特集 PR

世界で活躍する増田セバスチャン 唯一無比の創作プロセスに迫る

世界で活躍する増田セバスチャン 唯一無比の創作プロセスに迫る

DMM.make『ディレクテッド・メッセージ・バイマシーン プロジェクト』
インタビュー・テキスト
阿部美香
撮影:鈴木渉 編集:宮原朋之

東京から「Kawaiiカルチャー」を発信し続ける増田セバスチャンは、いまや日本のポップカルチャーを語る上では欠かせない存在だ。初期のきゃりーぱみゅぱみゅの美術演出を筆頭に、才能あふれるアートディレクターとしてその名が知られる彼は、「原宿Kawaiiカルチャー」をコンテクストにした作品制作に精力的に取り組み、常にセンセーショナルな話題を生んでいる。

そんな増田セバスチャンが昨年秋からDMM.makeとCINRA.NETによる新たなコラボレーションをスタートさせた。それが、DMM.makeの技術を使って、アート作品を新たな形でより身近に届けるプロジェクト「ディレクテッド・メッセージ・バイマシーン プロジェクト」だ。今回、約半年かけて制作されたプロトタイプが、ついに完成。増田セバスチャンがこだわりぬいた作品への想いとプロトタイプの制作過程を追いながら、「最先端のデジタル技術がアートワークに与えるもの」について話を聞いた。

日本ではアートよりもファッションやエンタメのほうが社会に対しての飛距離がある。

―増田さんは現在、コマーシャルなフィールドでアートディレクターとしても大活躍ですが、ここ数年はアーティストとしての活動も精力的に行われていますね。

増田:僕には活動の支えが3つあるんです。舞台やミュージックビデオ、コンセプトレストランのプロデュースなどに代表されるエンターテイメントと、1995年から続けている「6%DOKIDOKI」というブランドを軸としたファッション。そしてアート。その3つを使って、どうやって「社会にリンクするか」が、僕のテーマなんです。

増田セバスチャン
増田セバスチャン

―その3つは、ご自身の中でどういう関係性で共存されているのですか?

増田:それぞれの作品の構成要素というのは、やはり「原宿」や「Kawaii」のスピリッツが根本にありますし、実は同じものをアウトプットを変えてやってるだけとも言えます。でも、それぞれのジャンルで見え方が違うんですね。

例えばコンビニにアート雑誌って置いてないですよね? でも、ファッション雑誌は山ほど置かれている。その意味では、ファッションのほうが社会により多くリンクできています。

エンタメ雑誌もそうですよね? だから、日本でより社会にコミットできるのは、アートよりもファッションやエンタメで、そっちのほうが社会に対しての飛距離があるんですよね。

個展『Colorful Rebellion –Seventh Nightmare-』 Photo:GION
個展『Colorful Rebellion –Seventh Nightmare-』 Photo:GION

―たしかにそうですね。

増田:その意味で、3つのジャンルを横断しているのが、今の僕の状況です。単純に、エンタメ、ファッションのジャンルは、メッセージを発信する入口としてはとてもいい。

そこから、もう一歩進んでアートの世界に興味を持つと、「この作品はかわいく見えるだけじゃなく、こういうメッセージも含んでいる」とか、「何を考え、何に影響されてこの作品ができたのか」ということにも、次第に目が向いていきますよね。

増田セバスチャン

一人ひとりの小宇宙を認め合うことで、もうちょっといい世の中になるんじゃないか?

―ジャンルを横断して通底するメッセージを追うことで、違うモノが見えてくる、ということですね。

増田:そのメッセージが様々な社会にリンクしているからこそ、見えてくるものがあると思うんです。アーティストには、すごくコンセプチュアルでミニマリズムな考え方の人もいる。それはそれで素晴らしいんですけど、入口がアートひとつしかないと、伝えたいことが狭まってしまう。だから、もっと入口を増やしたいというのがそもそもの動機なんです。

コンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE -HARAJUKU-」
コンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE -HARAJUKU-」

コンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE -HARAJUKU-」
コンセプトレストラン「KAWAII MONSTER CAFE -HARAJUKU-」

