特集 PR

母親、歯科医、ジャズ歌手。三足のわらじを履く山田ゆきの生き方

母親、歯科医、ジャズ歌手。三足のわらじを履く山田ゆきの生き方

山田ゆき『2』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子、飯嶋藍子

母親、歯科医師、そしてジャズシンガーと、二足ならぬ「三足のわらじ」を履く山田ゆきが、前作『LOVE』からおよそ4年ぶりのニューアルバム『2』をリリースする。

本作は、ジャズピアニスト椎名豊によるプロデュースのもと、ジャズのスタンダードはもちろん、ボサノヴァやポップス、オールディーズに映画主題歌と、おそらく誰もが一度は耳にしたことのある有名曲をジャズアレンジしたものが収録されている。「ジャズ」というと、つい「ハードルが高くて」と身構えてしまう人たちにも、非常にとっつきやすく、それでいてジャズの真髄に触れられる内容だ。

「ジャズは会話であり、コミュニケーションである」と話す山田と椎名に、新作についてはもちろん、「即興みたいに人生と向き合っている」という山田の生き方、そしてジャズの魅力や楽しみ方について訊いた。ここ数年は、新世代ミュージシャンたちの活躍により、若者を中心にかなり浸透してきたジャズ。その奥深い世界を、改めて案内してもらおう。

J-POPも大好きだったけど声が低いので、流行していたキーの高い楽曲は歌えなかったんです(笑)。(山田)

―まず、山田さんがジャズを歌い始めたきっかけは?

山田:小さい頃から母の影響で、ずっとジャズを聴いて育ってきました。学校の送り迎えの車の中、塾や習い事へ行く道すがらなど、常にジャズが流れていたんです。

本格的に習い始めたのは大学に入ってから。J-POPも大好きだったのですが何せ声が低いので、当時流行していたようなキーの高い楽曲は、とても歌えなかったんです(笑)。それで、代々木にあるジャズライブハウス「NARU」へ行き、そこのママに先生を紹介していただいたのが、ジャズの入口でした。

取材現場に一緒に来ていた次女を抱く山田ゆき
取材現場に一緒に来ていた次女を抱く山田ゆき

―それ以前は、何か音楽活動をしていました?

山田:中学生のときは、女の子だけの合唱部に入っていました。パートがアルトだったので、主旋律を歌うことはまずなかったんですけど、そのおかげでハモリのコツを掴めるようになったので、即興でスキャットするときにも役立っています。

―合唱部のそういった部分がジャズに役立つのですね。

山田:それで言うと、3歳から高校に上がるまで習っていたクラシックバレエも通じる部分があります。「いち、に、さん、し」と均等にリズムを刻むだけでなく、「い~ち、に、さ~ん、し」とか、色んなステップの踏み方があるんですよね。足だけでなく、手や体の動きも使ってリズムを表現しなければならない。そのリズム感が、ジャズを歌う上ですごく役に立っているなって最近よく思います。

―リズムのうねり、いわゆるグルーヴやスウィングと呼ばれるものですよね。

山田:そうです。あと、体全体で音楽を表現するという意味では、ステージパフォーマンスにも影響していると思います。「動きすぎ」って言われることもありますが(笑)、それを「楽しい」と言ってくださる方もたくさんいらっしゃって。

椎名:例えば言葉の抑揚でもグルーヴを生み出すことができると思うんですけど、そういうところを意識してこだわっているのは、シンガーとしての特徴だと思います。

さきほどスキャットの話が出ましたが、今作『2』のスキャットの部分は全てゆきさんが、その場で思いつくがまま即興で歌っています。バックの音楽に反応して、「ピアノがこうきたから、自分はこう歌おう」とか、即興の要素もふんだんに盛り込みました。

右:椎名豊
右:椎名豊

山田:スキャットというのは、自分が色んな音楽をたくさん聴いて、吸収した中から生まれてくる。その人の持っているものが、そのまま出てくるのが即興なんです。だから、私にとっては合唱やバレエの経験なども引き出しになっているんだと思います。

若さがあってこそ歌える素晴らしい曲も沢山ありますがジャズは歳を重ねたり、経験を積んだりして出る「味」みたいなものが活かせる音楽なんじゃないかと。歳を重ねながら経験を積んでいけば、引き出しが増えて自分の音楽性も変わっていくんだろうなって思うと、今後もすごく楽しみです。

―「ジャズは一生聴ける音楽」と言われるのは、そういう楽しみがあるからなんでしょうね。

椎名:ええ。演じる側も聴く側も、感性がどんどん変わっていって、その時々で楽しめるのがジャズの良さですね。

山田:トニー・ベネットさんとLady GaGaさんのデュエットとか、どちらもメチャクチャかっこいいじゃないですか。60歳差のコラボですら成立してしまうのもジャズの魅力の1つですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

山田ゆき『2』
山田ゆき
『2』(CD)

2016年11月2日(水)発売
価格:2,700円(税込)
SN-001

1. Sunny
2. Too Close For Comfort
3. Aqua De Beber
4. Love For Sale
5. The End Of The World
6. ROUTE66
7. Calling You
8. What Is This Thing Called Love
9. Smoke Gets In Your Eyes
10. Georgia On My Mind
11. It Don't Mean A Thing

プロフィール

山田ゆき(やまだ ゆき)

ジャズシンガー。東京と名古屋に拠点をおく。ジャズボーカルを習っていた母親の影響で大学生時代からボーカリスト六角幸生に師事。『代々木NARUボーカルオーディション』第19回受賞。その後、歯科医の傍らジャズボーカリストとして活動を始める。現在、代々木NARU、新宿J、六本木サテンドール、名古屋lovely、名古屋swing、名古屋star eyes、岐阜BAGU、金沢もっきりや、リゾートトラスト八瀬離宮・布池教会の美食会などでライブ活動中。井上ゆかり、椎名豊、田中裕士、納谷嘉彦、山本剛、鈴木良雄など様々なミュージシャンと共演。

椎名豊(しいな ゆたか)

ジャズピアニスト。1964年、東京都墨田区生まれ。父親の影響で3歳より本格的なピアノレッスンを始め、国立音楽大学作曲科在学中よりプロとしての活動をスタート。大胆さと繊細さをあわせ持ち、縦横無尽にスイングする椎名のピアノタッチはイマジネーションにあふれ、そのピアノサウンドとオリジナル曲は世界の音楽ファンを驚嘆させている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場