特集 PR

真心ブラザーズ×又吉直樹対談 表現に生きる二者の対照的な考え

真心ブラザーズ×又吉直樹対談 表現に生きる二者の対照的な考え

真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
インタビュー・テキスト
柴那典
撮影:西田香織 編集:川浦慧、山元翔一 撮影協力:Red Bull Studios Tokyo

約3年ぶりとなる通算15枚目のアルバム『FLOW ON THE CLOUD』をリリースする真心ブラザーズ。芥川賞を受賞し300万部の大ベストセラーとなった処女作『火花』に続き、2年ぶりとなる新作『劇場』を発表した又吉直樹。互いに認め合い尊敬し合う両者の対談が実現した。

結成当初からピースの出囃子に真心ブラザーズの楽曲を使用するなど、かねてからファンであることを公言してきた又吉。2013年には『真心ブラピース』と題したジョイントライブが実現するなど交流も深めている。

お互いの作品について、創作に対するスタンスについて、様々な観点から語り合ってもらったこの対談。じつは、性格や価値観において対照的とも言える真心ブラザーズの二人と又吉直樹に共通する部分とは何か。「大衆性」と「やりたいこと」のバランスはどうとっているのか。そして表現という領域において「成功すること」や「続けること」をどう捉えているのか。話はそんな方向に深まっていった。

時代のムードと真逆のことを歌っていた。それを聴いて「うわ、格好いいな」と思ったんです。(又吉)

—又吉さんと真心ブラザーズのお二人が、最初にお会いしたきっかけは?

又吉:もともと僕がずっと真心さんのファンなんです。ピースを結成してからずっと“サティスファクション”という曲を出囃子に使わせてもらっていて。そういうのをいろんなところで言ってたら、ご一緒するようになったり、一緒にライブをさせてもらったりしたという。

—真心ブラザーズのどういうところに惹かれたんでしょう?

又吉:聴いていてたまらない気持ちになるフレーズがあるんですよ。そういう経験をしたことないのに、「わかるなあ」と思ったり。恋愛が始まりそうな時に聴くといいなあ、とか。

—好きになったきっかけの曲は?

又吉:“拝啓、ジョン・レノン”という曲ですね。高校生の頃だったんですけれど。

又吉直樹
又吉直樹

桜井:1996年だね。

YO-KING:21年前だ。

又吉:最初は曲名のインパクトが大きくて「なんか面白い歌やな」と思ったんですよ。でも後でちゃんと聴いてみたら、めちゃめちゃいい歌やんと思って。そこからいろいろ聴くようになったんですね。

—ピースの出囃子に“サティスファクション”を選んだのは何故だったんでしょうか。

又吉:あの曲が出たのは1999年なんですけれど、その時に僕らはNSC(よしもと興業の養成所)の1年目で。あの時代って、僕の印象ではなんとなくみんな暗かったと思うんです。ノストラダムスの大予言で1999年に世界が終わるという話もあって。

でも、あの曲は<オレは今のままで満足>とか、そういう時代のムードと真逆のことを歌っていた。それを聴いて「うわ、格好いいな」と思ったんです。僕にはそういう余裕があんまりないんで。あとは、綾部(祐二)とも合うかなって勝手に思っていて。

—又吉さん自身、真心ブラザーズを聴いてきて受け取ったもの、影響を受けたとこもありますか?

又吉:いろいろありますね。言葉もかなり影響を受けてると思います。取材で喋ったりアンケートを書いたりした時に「あ、これ、真心さんの言ってたことと似てるなあ」っていうことはよくありましたね。とくに若い頃は「これ、ほとんどそのまま言うてんな」とか(笑)。

左から:又吉直樹、YO-KING

こういう、人間の内側をとことん追求して切り込んだ小説ってあんまりないよね。(YO-KING)

—真心のお二人は又吉さんの小説の『火花』と『劇場』を読んで、どんな感想をお持ちになりましたか?

桜井:じつは僕、今回のお話をいただいて初めて読んだんです。手に取ればすぐに読めるのに読まなかったのは、つまんなかったらどうしようっていうのがあって(笑)。我々のことを好きだと言ってくれて、コミュニケーションもあるし。だから、もしつまんなかったら感想を言うのが怖かった。だけど、今回読んでみて、めちゃめちゃ惹き込まれました。素晴らしかったです。

桜井秀俊
桜井秀俊

—YO-KINGさんはどうでしょう?

YO-KING:そうだなあ、又吉くんが言ってることとは真逆になっちゃうけど、あんまり真心の影響を感じることはできない作品ですよ(笑)。

桜井:あははは。

YO-KING:又吉くんの持っている才能の根幹は、こういう作品を生む人なんだなっていうのがすごくわかった。そこがすごいなって。そういう才能というのは簡単に変えることってできないと思う。

YO-KING
YO-KING

又吉:ありがとうございます。僕はお二人とよくお会いするんですけど、「そんなこと気にしなくていいよ」とか「誰もそんな風に又吉くんのこと見てないよ」ってよくツッコまれるんですね。『劇場』も『火花』も、そういう陰の部分ばっかり書いてる小説なんで(笑)。

