特集 PR

AV監督×TVプロデューサーが唸る、ドキュメンタリーに潜む「嘘」

AV監督×TVプロデューサーが唸る、ドキュメンタリーに潜む「嘘」

『WHO KiLLED IDOL ? -SiS消滅の詩-』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:鈴木渉 編集:飯嶋藍子

2014年に解散したアイドルグループ・BiS再始動のために行なわれた過酷な合宿形式のメンバーオーディションを経て、ある予定外のユニットが結成された。BiSの公式ライバルSiSだ。

しかし、お披露目ライブの直後、SiSの突然の活動休止が言い渡される。その理由は、SiSのマネージャーを務めていた人物が、「重大な背任行為を行った為」。土下座するマネージャーの姿を冷ややかな表情で見つめるメンバーたち。アイドルとは何なのか? その裏でうごめく大人たちの思惑とは? どこまで予定通りで、どこからが予定外なのかさっぱりわからない。その一連の出来事を追った異形の長編ドキュメンタリー映画『WHO KiLLED IDOL?-SiS 消滅の詩-』が劇場公開される。

今回、同合宿にBiSサイドから密着した映画『BiS 誕生の詩』を監督し、本作にも登場するカンパニー松尾と、松尾の映画『劇場版 テレクラキャノンボール2013』にインスパイアされたテレビ番組『芸人キャノンボール』をはじめ、先鋭的なバラエティー番組を次々と世に送り出しているTBSのプロデューサー・藤井健太郎の対談を敢行。

本作についてはもちろん、アイドルからAV、お笑い、あるいは映画とテレビなど、ジャンルを超えて次々と生み出されている「ドキュメンタリー的な面白さを持った攻めのエンターテイメント」について語り合ってもらった。

ドキュメンタリーが嘘をつくのは当たり前だし、その嘘がどこにあるのかという議論はナンセンス。(松尾)

―まずは、藤井さんが『芸人キャノンボール』を作ろうと思った理由から、改めて教えていただけますか。

藤井:松尾さんの『劇場版 テレクラキャノンボール2013』(以下、『テレキャノ』)を見て面白いと思ったのはもちろんなんですけど、そのあとに『BiSキャンボール』(2014年)を松尾さんご自身がやって、さらにマッスル坂井さん(レスラーであり、映像制作会社DDTテックの社長)が『プロレスキャノンボール』(2014年)をやって、というふうに派生していく感じが面白いと思ったんですよね。で、これは誰かテレビでやらなきゃダメだ、それなら自分がやりたいと思って。

左から:カンパニー松尾、藤井健太郎
左から:カンパニー松尾、藤井健太郎

―その話を藤井さんから聞いたとき、松尾さんはどんなふうに思いましたか?

松尾:いや、僕はもうラッキー! というか(笑)。そもそもは、AVのシリーズとしてやっていたものなので、テレビのゴールデンで『芸人キャンボール』がオンエアされることになるなんて、まったく考えもしなかった。それがどんどん広がっていくのはすごく面白かったし、僕自身が一番楽しんじゃいましたよ。

―派生作品が次々と生まれた『テレキャノ』の魅力って何だったんでしょうね。

藤井:やっぱり、AV抜きにしても面白いですからね。勝負事だったり、駆け引きだったり、くだらないことに本気になる様だったり、そういう面白みの本質が、僕らがバラエティーでやっていることと近いと思ったんです。

松尾:確かに、『テレキャノ』を公開したとき、最初に反応してくれたのは一部の芸人さんたちでした。自分たちでルールを作って、本気で何かをやる、という「男の遊び」の面白さがあるんですよね。

藤井:そうですね。『芸人キャノンボール』も一応賞金があるんですけど、みんなそこまで賞金が欲しいわけじゃない。そこに何があるわけじゃなくても毎回ものすごく本気でやってくれる。賞金とか名誉のためではなく、「仲間たち」から一目置かれるために頑張る感じなんです。

―『芸人キャノンボール』も含めて、ドキュメンタリー的な面白さを持ったバラエティー番組が、昨今増えているような気がします。

藤井:確かに最近はちょっとそういうものが流行っている感じですね。ネタ番組やコント番組も少ないですし、ドキュメンタリーバラエティーというか、現実に起こることを切り取る面白さに焦点を当てるものが多いですよね。

