特集 PR

伊藤ふみおが語るKEMURIのミッションと『SKA BRAVO』の意義

伊藤ふみおが語るKEMURIのミッションと『SKA BRAVO』の意義

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:小田部伶 編集:飯嶋藍子

1stアルバム『Little Playmate』から20年。スカパンク界のリビングレジェンドとして旺盛な活動を続けるKEMURIから、胸躍るような発表があった。

2014年から海外のバンドを招聘して開催してきた自主イベント『SKA BRAVO』を、今年はフリーライブとして東名阪で開催するというのだ。そして、そのプロジェクトを実現するために、現在CAMPFIREにてクラウドファンディングを実施している。

この企画には、きっと彼らの並々ならぬ音楽への熱意が込められているはずだ。ボーカルにしてリーダーを務め、この8月には51歳になる伊藤ふみおに、今回のプロジェクトへの思いを聞いた。インタビューから見えてきたのは、常に前進を続ける伊藤とKEMURIの尽きぬエネルギー、そしてデジタルな新潮流にも積極的に足を踏み出していく、「まだ見ぬ景色」への飽くなき渇望だ。

そもそもこのバンドは「非常識」なところから始まっているんです。

―KEMURIは常に世代の差を乗り越えて、新しい時代の空気を積極的に取り込んでいく、刺激的な姿勢を見せてきたバンドだと思います。今回のプロジェクトはまさにそうしたKEMURIの歴史の延長線上にあるはずですが、伊藤さんはどう感じていらっしゃいますか?

伊藤:基本的に、人がやっていることを上手にアレンジして、もうちょっとポピュラリティーを得られるようなものに作り変えて出す、ということには興味がないんです。もちろん人気はあるほうがいいし、動員も多いほうがいい。でも、世の中の主流とはちょっと違うことをやりたいんですよ。

伊藤ふみお
伊藤ふみお

―その精神はずっと変わっていない?

伊藤:基本的に天邪鬼というか、いくつになっても「サブカル魂」みたいなものがあるんですよね。時々「やだなあ」って自分でも思うんだけど(笑)。

―いやなんですか?(笑)

伊藤:50歳になって半ズボン履いてていいのかなあって、思うこともなくはないですよ(笑)。でもね、やっぱり新しい景色を見たい、という思いがずーっと強くあるんです。それが今回の『SKA BRAVO』無料開催にもつながっているんですよね。

―1stアルバム『Little Playmate』から20年という節目になりますが、原点回帰的な思いもあるのでしょうか?

伊藤:原点回帰というより、やりたいことが20年前とあんまり変わっていないのかもしれないです。音楽としても一貫してスカパンクだし、P.M.A(Positive Mental Attitude)というメッセージも発信し続けていますし。

―一貫したメッセージを発し続けられるというのは、並大抵のことじゃないと思います。

伊藤:そもそもこのバンドは「非常識」なところから始まっているんです。常識のなかで動いていたら、とてもじゃないけど我々みたいなバンドはここまで活動を続けられていないと思いますよ。

―「非常識」ですか?

伊藤:「常識 / 非常識」というと大げさかもしれないけど、たとえば、ミュージシャンになりたいとなったら、まずマネジメント事務所に所属しなきゃいけないとか、いい音で録りたかったらそれなりのレコード会社に所属しないと難しいとか……。20年前って、今に比べてあらゆることがアナログだったし、ある枠のなかで動かないと難しいことがたくさんあったんです。

でも、僕たちは事務所にも入っていなかったし、ツテも何にもないなかで、バンドのメンバー五人とカメラマン一人でアメリカに渡って『Little Playmate』を作りました。思い返してみると、改めて「よくできたなあ」って感じます。

KEMURI 『THUMBS UP!』-MUSIC VIDEO-

―そういった「常識」がある時代に、自分たちだけで動いた動機は何だったんですか?

伊藤:ともかく、いい音で録りたくて。それでアメリカで録音したんですよ。そういう動きも含め、すべて自分たちで決めていったわけです。とにかく、KEMURIは、当時のミュージシャンのあり方から考えると、非常識にやってきたバンドです。20年以上続けていても、そうした前向きな非常識さは、なくしたくないんですよ。

―音楽をめぐる環境にかんして、20年前と今とで違いを感じることはありますか?

伊藤:「場」がものすごくたくさんあって、若いバンドが羨ましいくらいです。野外フェスティバルなんて、僕たちが1stアルバムをリリースした年に、ようやく『FUJI ROCK FESTIVAL』が初開催されて。

KEMURI
KEMURI

―それまでそういった「場」はなかった?

伊藤:僕らが学生の頃は、座って静かに聴くジャズフェスティバルとかしかなかったんですよ。立っていると叱られるし、セキュリティーの人、めちゃくちゃ怖かったんだから!(笑)

―そうなんですね(笑)。

伊藤:特にパンクなんて、かつては薄暗く怪しげな、いかがわしい場所でコソッとみんなで暴れて帰っていく、みたいな感じだったから(笑)。そう考えると、何千人という観客がロックやパンクのステージを観る、という今の世の中は、夢みたいですよね。太陽の下でパンクなんて、本当に素晴らしいと思います。

Page 1
次へ

プロジェクト情報

「KEMURI『SKA BRAVO 無料ツアー』開催プロジェクト」
CAMPFIRE
KEMURI『SKA BRAVO 無料ツアー』開催プロジェクト

イベント情報

『'FREE SHOW!'~SKA BRAVO SPECIAL TOUR 2017~』

2017年11月14日(火)
会場:東京都 某所

2017年11月15日(水)
会場:愛知県 名古屋 某所

2017年11月16日(木)
会場:大阪府 某所

出演:
KEMURI
他海外バンド2組
料金:各公演 無料(ドリンク別)

プロフィール

KEMURI
KEMURI(けむり)

伊藤ふみお(Vo)、津田紀昭(Ba)、平谷庄至(Dr)、コバヤシケン(Sax)、田中‘T’幸彦(Gt)、河村光博(Trumpet)、須賀裕之(Trombone)の7人からなるスカパンクバンド。1995年より、「P.M.A(Positive Mental Attitude)」を標榜し活動開始。1997年ロードランナー・ジャパンより1stアルバム『Little Playmate』リリースし、国内外で精力的に活動する。2007年12月をもって解散するも、2012年にHi-STANDARDからの呼びかけに応じ、『AIR JAM 2012』にて約5年ぶりに復活。2015年には17年振りのUSツアーを敢行。2017年11月には、主催イベント『SKA BRAVO』を、『'FREE SHOW!'~SKA BRAVO SPECIAL TOUR 2017~』として初めて無料開催する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)