特集 PR

METAFIVEの新作が早くも到着。その奔放な表現手法を語る

METAFIVEの新作が早くも到着。その奔放な表現手法を語る

METAFIVE『METAHALF』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:宮原朋之

近年稀に見るほど濃厚なリリースラッシュが続く2016年の音楽シーンを振り返っても、「METAFIVEの1年だった」という人は決して少なくないだろう。待望されたデビューアルバム『META』を1月に発表し、『WORLD HAPINESS』をはじめとした夏フェス出演の合間には、ライブ作品『METALIVE』もリリース。

そして、アルバム発表から1年経たずして新作『METAHALF』を完成させ、11月30日からは初のワンマンツアー『WINTER LIVE 2016』が行われる。このツアーは2014年の1月に行われた『テクノリサイタル』からスタートした「METAFIVE期」の集大成とも言うべき、必見の内容となるはずだ。

今回の取材では、TOWA TEI、小山田圭吾、LEO今井の三人に、『META』を経て、より自由度を増したバンドの現在地について語ってもらった。METAFIVEは『WINTER LIVE 2016』をもって、一区切りを迎えることになりそうだが、来年はそれぞれのソロの新作が控えているという。まだまだ、楽しみは続きそうだ。

前はわりと最初に作った人が作り込む感じがあったのに対して、今回はもうちょっと密度が減った気がする。ある意味、人任せな感じ。(小山田)

―アルバムから1年以内にまた新作が聴けるとは思っていませんでした。

小山田(Gt,Cho):僕たちも最初は新作を作るつもりはなかったんです。ライブDVDが出ることになって、おまけで1~2曲作るつもりが曲を出し合ったら5曲になった。「じゃあ、ミニアルバムにしようか」という感じでした。

TEI(Syn,Noises,Programming):例えば、“Peach Pie”はもともと新曲を作ろうと思って作ったわけではないんです。「こういう曲があってもよくない?」ってLEOくんに聴かせたら、歌詞を作ってきた。さらにまりん(砂原良徳)が「この続きやっときますよ」って、「ゴールは俺が決めます」という感じで、できていきました。

METAFIVE
METAFIVE

―前作のアルバムの取材では「濃い作品になった」とおっしゃっていたので、今回はカロリー半分のイメージで作品を作ったのかと思っていました。

LEO(Vo,Syn,Gt,Programming):A面のみって感じですよね。だから通して聴けると思います。

TEI:前作は6曲目の“Anodyne”を聴いたら1回休憩して、「さあ、(7曲目の)“Disaster Baby”聴くぞ」って感じだったけど、今回はストンと最後まで聴ける。何ならもう一回頭からループしてもいいな、というようなね。

―「ハーフだから6曲にしよう」とはならなかったんですか?

LEO:それは思いました。でも5曲できあがった時点でボリューム感があったから、わざわざ作り足す必要ないな、と。

―『META』では「1人2曲」という分担と、まりんさんがおっしゃっていた「体が動くような感じ」がベースのコンセプトになっていましたが、『METAHALF』を作るにあたってそういうコンセプトはあったんですか?

TEI:今回はそういうのはなくて、それぞれが「こういうのMETAFIVEにいいんじゃない?」っていうのを持ち寄りました。今回はまりんがマネージャーから「リード曲を作れ」って言われていたらしくて、まりんは「十字架を背負っていた」と言ってました(笑)。それでまりんは“Musical Chairs”を作っていたから、他のメンバーが自由に“Egochin”をいい意味で無責任にやっているのがすごく羨ましかったって言ってましたね。

―誰かが元になる曲を作って、それに音を足していくという作り方は変わらずですか?

小山田:変わっていないけど、前は最初に作った人が作り込んでいたのに対して、今回は密度が減った気がする。ある意味、人任せな感じ。“Egochin”は特にそうだった。

TEI:“Egochin”は幸宏さん(高橋幸宏)とゴンちゃん(ゴンドウトモヒコ)が作っていて、途中から僕も作曲に加わりました。逆にさっきリード曲って言った“Musical Chairs”では、僕は何もやってないんです。逆にまりんは“Egochin”では何もやってないんですよ。

―必ずしもメンバー全員が関わらなくてもいい。それぐらい自由度が広がっていたんですね。

小山田:いろんな混じり具合があるのが面白いよね。今回LEOくん発信の曲はないけど、その代わり全曲の作詞作曲に絡んでたりする。

TEI:僕はCDジャケットのデザインだけでもいいですけどね。もしくは、みんなのメールに対して一番最初に「いいね」って返す役でもいいです(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

METAFIVE『METAHALF』
METAFIVE
『METAHALF』(CD)

2016年11月9日(水)発売
価格:1,944円(税込)
WPCL-12456

1. Musical Chairs
2. Chemical
3. Egochin
4. Peach Pie
5. Submarine

イベント情報

『METAFIVE “WINTER LIVE 2016”』

2016年11月30日(水)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO
料金:7,500円(ドリンク別)

2016年12月1日(木)
会場:大阪府 なんばhatch
VJ:YUGO NAKAMURA(tha)
料金:1階7,500円 2階指定席8,500円(共にドリンク別)

2016年12月3日(土)
会場:東京都 お台場 Zepp DiverCity
VJ:YUGO NAKAMURA(tha)
料金:1階7,500円 2階指定席8,500円(共にドリンク別)

2016年12月5日(月)、12月6日(火)
会場:北海道 札幌 ペニーレーン24
VJ:YUGO NAKAMURA(tha)
料金:7,500円(ドリンク別)

プロフィール

METAFIVE
METAFIVE(めたふぁいぶ)

高橋幸宏×小山田圭吾×砂原良徳×TOWA TEI×ゴンドウトモヒコ×LEO今井。それぞれが日本の音楽シーンに特別で、独特な存在を築いてきたレジェンドの集合体である、まさに夢のバンド。2014年1月に六本木EX THEATERのオープニング企画として行われた、「高橋幸宏&METAFIVE」としての一夜限りのスーパー企画として結成され、その後不定期に活動を続行。同年の『TAICOCLUB'14』『WORLD HAPPINESS 2014』『SPACE SHOWER TV 開局25周年×攻殻機動隊25周年×日本科学未来館』、2015年の『WORLD HAPPINESS 2015』『OTODAMA'15~音泉魂~』に出演。圧倒的な存在感を示し、大きな賞賛を得る。2016年1月にオリジナルアルバム『META』をリリース。アルバム発売直後に行われたEXシアター六本木でのライヴを全曲完全映像化した作品『METALIVE』を8月にリリース。11月9日にはオリジナル曲5曲を収録したミニ・アルバム『METAHALF』を発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年