特集 PR

衝撃的な災害や事件を前に、音楽は?world's end girlfriendに訊く

衝撃的な災害や事件を前に、音楽は?world's end girlfriendに訊く

world's end girlfriend『LAST WALTZ』
インタビュー・テキスト
金子厚武
編集:柏井万作

圧倒的なリアルを前に、芸術表現は何ができるのか? 国内ではまたしても大規模な自然災害が起こり、海の向こうのアメリカでは大統領選挙に付随して、ミュージシャンが政治的な言動を繰り返した2016年は、改めてそんな問いを突き付けられた年だったように思う。

そして、world's end girlfriendの実に6年ぶりとなるフルアルバム『LAST WALTZ』はその命題に真正面から向き合った傑作だ。直接的なメッセージを掲げるわけではなく、あくまで聴き手の想像力を喚起する形で、圧倒的な音の世界を作り上げている。

アルバムのテーマはずばり「world's end girlfriend」。アートワークからミュージックビデオに至るまで、すべてが超然とした美しさに満ち、本人も「今回は100%自分自身」と胸を張る。ぜひ、芸術表現の力強さを隅々まで味わい尽くしてほしい。

(震災のときに)津波が街を飲み込む映像が散々流れたじゃないですか? 破壊衝動ではなく、あの津波そのものがWEGのイメージにすごく近いんです。

―『LAST WALTZ』はフルアルバムとしては6年ぶりの作品になります。前作のリリース時から自身のレーベルVirgin Babylon Recordsがスタートし、様々な形態で作品を発表してきたわけですが、WEGさんはこの「6年」という期間をどのように捉えていますか?

WEG:曲はずっと作っていたんですけど、アルバムとしての形がなかなか見えなくて、時間がかかったっていう感覚はあります。ただ、やっぱり長編には長編の意味があるというか、フルアルバムじゃないと掘れない深さが、辿り着けない領域があるなっていうのは、今回のアルバムを作っていて改めて思いましたね。

world's end girlfriend
world's end girlfriend

―実際、アルバムとしての形はいつ頃見えてきたのでしょうか?

WEG:1年半くらい前かな? その時点で曲は8割くらいできてて、「こういうアルバムになりそうだな」と見えてきて、そこからまた何曲かは作ったんですけど、ホントはもうちょっと早く、春くらいには出そうと思ってたんです。ただ、なんやかんやで少しずつずれていって、そうしたら(Virgin Babylonに所属する)Have a Nice Day!が「新作を11月に出したい」って言うから、そっちの制作手伝ってさらにずれていったっていう(笑)。

―そんな変遷もありつつ、遂に『LAST WALTZ』が完成したわけですが、今回のテーマはずばり「world's end girlfriend」だということで、これにはどのような意味合いがあるのでしょうか?

WEG:アルバム全貌が見えてきたとき、その世界観が1周したのか2001年くらいにやってた感じというか、当時自分がイメージしていた根源のWEG像にすごく近いなって思ったんです。ただ、俺が思うWEGのイメージって、たぶんリスナーが思ってるようなロマンチックな感じとか、センチメンタルな部分って、ほとんどなくて。

―とすると、どのようなイメージなのでしょうか?

WEG:自分にとって東日本大震災がやっぱりすごく大きくて、津波が街を飲み込む映像が散々流れたじゃない? 破壊衝動ではなく、あの津波そのものがWEGのイメージにすごく近い。人間的な喜怒哀楽とか、善悪とかを超えたもので、海は命を与えるものでもあり、奪うこともある、「自然」の圧倒的現象。

不謹慎ではないと思うけど、少し躊躇もあるけど、あくまで自然現象として見たときに、感動すら覚えるような、あれが自分にとってのWEGのイメージなんですよね。津波=破壊ということではなくて、あくまで津波や海そのものの在り方が、自分の表現したいものと近いなって。

world's end girlfriend
world's end girlfriend

―そもそも最初に「world's end girlfriend」という名前を付けたときは、何かイメージのようなものはあったのでしょうか?

WEG:いや、最初からはっきりと意識してたわけではなくて、自分が表現したい音楽にハマる言葉を探していて、「world's end girlfriend」を思いついたときに、「これが正解だ」ってすぐにわかったんです。ただ、その意味合いを言語化することはできなかったんですけど。

world's end girlfriend初期の名曲

―3.11を経験したことによって、当時漠然と思い描いていたWEGのイメージをより具現化できるようになったということでしょうか?

WEG:単純に、デビューからは15年くらい経っているので、作曲家としても、人間としても成長して、より深いところまで表現できるようになったとは思います。『Ending Story』(2000年にリリースされた1stアルバム)に収録されていたタイトル曲を作ったときに、WEGの世界観が固まってきて、次の『farewell kingdom』(2001年)はまだまだ色々未熟だったけど、その分わかりやすかったとは思う。あの時期からやりたかった世界観の根っこに、今回やっと直接触れることができるところまで来たんじゃないかな。

Page 1
次へ

リリース情報

world's end girlfriend『LAST WALTZ』
world's end girlfriend
『LAST WALTZ』(CD)

2016年11月26日(土)発売
価格:2,484円(税込)
Virgin Babylon Records / VBR-039

1. LAST WALTZ
2. Plein Soleil
3. Angel Ache
4. Flowers of Romance
5. Void
6. Crystal Chrysalis
7. in Silence / in Siren
8. Radioactive Spell Wave
9. Girl
10. LAST BLINK

プロフィール

world's end girlfriend
world's end girlfriend(わーるず えんど がーるふれんど)

1975年11月1日かつて多くの隠れキリシタン達が潜伏した長崎県の「五島列島」に生まれ10歳の時に聴いたベートーヴェンに衝撃を受け音楽/作曲をはじめる。2000年デビュー。アジア、EU、USツアーなどを行い『ATP』『Sonar』など各国フェスにも出演。映画「空気人形」の音楽を担当し2009年カンヌ映画祭や世界中で公開された。2010年『Virgin Babylon Records』を設立し「SEVEN IDIOTS」をワールドワイドリリース。圧倒的世界観を提示しつづけている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材