松尾:たしかに、コントみたいな作り込みの番組って最近あんまり見ないですね。

藤井:今は少ないですね。『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系のバラエティー番組)がバラエティー界の中心に来たあたりからの流れだと思うんですが、最初は素人を演者にしていたけど、芸人さんたちで企画をやるときも、あまり決め事は作らずに、やってみて面白いところを編集で切り取るっていう。そのへんから、リアルを売りにした番組が多くなっている気がします。

藤井健太郎

松尾:そういうリアルなものを抽出するためには、偶発ということだけでなく、やっぱり演出家的な発想で、芸人さんの置き方とかを事前に考えて作っているんですか?

藤井:そうですね。見ている人たちもある程度、芸能人のキャラでわかると思うんですけど、この人はこういう人だから、ここに置くとこうなるんじゃないかとか、そういうのは大事に考えているところです。

―そういったバラエティー番組の潮流も含めて、昨今「ドキュメンタリーの楽しみ方」が変化しているように思います。映画で言ったら、森達也監督や松江哲明監督のドキュメンタリー作品など……。

松尾:それはあると思います。楽しみ方の選択肢が増えたというか。ただ、ドキュメンタリーが嘘をつくとかっていうのは当たり前のことだから、その嘘がどこにあるのかみたいな議論はナンセンスというか。だから僕は、フェイクドキュメンタリーが嫌いなんですよね。

カンパニー松尾

―ほう。それはなぜでしょう?

松尾:というか、僕に言わせれば、ドキュメンタリーっていうのは、そんな難しいものじゃないんですよ。たとえば僕が撮っているようなAVのドキュメンタリーなんて卑怯なドキュメンタリーなんです(笑)。だって、そもそもカメラの前でセックスをするっていうだけで、そこには勇気が必要だし、変わっていることをやっている人たちを撮っているわけだから、それをそのまま撮れば面白くなるっていうのは大体わかる。

だから、どれが嘘とかそういう話じゃなくて、画面に映っている人に、行動原理というか、何かをしなきゃならない場さえ与えておけば……というか、極端な話、それを与えなくても、たとえば陸上のウサイン・ボルトみたいな人がいたら、ドキュメンタリーはできる。あとは、世界一足の速い男を使って何をするかなんです。

Page 1
次へ

作品情報

『WHO KiLLED IDOL ? -SiS消滅の詩-』

2017年2月4日(土)からテアトル新宿ほか全国で公開
監督:エリザベス宮地
出演:
BiS
SiS
GANG PARADE
渡辺淳之介
清水大充
エリザベス宮地
高根順次
バクシーシ山下
ビーバップみのる
タートル今田
梁井一
嵐山みちる
カンパニー松尾
配給:SPACE SHOWER FILMS

『劇場版 BiS誕生の詩』

2017年1月28日(土)からポレポレ東中野ほか全国で順次公開
監督:カンパニー松尾
出演:
BiS
BiSオーディション参加者
渡辺淳之介
清水大充
エリザベス宮地
高根順次
カンパニー松尾
バクシーシ山下
ビーバップみのる
タートル今田
嵐山みちる
梁井一
配給:SPACE SHOWER FILMS

プロフィール

カンパニー松尾(かんぱにーまつお)

HMJM。『BiSキャノンボール』の監督にして、AV業界に「ハメ撮り」を定着させたAV監督。『テレクラキャノンボール』シリーズをはじめ、『私を女優にして下さい』『僕の彼女を紹介します』『麗しのキャンペーンガール』など数々の人気作を制作した。その人気はAV業界にとどまらず、音楽や映画など幅広いジャンルのクリエイターから支持を集めている。

藤井健太郎(ふじい けんたろう)

演出家、プロデューサー。1980年生まれ、東京都出身。2003年TBS入社後、『リンカーン』『ひみつの嵐ちゃん!』などの人気番組のディレクターを経て、『クイズ☆タレント名鑑』『テベ・コンヒーロ』『水曜日のダウンタウン』などの演出、プロデュースを手掛ける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと