特集 PR

NIHA-Cが明かす、2年の葛藤を経て辿り着いた「自分らしさ」

NIHA-Cが明かす、2年の葛藤を経て辿り着いた「自分らしさ」

NIHA-C『アリバイ』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:永峰拓也 編集:久野剛士、矢島由佳子
2017/11/06

電波少女の楽曲にも参加しているラッパー、NIHA-C(ニハシー)が、約2年ぶりとなる2ndアルバム『アリバイ』をリリースする。自身のオリジナル作品をリリースすることができなかった2年間のアリバイを証明する本作。トラップやトロピカルハウスなどを昇華した多彩かつキャッチーなトラック群の上で綴られるNIHA-Cのリリックは、どこまでも素直で、真摯だ。そして、その言葉たちの多くは、他者へとむけられた優しい眼差しと共に歌われる。

空白の2年間に何があったのか? 今作にも参加する電波少女やJinmenusagiといった盟友たちとの関係とは? そして、NIHA-Cにとってヒップホップとはなんなのか? それらの問いについて、じっくりと語ってもらった。

「自分が自分である」ということは、何物にも代えられないこと。

―新作『アリバイ』は、1曲目の“It's Going Down”からいまの日本のヒップホップシーンに対するNIHA-Cさんの思いの丈をぶちまけていますね。

NIHA-C:そうですね。ヒップホップシーンに対して、いろいろ思うことはあって。「みんなが夢中になっているものって、そんなに素敵なものなのかな?」と思うんですよ。でも、それをアルバム全部使って言ってもしょうがないので、言いたいことは、1曲にガツっとまとめて最初に持ってきました。攻撃的なことはそこで言い切ってしまおう、と。

NIHA-C
NIHA-C

―このリリックは本当に攻撃的ですよね。<US被れの連中もくっせえ音楽で“REAL”って笑わせる てかぶっちゃけバトルでピーチクパーチク騒いでる奴も同じ>っていう。

NIHA-C:MCバトルって、俺もやっていたし好きなんですけど、いま、流行っているバトルはスポーツ過ぎるというか。ストリートダンスのコンテストと、フィギュアスケートのコンテストとは違うじゃないですか? 最近のMCバトルは、フィギュアスケートみたいに点数を競っている気がして。

そんなことより、自分らしくあればそれでいい。それが「本物」だと思う。同じ点数を目指して競ったところでそれはヒップホップではないし、音楽じゃないと俺は思っちゃいますね。

―NIHA-Cさんがヒップホップに求めるものは、あくまでも「自分らしくあること」であると。

NIHA-C:そうです。「自分が自分である」ということは、何物にも代えられないことで。それ以上に価値があることなんて、ないと思います。他の誰かになろうとしなくていいですよ。俺自身、そう思えるようになったのは最近ですけどね。

NIHA-C

―NIHA-Cさんは何故、そう思えるようになったんですか?

NIHA-C:歳を取ったからじゃないですか?(笑)

―NIHA-Cさん、まだ27歳でしょう(笑)。

NIHA-C:そうですけど、10代の頃は、俺も「このブランドの服を着ていればカッコいいんだ」なんて思っていましたから。でも、自分だからこそ似合う服や、言える言葉、描けない人生のコースがある。そういうものを大切にしたいと、思えるようになりました。

―今作のリリックからは、「ラッパー」という当たり前じゃない人生を歩むことに対する、NIHA-Cさんの覚悟や誇りをすごく感じるんですよね。そもそも、NIHA-Cさんはラップのどこに魅了されたんですか?

NIHA-C:ラップだったら、自分の考えていることを直で表現できる。それがデカかった。ただ、昔は自分のために曲を作っていることが多くて……「俺はすごくて、カッコいい! お前はダサい、邪魔だ!」みたいな。「ヒップホップってそういうもの」と思っていたんですよ。ヒップホップは「悪そう」な音楽で、そこに対する憧れが大きかった。

Page 1
次へ

リリース情報

NIHA-C『アリバイ』
NIHA-C
『アリバイ』(CD)

2017年11月15日(水)発売
価格:2,700円(税込)
RCSP-0085

1.It's Going Down
2.リーダー
3.モナリザ feat. ハシシ from 電波少女
4.夜光虫
5.Touch The Sky
6.Goodbye
7.Take My Hand
8.ABCDEFG
9.Boyfirend Don't Like Me
10.トモダチ feat. Jinmenusagi
11.目を閉じれば
12.Nothing

イベント情報

NIHA-C 2nd Full Album『アリバイ』Release Party

2017年11月23日(木・祝)
会場:東京都 Shibuya Milkyway
出演:
NIHA-C
電波少女
Jinmenusagi
料金:前売2,500円 当日3,000円(共にドリンク別)

NIHA-C『アリバイ』インストアイベント@TOWER RECORDS池袋店

2017年11月17日(金)
会場:東京都 TOWER RECORDS池袋店6階イベントスペース

プロフィール

NIHA-C(にはしー)

浜松出身のラッパー、2015年にSKY-HI主宰レーベルBULLMOOSEより1st Album「BRIGHT LIGHT」をリリース。SKY-HIは「Rapperとして成功するための全ての要素を持っている状態で、シーンのキャリアを始めることができる漢」と評している。更に電波少女のフィーチャリングラッパーとして、「MO feat.NIHA-C」「COMPLEX REMIX feat.Jinmenusagi, NIHA-C」といった電波少女の代表曲にも参加し、活動の幅と広げている。2017年6月26日にJinmenusagiをフィーチャリングラッパーとして招いた第1弾配信限定シングル「トモダチ feat.Jinmenusagi」をリリース。6月26日付iTunes Storeヒップホップ/ラップシングルチャート5位を記録し、8月10日には第2弾配信限定シングルとして電波少女のハシシをフィーチャリングラッパーに迎えた「モナリザ feat.ハシシ from 電波少女」をリリース。8月10日付iTunes Storeヒップホップ/ラップシングルチャート2位を記録し満を持して2ndアルバムをリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い