YO-KING:ははははは! そうそう。特に『劇場』はひどかったわ。もう、主人公の永田の感覚には、読んでて腹立ってきて。やっぱり、そこにすごいなって思ったの。小説を読んで腹立つことなんてあんまりないから。こういう、人間の内側をとことん追求して切り込んだ小説ってあんまりないよね。2017年にこういうのを書けるってすごいなと思ったんですよ。

又吉:もちろん、永田みたいな男の感覚を肯定したくて書いてるわけじゃないんですけどね。でも確かに、他人の才能を妬んで歪んだり、肯定してくれる人に甘えてズルいことしたり、こういう屈折した存在がいるということとか、なぜそうなるのかとかは書いてみたいなと思ったんです。

又吉直樹

桜井:読んでると、『火花』がファーストアルバム、『劇場』がセカンドアルバムという感じがすごくしますよね。YO-KINGさんの言い方を借りると、よりひどくなってる感じがする(笑)。「そこをもっと掘り下げるか!」みたいなね。

YO-KING:確かに『火花』は又吉くんが好きな作家さんの匂いが濃いけれど、『劇場』で又吉直樹そのものが出てきたという感じはしますよね。その力は僕を不快にするものかもしれないけれど、やっぱり書く力というものが上がってる感じはします。

左から:又吉直樹、YO-KING、桜井秀俊

—『劇場』のほうが又吉さんの純度が高い、という?

YO-KING:そうだなあ、音楽に喩えると『火花』はストリングスやブラスも入っている濃いアレンジという感じなんですよね。それに比べると『劇場』はより弾き語りに近いシンプルであっさりしたアレンジというか。『火花』のほうがより読み手を意識していて、比べると『劇場』のほうが自由に書きたいものを書きたいように書いてる印象がありましたね。

破滅の予感がしながら物語が進んでいくわけじゃないですか。そこをずっと引っ張っていく。「こんなに引っ張るんだ」って思ったけど、そこに意志を感じたというか。

Page 1
次へ

リリース情報

真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』初回限定版
真心ブラザーズ
『FLOW ON THE CLOUD』初回限定版(CD+DVD)

2017年9月13日(水)発売
価格:3,700円(税込)
TKCA-74531

[CD]
1. レコードのブツブツ
2. 雲の形が変化をした
3. 光るひと
4. けんかをやめたい
5. 凍りついた空
6. その分だけ死に近づいた
7. あるようにあれ なるようになる
8. 鼓動
9. 戦の友
10. アイアンホース
11. フェアウェル
12. 黒い夜
[DVD]
1. レコードのブツブツ MUSIC VIDEO
2. すぐやれ今やれ LIVE『マゴーソニック2017』よりライブ映像
3. アーカイビズム LIVE『マゴーソニック2017』よりライブ映像
4. 愛 LIVE『マゴーソニック2017』よりライブ映像

真心ブラザーズ
『FLOW ON THE CLOUD』通常盤(CD)

2017年9月13日(水)発売
価格:3,200円(税込)
TKCA-74532

[CD]
1. レコードのブツブツ
2. 雲の形が変化をした
3. 光るひと
4. けんかをやめたい
5. 凍りついた空
6. その分だけ死に近づいた
7. あるようにあれ なるようになる
8. 鼓動
9. 戦の友
10. アイアンホース
11. フェアウェル
12. 黒い夜

書籍情報

『劇場』
『劇場』

著者:又吉直樹
価格:1,404円(税込)

『火花』
『火花』

著者:又吉直樹
価格:1,296円(税込)

プロフィール

{アーティスト名など}
真心ブラザーズ(まごころぶらざーず)

89年大学在学中、音楽サークルの先輩YO-KINGと後輩桜井秀俊で結成。バラエティ番組内“フォークソング合戦”にて見事10週連続を勝ち抜き、同年9月にメジャー・デビュー。「どか~ん」「サマー・ヌード」、「拝啓、ジョン・レノン」など数々の名曲を世に送り出す。2014年にデビュー25周年を迎え、自身のレーベルDo Thing Recordingsを設立、11月にはレーベル第1弾作品となるオリジナル・アルバム「Do Sing」をリリースした。2015年、昭和女性アイドルの楽曲をテーマにした、初のカバー・アルバム『PACK TO THE FUTURE』をリリース。今年5月には、自主企画対バンイベント『マゴーソニック2017』を、6月にはジャズ・クラブ・ツアー『cozy moment』を開催。9月13日に2年10ヶ月振りとなるオリジナルアルバム「FLOW ON THE CLOUD」をリリースし、10月8日からは、ライブ・ツアー『FLOW ON THE CLOUD』を全国18箇所で開催する。

又吉直樹(またよしなおき)

1980年6月2日生まれ。大阪府出身。高校卒業後、芸人を目指して上京しNSC(吉本総合芸能学院)に入学。2003年、同期の綾部祐二と共にお笑いコンビ・ピースを結成。2010年、キングオブコントで準優勝、M-1グランプリで4位に輝く。芸人活動と平行し、エッセイや俳句など文筆活動も行う。2015年1月、文芸誌『文學界』において『火花』を発表し純文学デビュー、第153回芥川賞を受賞する。2017年3月、小説第二作となる『劇場』 を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)