特集 PR

Maison book girlのグッズはなぜいつも完売? そのこだわりを熱弁

Maison book girlのグッズはなぜいつも完売? そのこだわりを熱弁

Maison book girl『river』
インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子

変拍子を多用した現代音楽をポップスとして見事に昇華させるサクライケンタが総合プロデュースを手がける4人組アイドルグループ・Maison book girl(通称ブクガ)が、11月30日にシングル『river』でメジャーデビューした。音楽はもとより、振付や衣装、さらにはグッズひとつに至るまで、他のアイドルとは一線を画すアプローチで、「すべてをブランド化したい」という彼らは、ブクガというグループの在り方をどのように考えているのだろうか。

CINRA.NETではメンバー全員にグッズを着用してもらい写真撮影を敢行。サクライとメンバーのコショージ、そして11月6日に行なわれたワンマンライブのグッズでイラストを手がけたごとうゆりかも加わり、ブクガのグッズ展開に対するこだわりを語ってもらった。

サクライさんが世界観を表現してくれているから、私たち感情表現みたいな部分を担えたらと思う。(コショージ)

―渋谷WWW Xでのワンマンライブを見させていただいたんですけど、どういうコンセプトでやられているのか、改めて教えていただけますか?

サクライ:いかにもアイドルっぽいものよりも、より音楽性があるものというか。音楽、メンバー、グッズまで、すべてをブランド化したくて。

左から:サクライケンタ、コショージメグミ、ごとうゆりか
左から:サクライケンタ、コショージメグミ、ごとうゆりか

コショージ:ずっと「グッズとか服に力を入れたい」というのをすごい言っていましたよね。

サクライ:そうだね。最初の頃から、グッズデザインやビジュアルイメージも安っぽくならないよう、音楽以外の部分も手抜きしないで作りたいと思っていました。

―音楽だけではなく、総合芸術として見せたかった?

サクライ:そうですね。もともと、建築や写真、映画、ファッションなど芸術全般が好きなので、「好きなことをやりたい!」というだけのシンプルな理由です。

―そこにアイドルというフォーマットを使う理由は?

サクライ:もともとアイドルは好きだったし、いずこねこ(サクライがプロデュースしていたミズタマリのソロプロジェクト。2014年に活動終了)をやっていた経験もあって、アイドルはファンの間口が広いと実感していて、アイドルを入り口にしたら発展しやすいと思ったんです。

―コショージさんは、アイドルをやりたかったわけではないんですか?

コショージ:私はアイドルになりたかったわけではなく、BiSが好きだったから活動を始めたんです。だからBiSがなくなったらアイドルで居続けなくていいと思っていた。でも、いざ活動が終わったら、これからどうやって生きるんだろうと考えてしまって。そうやって悩んでいる時にサクライさんに会って、「もう一回アイドルをやって、仲間を見つけようかな?」という感じでブクガを組みました。

コショージメグミ

―その間口の広さがあったから、いろんなものを表現することと相性がよかった?

サクライ:そうですね。それにアイドル好きな人は、インターネットを頻繁に使う方が多いので、そこの拡散力とかも考えると「アーティスト」として売り出すよりも有利なのかなって。

―グッズに力を入れようと思ったのは、いままでのアイドルのグッズに疑問があったんですか?

サクライ:それはありましたね。よく「ハロー!プロジェクト」のアイドルが、名字だけ漢字でドンと書いたTシャツを出していて、そういうのは逆に振り切っていて大好きなんです。

だけど中途半端なものが好きじゃないというか。どうせやるなら、ちゃんとブランドとして売り出したほうが、付加価値もついていいと思ったんです。ブランドとしてのMaison book girlと、アイドルとしてのMaison book girlの相乗効果で広がっていけば、というところですね。

Maison book girl(左から:コショージメグミ、矢川葵、和田輪、井上唯)
Maison book girl(左から:コショージメグミ、矢川葵、和田輪、井上唯)

―CDだったらメンバーの声が入りますけど、洋服は必ずしもメンバーは必要ないですよね。そこは気にしてないんですか?

サクライ:そうですね。気にしてないです。

コショージ:サクライさんが曲を作って、グッズを作って、その世界観を表現してくれているから、私たちはパフォーマンスというか、グループとしての感情表現みたいな部分を担えたらなと思うんです。グループがひとつの生き物みたいな感じだと思っています。

―今回ワンマンライブのグッズを担当されたごとうさんは、いろんなアイドルのグッズのイラストを描かれていますけど、どういう意識でやられているんですか?

ごとう:ある意味、私自身が「媒体」なのかなと思っていて。アイドルというカテゴリーは関係なく、相手がどういう世界観にしたいのか、何を伝えたいのか、そういうものをしっかり話して、私は絵に落とし込む。

どのアイドルの方も依頼してくださる時に、すでにグッズのイメージがあると思うんですよ。それに沿って描くので、今回もサクライさんの歌詞や世界観をそのまま投影したいと思っていました。

左から:サクライケンタ、コショージメグミ、ごとうゆりか

―サクライさんは、どういう流れでごとうさんに依頼したんですか?