―その入口というのが、「Kawaii」の概念であり、思想なんですね。

増田:そうですね。僕が概念として言っている「Kawaii」は、自分だけの小宇宙を作ること。世の中には一人ひとり全員の小宇宙があります。それを認め合うことによって、もうちょっといい世の中になるんじゃないか? というのが僕の主張。それを「Kawaii」という言葉に置き換え、ビジュアル化してみんなに伝えたいというのが、アーティストとしてのメッセージなんです。

僕は最初、20歳の時に気づいたらアートの世界に足を踏み入れてたんですけど、作品はまったく認められなかった。そんな僕の作品を、最初に気付いて面白がってくれたのは、実はファッションの人たちだったんです。

そこから20年後、エンターテイメントの世界でも注目されるようになって、今やっともう一度アートをやれるようになったという経緯がある。だから、根本は変わっていないし、そんな20年越しの活動が今、アートにもう一度立ち返ったと言うこともできるのかな。

増田セバスチャン

アーティストとしての覚悟というものを、学生にも身をもって体験してもらいたかった。

―アーティストとしてまったく認められなかったとおっしゃいましたが、その挫折の経験があってこそ、今があるということですか?

増田:そうですね。美大に入ると、アーティストというのは素晴らしいものだから、みんな目指しなさい! と言われることも多いらしいんです。でも、実際自分がなってみたら、まったく生活できない。

今でこそエンターテイメントの仕事をさせてもらっているので、なんとかなっていますけど、アーティストというのは、そんないいものじゃないんですよ。そこで、「なぜアーティストにならなきゃいけないのか?」という理由が必要なんです。

こういうメッセージを投げかけないと死んでしまう、というような、自分の人生と引き換えにやらなきゃいけないことがアートなんだと思います。そういうアーティストを見て、社会の人たちは、「ああ、この人を支えることで何か価値が生まれるんだ」と思えるんです。

増田セバスチャン

アパレルショップ「6%DOKIDOKI」
アパレルショップ「6%DOKIDOKI」

―内から湧き上がる衝動を、社会的なメッセージに変えて発信するのがアーティストである、ということですね。

増田:そういうアーティストとしての覚悟というものを、僕が客員教授を務める京都造形芸術大学の学生にも、身をもって体験してもらいたかったんです。それが、昨年『New Generation Plant #2』という作品の制作を学生と一緒にやった意味でもありますね。

Page 1
次へ

イベント情報

DMM.make 3D PRINT

DMM.make 3Dプリントは、モノづくりの経験者と初心者がクロスする“つくって・売って・買える”サービスを提供しています。プロ向けデザインワークから趣味のフィギュア作りまで、ネットから気軽に高品質3Dプリントが実現できます。3Dデータをアップロードし好きな素材を選択して3Dモデルを楽しんでいただけます。各素材で最高レベルの高性能プリンターを利用しており、素材によっては、医療や飛行機、自動車の部品開発でも使われているプロ向けのプリンターも利用しています。また、アップロードした3Dデータをもとにクリエイターとしてショップを開設し、出品することもできます。出品した商品が購入されると、DMMが商品の造形を行い、購入者にお届けします。また、販売価格から造形価格や事務手数料、源泉徴収税等を引いた分を利益としてクリエイターにお支払いいたします。

『Reborn-Art Festival』

2017年7月22日(土)~9月10日(日)
会場:宮城県 石巻(牡鹿半島、市内中心部)、松島湾(塩竈市、東松島市、松島町)、女川町

プロフィール

増田セバスチャン(ますだ せばすちゃん)

アーティスト / アートディレクター。演劇・現代美術の世界で活動した後、1995年にショップ「6%DOKIDOKI」を原宿にオープン。きゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」MV美術、「KAWAII MONSTER CAFE」のプロデュースなど、原宿のKawaii文化をコンテクストに作品を制作。現在、2020年に向けたアートプロジェクト「TIME AFTER TIME CAPSULE」を展開中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

思い出野郎Aチーム“ダンスに間に合う”

思い出野郎Aチームが6月30日にリリースする7inchシングルのPVは、オフィスの中で描かれるドラマ仕立ての映像。歌詞にもあるように、散々な日でもひどい気分でも、そのどこかに潜む祝福すべき一瞬を、メロウなグルーヴで捕まえる。(飯嶋)