特集 PR

思い出野郎Aチーム、ダンスフロアの魔法とロマンを信じる男たち

思い出野郎Aチーム、ダンスフロアの魔法とロマンを信じる男たち

思い出野郎Aチーム『夜のすべて』
インタビュー・テキスト
冨手公嘉
撮影:馬込将充 編集:山元翔一
2017/08/23
  • 149
  • 140

「おしゃれ」だとか「センスがいい」とかそういう言葉を抜きにして、音楽が鳴った瞬間に問答無用で身体が反応してしまう。そんなバンドの登場をどこかで待っていないだろうか? もしあなたがそうなら、今聴いておくべきは、ユーモア溢れる七人の男たちによるバンド、思い出野郎Aチームだ。

前作から2年半が経ち、ceroなどが在籍する名門レーベル「カクバリズム」に移籍したバンドから、高橋一と松下源を取材。ダンスフロアにきらめくロマンスと憧憬を詰め込んだ2ndアルバム『夜のすべて』をリリースするにあたり、二人にダンスフロアと音楽への愛について語ってもらった。

カクバリズムに入ることがわかっていたら、こんなバンド名にはしなかったかもしれない(笑)。(松下)

1stアルバム『WEEKEND SOUL BAND』(2015年)を「felicity」から、そしてこの度、2ndアルバム『夜のすべて』を「カクバリズム」からリリースした思い出野郎Aチーム。既にバンドとして貫禄すら漂っているように感じられる彼らだが、活動当初はインディーシーンのなかで自分たちの立ち位置を見つけるのに苦労していたようだ。

高橋(Tp,Vo):学生時代、美大ということもあり、お洒落でコンセプトやデザイン性がいいバンドが多すぎて食傷気味だったんです。その反動と対抗心みたいなこともあって、「ダサいバンド名にしよう」みたいな感じで始めたんですよ。このバンド名は、家でぐだぐだしながら学生時代の思い出について語りあってて、「俺たち思い出野郎だな」とその場にいたメンバーと話してて思いつきました(笑)。

松下(Per):カクバリズムに入ることがわかっていたら、こんなバンド名にはしなかったかもしれない(笑)。

左から:高橋一、松下源
左から:高橋一、松下源

高橋:本格的にバンド活動を始めた2009年頃、「僕らはどのシーンに入れるんだろう?」って自分たちを異物のように感じていました。どんなライブハウスに出ても「なにかが違うんだよな」と思いながら、対バンしていたんです。

松下:本格的なファンクバンドと対バンすると、「君たちいいけれど、もっとファンクにしたほうがいいよ」と言われるし、ポップスやパンクバンドをやっている人には、「もっとキャッチーに、ソフトに」とか言われて。とはいえ、僕らは大学の仲間で始めたので、できることを探しながらやっていたというだけで……。

バンドに入ってから楽器を始めたメンバーもいるくらいですからね。飲み仲間だったり、顔とキャラだけで採用された人もいたりして、今の七人に至るという。僕に関しても、ボンゴを1個だけ渡されて、「これを叩いてくれ」って(笑)。そういうゆるい感じだったんです。

左から:松下源、高橋一

仲間内で始めたからこその、肩肘張らないちょうどいいゆるさは、思い出野郎Aチームの魅力のひとつだ。しかしそれは、決して「ぬるい」わけではない。仲間同士だからこそ、ダサいことに対しては敏感になるし、自分たちの音楽には強いこだわりがある。そしてなにより、この泥臭くもキラキラときらめく音楽には、「おしゃれさ」というよりも、どこか気品を感じるのだ。

高橋:泥臭いんだけど、なんか洗練されてることはされてるというか。天然でクリス・デイヴ的なビートを叩けるバンドが日本でも出てきていますけど(クリス・デイヴはD'Angeloのツアーメンバーとしても知られるドラマー)、結局俺たちはフィジカル的にもキャラ的にもできないんですよね。自分たちができることを提示し続けた結果、自ずと道が決まっていきました。

思い出野郎Aチーム
思い出野郎Aチーム

『WEEKEND SOUL BAND』収録曲

高橋:結成最初期の歌モノの曲は、“TIME IS OVER”しかなかったんですよ。それも基本はインストだったし、<TIME IS OVER>って1フレーズだけを歌うみたいな曲で。でも、だんだんバンドの方向性が「歌モノかも」ってなっていくなかで、歌詞をつけていったんです。だからこそ1stアルバムではアフロビートとか、アンビエントっぽいこともやっていて。

ただ今回、アルバムとして流れがまとまったものを作りたい気持ちがあって、統一感を出す手段として、ソウルやディスコを全体の共通項にやってみようと思ったんです。自分たちはそういう芸風しかできないなと。そう気づいたことで歌詞も音も自然と決まっていきましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

思い出野郎Aチーム『夜のすべて』
思い出野郎Aチーム
『夜のすべて』(CD)

2017年8月23日(水)発売
価格:2,700円(税込)
DDCK-1051

1. ダンスに間に合う
2. アホな友達
3. 夜のすべて
4. 生活リズム
5. 早退
6. フラットなフロア
7. Magic Number
8. 彼女のダンス
9. 大切な朝
10. 月曜日

プロフィール

思い出野郎Aチーム
思い出野郎Aチーム(おもいでやろうえーちーむ)

2009年・夏、多摩美術大学にて結成。ファンク、ソウル、レゲエ、ディスコ、アフリカンミュージック、パンク、飲酒を織り交ぜたスタイルで活動中。『FUJI ROCK FESTIVAL』、『Sunset Live』、『カクバリズムの夏祭り』など、数多くのフェス、イベントに出演。また、メンバーは、VIDEOTAPEMUSIC、Y.I.M.、G.Rinaなどのミュージシャンのライブサポート、レコーディングへの参加など、多岐にわたって精力的な活動をしている。2015年、mabanuaプロデュースによる1stアルバム『WEEKEND SOUL BAND』をリリース。2017年6月には台湾のレーベル、2manysoundより7インチシングル『タイワンド』を、カクバリズムより7インチシングル『ダンスに間に合う』をリリース。8月には2ndアルバム『夜のすべて』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)