サクライ:今年8月にごとうさんの個展があって、実際に絵を見に行かせてもらったのがきっかけです。それまでのグッズは全部僕がデザインしていたし、ちょうどワンマンライブを控えていたので、それ用に描いてもらうと世界観が合いそうだと思ったんです。それで改めて打ち合わせをさせてもらったら、すぐバッグの案が出てきて。

ごとう:あれは速かったですね(笑)。もう5分くらいで「これいいんじゃない?」みたいな感じで。サクライさんが普段着られている服を見ていても、感性が合いそうだなとは思っていたんですよね。

サクライ:グッズのデザインを外注するっていうこと自体、今回が初めての試みだったんですよ。だから、僕も「こういうのにしてほしい」っていうのは、わりと事細かに説明していたんですが、そのイメージに沿ったイラストをしっかり描いていただけました。

Page 1
次へ

リリース情報

Maison book girl『river(cloudy irony)』初回限定盤
Maison book girl
『river(cloudy irony)』初回限定盤(CD+DVD)

2016年11月30日(水)発売
価格:1,800円(税込)
TKCA-74435

[CD]
1. cloudy irony
2. karma
3. 14days
4. cloudy irony(instrumental)
5. karma(instrumental)
6. 14days(instrumental)
[DVD]
・cloudy irony(music video)
・snow irony (live on Aug.9, 2016)
・film noir (live on Aug.9, 2016)
・bed (live on Aug.9, 2016)
・blue light (live on Aug.9, 2016)

Maison book girl『river(cloudy irony)』通常盤
Maison book girl
『river(cloudy irony)』通常盤(CD)

2016年11月30日(水)発売
価格:1,300円(税込)
TKCA-74436

[CD]
1. cloudy irony
2. karma
3. 14days
4. cloudy irony(instrumental)
5. karma(instrumental)
6. 14days(instrumental)

プロフィール

Maison book girl
Maison book girl(めぞん ぶっく がーる)

2014年11月デビュー。メンバーは矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミの4名。音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、音楽のみならず、映画出演、ファッションブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開。2015年には『TIF』『@JAM EXPO2015』『夏の魔物』への出演を経て、9月23日に初の全国流通作品となる1stアルバム『bath room』を発表、アイドルファンのみならず、幅広い音楽ファンから高い評価と支持を得る。11月23日には初のワンマンライブとなる『solitude hotel 1F』を渋谷WOMBで開催。チケットはSOLD OUTとなった。12月にはアメリカのオルタナティブロックバンド『RINGO DEATHSTARR』の東名阪公演にサポートアクトとして出演。2016年3月には1st EP『summer continue』をリリース。「アイドル」という枠組みだけに留まらず、様々なフィールドでの活動を予定している。サクライケンタ独自の世界観と四人四色な個性を放つメンバーの化学反応に今後も期待してほしい。

サクライケンタ

音楽家。株式会社ekoms代表。様々な企業のCM動画BGMやアイドルへの楽曲提供を行なう。2011年、ソロアイドル・いずこねこプロジェクトを始動。2014年の活動休止まで、作詞作曲、アートワーク、グッズ制作などすべてをディレクションしプロデュースした。その後、楽曲提供はもちろん、音楽、アート、ファッションなどに対する自身の視点や感性を存分に盛り込んだ独自の世界観を表現するグループ・Maison book girlを総合プロデュースし、2014年11月に活動開始。2016年にはピエール中野率いるジャムバンド「カオティック・スピードキング」にギターとして正式加入、大森靖子のアルバム『TOKYO BLACK HOLE』、シングル『ピンクメトセラ』にて楽曲アレンジを行い、全国ツアーバックバンドメンバーとして参加するなど、他のアーティストへの楽曲提供、アレンジなどでも精力的に活動。

ごとうゆりか

画家活動を中心に、イラストレーター、アートディレクター、ファッションデザイナー、スタイリストなどマルチに活動。多摩美術大学グラフィック学科卒業。2016年『装苑』ニューカマーに選出。六本木ヒルズ森美術館『セーラームーン展』ビジュアルイラスト、大森靖子ライブグッズ、きゃりーぱみゅぱみゅ振袖イラストなどを担当。2016年8月の個展『「夢遊っ子の夢。」僕のvol.わんっ』には、脚本家の根本宗子、でんぱ組.inc相沢梨紗、小南泰葉、おとぎ話有馬和樹らが参加した。でんぱ組.incハロウィンイベント『でんでんハロウィンナイト』には相沢梨紗のキュレーションアーティストとして展示参加。11月には6日間の個展『ごとうゆりか“故”展「埋Φ葬 ノレ。」(読み:my soul)』を実施。今回、Maison book girl グッズのイラストを担当。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nova Heart“My Song 9”

盛り上がりを見せる中国ミレニアル世代のなかでも要注目のバンド、Nova Heartの“My Song 9”MV。今週末開催の、中国ユースカルチャーを代表する実力派ミュージシャンが出演するイベント『秋音之夜』にも登場する彼女たちが、日本の夜にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。中国ミレニアルズの勢いは止まらない。(川浦)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真