インタビュー

日本上陸したKickstarter創業者に訊く、日本文化は海外で勝てる?

日本上陸したKickstarter創業者に訊く、日本文化は海外で勝てる?

インタビュー・テキスト
杉浦太一
通訳:丸山京子 編集・構成・翻訳:矢島由佳子 撮影:関口佳代

「売れるもの」と「いいもの」は違う、というのは古今東西よくある話で、でもだからと言って、愚痴らず、引きこもらず、世界をもっとクリエイティブにしたい。それが、このメディアを運営するCINRAが、これまでずっと抱えている欲求だ。

それを世界規模で成し遂げているアメリカ発の大先輩が、2017年9月13日に日本に上陸した、ファンディングプラットフォーム「Kickstarter(キックスターター)」。「クラウドファンディング」という言葉が徐々に日本でも浸透してきたが、彼らがそのアイデアを思いついたのが2001年。それから世界は、確実に変わった。

日本版ローンチにあわせて、創業者のヤンシー・ストリックラーが来日し、CINRA.NETの取材に応えてくれた。謙虚に、ゆっくりと笑顔で話す彼から出てきた言葉は、クリエイティビティーを持ちながら生きようとするアーティストと、ビジネスパーソンのすべてに向けた優しいエールのようなものだった。

自分がどれだけ無知かということを知れば知るほど、自分はどんどんよくなれるんだと思います。

―はじめに自己紹介を。CINRAを株式会社にしたのは2006年ですが、活動をはじめたのは大学生のときで、もう15年ほど前になります。

ヤンシー:そうなんですね。会社を10年続けることがどれだけ難しいか、よくわかります。ボスは、楽しいことばかりではないですよね(笑)。

ヤンシー・ストリックラー
ヤンシー・ストリックラー

―大変なことも多いですよね(笑)。ヤンシーさんがKickstarterをはじめたのは、いつ頃ですか?

ヤンシー:もともとは、僕のパートナーであるペリー・チェンのアイデアでした。2001年に、コンサートをやりたいと思ったけど資金がなかった彼が、「コンサートをやりたいです」という思いや趣旨をネットで発表したんです。そうしたら、たくさんの人が自分のクレジットカードを差し出してくれて、コンサートは無事開催できたし、チケットもソールドアウトした。もしそのコンサートが成功してなかったら、Kickstarterははじまってなかったでしょうね。

―2001年、僕らが活動をはじめたタイミングとかなり近いです。インターネットはまだまだ発展途上な状況でしたよね?

ヤンシー:そうそう。インターネットの状況は、今と全然違いました。だから、当時からクラウドファンディングの仕組みを立ち上げたいというアイデアはあったけれど、どうやればいいかは全然わからなくて、実際に動くことはできなった。当時僕は、音楽と映画のジャーナリストをやっていたんです。

―そうだったんですね。

ヤンシー:もし続けていたら、今頃CINRA.NETで記事を書いていたかもしれないね(笑)。僕とペリーが出会ったのは、2005年で。彼がこのアイデアを話してくれたとき、僕はすごく興奮したんです。それまで、カルチャーの世界で出資を受けられるのは、レコード会社や映画会社、出版社など、大きなところから「これはヒットする、儲けられる」と信じてもらえるコンテンツだけだった。

つまり、ほとんどのアーティストにとって一番のモチベーションはお金ではないはずなのに、他の人が掲げるゴールに自分を合わせないといけない状況でした。僕は「それってなにか違うよな」と、ずっと思っていたんです。

なので、Kickstarterをスタートするときのアイデアとしては、それに変わる新しい世界を作ろうということ。クリエイティブなものが、「売る」とか「儲ける」という目的ではなく、「やりたいから」「作りたいから」というシンプルな思いから形になっていく世界を作りたかった。

ヤンシー・ストリックラー

―それは、Kickstarterの創業者全員(ヤンシー、ペリーと、チャールズ・アドラー)に共通する思いだったんですか?

ヤンシー:そう。個人の思いでもあるし、今でもずっと会社全体に通じているマインドでもあります。最初から、会社を売却も上場もしないし、自分たちがお金持ちになるためにやるのではないということを、みんなで話し合いました。作家が「最高の本を書きたい」と思うように、もしくは映画監督が「最高の映画を撮りたい」と思うのと同じように、自分たちにとっての最高の作品を作ろうという思いでKickstarterをはじめたんです。

―Kickstarterという事業自体が作品だったんですね。

ヤンシー:思い通りにいかないことも日々あるけれど、そういったビジョンや信念はずっと変わってないですね。たとえば、KickstarterがPBC(Public Benefit Corporationの略。公益を最大の目的とする会社の体制)になったことや、「The Creative Independent」というメディアを立ち上げたのも、こういう思いの延長上にあるものです。

―とはいえ、これまでの道のりのなかで、上場して、資金を集めて、グローバル企業としてもっと早く大きく成長させようという発想は一度も出てこなかったんですか?

ヤンシー:ないですね。なぜなら、どんなときも「トレード」だから。たとえば、会社が大きくなれば、コントロール力を失うでしょう。僕たちはゆっくりと、忍耐強く、強い意志を持って、これまで自分たちの運命をコントロールし続けてきたように思います。このビジョンから一瞬でも外れていたら、すべてを失っていたと思いますね。

ヤンシー・ストリックラー

―ずっと変わらないビジョンだったんですね。逆に、この10年で、変わったことはなにかありますか?

ヤンシー:プラットフォームに関しては、クリエイターたちも支援者たちも、どんどん賢くなっているというか。たとえばボードゲームのクリエイターとか、Kickstarterをどう活用するかというアイデアに関して、我々よりも賢いなと思うことがあります。彼らと話すと、Kickstarterのことをたくさん学べるんですよ(笑)。

―むしろユーザーから教えてもらう。いいですね。

ヤンシー:最初は、「自分はなんでもわかってる」と思ってしまっていたんですけど、「自分はなにも知らなかったんだ」って常々思わされますね。自分がどれだけ無知かということを知れば知るほど、自分はどんどんよくなれるんだと思います。

Page 1
次へ

ウェブサイト情報

『Kickstarter』

「Kickstarter」とは、世界最大のクリエイティブなプロジェクトのためのファンディングプラットフォーム。クリエイターがプロジェクトを世界に向けて公開し、220以上の国や地域からなる、幅広いグローバルネットワークからの支援を募ることができます。これまで世界1300万人以上の支援者がおり、合計32億米ドルを超える資金が集まっています。日本版立ち上げ前で、すでに日本のクリエイターが立ち上げたプロジェクトだけでも合計3000万米ドルのファンディングが成立しています。

プロフィール

ヤンシー・ストリックラー

Kickstarter共同創業者兼CEO。CEO就任前にKickstarterでコミュニティー責任者およびコミュニケーション責任者を務める。以前は音楽ジャーナリストとして活動していた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