特集 PR

CLOWが生んだ、自分の居場所で息がしづらい人を救うための音楽

CLOWが生んだ、自分の居場所で息がしづらい人を救うための音楽

CLOW『DEAR FRAME』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:関口佳代 編集:矢島由佳子

ライブを観たのは去年、7月に開催されたEggsとCINRA共同主催のイベント『exPoP!!!!!』での1回きりだけれど、そのときの印象はよく覚えている。背丈に不釣り合いな大きさのギターを抱えて、ひとり弾き語る彼女の歌から感じられたものは、喜びや悲しみや怒りといった感情より、「芯」だった。生きることの「芯」。考えることの「芯」。

23歳のシンガーソングライター、CLOW。「音楽は救いだった」と語る彼女の音楽は、この世界に降りかかる正論や固定観念の重圧のなかで苦しそうに息を吐きながら、それでも自分の足で生きようともがいている。<君の世界に あいつらを 存在させることはないよ>(“Dialogue”)――心の柔らかくて繊細な部分を歌に託すその姿は、自分が大人になるために捨ててきたものを思い出させもする。そう、たしかに、「孤独」は強さだった。

CLOWの歌声は、この世界の残酷さと美しさのなかで、どう響くのだろう。傷つき、傷つけ合う関わり合いのなかで、どう変わっていくのだろう。初の全国流通盤『DEAR FRAME』を世に放つ彼女に話を聞いた。

教室にひとりでいることが多かったし、周りを見ながら「こいつらが誰もいない学校に行きたい」って思ってた。

―まず、なぜ「CLOW」という名前を付けられたのですか?

CLOW:特に意味はないんですけど、響きがかっこいいなと思って。この名前を付けた当時、People In The Boxの“聖者たち”を聴いて、<まだ空っぽな明日は 限りなく黒に近いグレイ>っていうフレーズの、「黒」というワードが「クロウ」に聴こえたんです。「どういう意味なんだろう?」って考えながら歌詞を見て、「黒」だとわかったんですけど、その響きによさがあったし、黒が好きなので、これにしようって。

CLOWのアーティスト写真
CLOWのアーティスト写真

―CLOWさんは、北海道出身なんですよね。東京に出てきたのはどうしてだったんですか?

CLOW:大学進学で東京に出てきたんですけど、ポジティブな理由ではなくて、「今いる環境じゃない場所に行きたい」っていう、どちらかと言えば「逃げてきた」感じなんです。「今の環境では生きられないけど、なんとかして新しい世界に行けば、もう少し生きながらえるのではないだろうか?」みたいな……。

―「逃げる」というのは、なにから?

CLOW:私は生まれも育ちも北海道なんですけど、北海道の人って、大体は「北海道が日本」みたいな感覚なんですよね。でも、日本ってもっと広いじゃないですか。もっと外の世界を見たいという気持ちがありました。

CLOW
CLOW

―閉塞感が嫌だったんですね。

CLOW:はい……小中高、ずっと居づらかったです。教室にひとりでいることが多かったし、周りを見ながら「こいつらが誰もいない学校に行きたい」って思っていて。高校から大学に行くときも、知っている人がいない場所に行きたかったから、中高の頃は勉強しかしていなかったですね。

―進学が勉強のモチベーションになっていた?

CLOW:そうですね。小学校の頃はそんなに勉強をした覚えがないんですけど、中学校に入ってから教室にひとりでいることが多くなったので、暇だから始めたっていうのもあります。学校の教科書はすぐに終わっちゃうから、自分で買った問題集を学校に持って行って、ひたすら解いていました。

―僕も高校生の頃、進学のために勉強を熱心にしていたんですけど、当時の勉強で得た知識って、ほとんど覚えていないんですよ。

CLOW:わかります(笑)。問題集を解くのって、若干の知識を得ることはできると思うんですけど、そこで得られる知識は色味がないもので……実際になにかを学ぶというよりは、目の前の紙に書かれた情報を処理する訓練ですよね。

あと、学校の勉強って、どれくらい頑張ったかが点数に直接反映されるじゃないですか。どれくらい自分が努力してできるようになったかが、目に見えてわかる。仕事や趣味では、どれだけ頑張っても、学校の勉強ほどわかりやすく結果が出ることってあんまりないですよね。なので、やればやるだけ上がるという経験が嬉しかったのかもしれない。

―その点、音楽活動はどうでしょう。やればやるほど成果が出るものだと思いますか?

CLOW:……いや、そんなに単純な話ではないです。音楽活動を始めた頃は、いいと思ってくれる人なんてひとりもいなかったし、ライブハウスに「出してください」って言ってもダメだったし、お客さんがいても自主制作のCDも全然売れなかったし……。

たしかにその頃と比べれば、今は段々と上手くいくようになっているのかもしれないですけど、自分からしたら、いいと思う曲を作って、それをかっこよくライブで見せるということを、ただただ、やり続けているだけで。周りから見れば上手くいっていなかったとしても、自分が作っている曲に対してはずっと自信があった。それは変わらないです。

―ギターを始めたのは東京に出てきてからだそうですが、北海道時代はどんなふうに音楽に接してきたんですか?

CLOW:特にBUMP OF CHICKENがすごく好きで、麻薬みたいに常に聴いていましたね。当時はまだ、自分で楽器を弾いたりもしていなくて、ただただ聴いて救われていました。

―CLOWさんにとって、「救い」は音楽の重要な要素ですか?

CLOW:そうですね……上手く言葉にできないんですけど……すみません。

Page 1
次へ

リリース情報

CLOW『DEAR FRAME』
CLOW
『DEAR FRAME』(CD)

2017年1月18日(水)発売
価格:1,620円(税込)
EGGS-016

1. スクロール
2. Hair Make
3. みんな同じ恋の歌ばっか つまんない
4. Dialogue
5. 普通
6. おいてきたもの

イベント情報

『CLOW「DEAR FRAME」リリースイベント「KBKK」』

2017年2月2日(木)
会場:東京都 下北沢 GARAGE
出演:
CLOW
藤森真一(藍坊主)
門田匡陽(Poet-type.M、BURGER NUDS)
ATLANTIS AIRPORT
Blueglue

プロフィール

CLOW(くろう)
CLOW

北海道札幌市出身。2013年4月、上京。2014年8月、都内を中心に活動を始める。2015年、ヤマハ主催ミュージックレボリューション東日本ファイナル出場。モナレコード主催『モナレコ女子!』ファイナリスト。2016年、『MASH A&R』2月度優秀アーティストに選出。2017年1月18日、初全国流通ミニアルバム「DEAR FRAME」リリース予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」