきたいと思っている。なので、FKA twigsみたいな、ちょっと前から自分が惹かれているオルタナティブなクラブミュージックの方向性は今後もやっていくと思うけど、この間、アンダーソン・パックやBJ The Chicago Kidのライブを観たりして、やっぱり生音も好きだなぁって思ったから、今後はそっちの方向にも行くと思うし。本当にボーダーがないんですよね(笑)。

―なるほど(笑)。

向井:でも、その感覚って必要なものでもあると思うんですよ。音楽ってゼロから作るものだから、「これじゃなきゃいけない」っていう感覚は、あまりない方がいいかなって思うんです。僕は小さい頃から家でブラックミュージックが流れていたし、ソロ活動を始める前はジャズやファンクをベースにしたバンドをやっていたこともあったんですけど、ブラックミュージックのルーツがある人は、そこに縛られがちになってしまうんですよね。でも、自分のルーツの通りにしかやろうとしないのは、今の時代は違うような気がして。

向井太一

―その感覚はわかります。たとえば今年、フランク・オーシャンが新作『Blonde』をリリースしたとき、The BeatlesからKOHHまで、様々な時代の、様々なジャンルの人たちの名前が並んだコントリビューターリストが公開されました。ああやって、あらゆる歴史性や同時代性を踏まえたうえで鳴らされる新しい音楽が、「今」のポップミュージックなんですよね。

向井:歴史やルーツってとても大事なものだと思うんですけど、古いものでも新しいものでも、自分が発信することによって、「今」のものになると思うんですよね。その点でも、ボーダーを外していければいいなって思うし、そこで、もっと自分の可能性を広げたかったからこそ、ソロになったっていうのもあるんです。

―本当に、自由にあらゆるボーダーを飛び越えていくことが、「向井太一」というアーティストの芯なんですね。

向井:そうですね。ただ、大前提で「歌モノ」でありたいっていうのはあります。それはどんな歌詞を歌っていてもそう思いまね。僕は、「シンガーソングライター」である前に「シンガー」でありたい。

Page 1
次へ

リリース情報

向井太一『SLOW DOWN』
向井太一
『SLOW DOWN』(CD)

2016年10月26日(水)タワーレコード限定発売
価格:756円(税込)
Eggs-010

1. SLOW DOWN
2. THINKING ABOUT YOU
3. 24 Continuous Mix

向井太一『24』
向井太一
『24』(CD)

2016年11月16日(水)発売
価格:1,620円(税込)
PPTF-8099

1. SPEECHLESS
2. STAY GOLD
3. SALT
4. SIN
5. KONOMAMA
6. SLOW DOWN
7. 24

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume90』

2016年10月27日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
向井太一
1983
Nulbarich
ドミコ
Sentimental boys
料金:無料(2ドリンク別)

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume91』

2016年11月24日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
WONK
and more
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

向井太一
向井太一(むかい たいち)

1992年3月13日福岡生まれのシンガーソングライター。2016年6月3月初のEP『POOL』をリリースし、発売日に即完売。2016年4月アクティブで自由な制作活動を行うべくSoundCloudを中心としたインターネットに表現したい音楽を継続的にアップ。そのオントレンドで自己発信型な音楽活動が目に止まり、TOY'S FACTORY / MIYA TERRACEとマネジメント契約。ハイブリッドなアーティストとして、更なるステータスを目指す為、アグレッシブに活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に