特集 PR

桐嶋ノドカの告白。歌う意味を見失った「空白の2年」とその胸中

桐嶋ノドカの告白。歌う意味を見失った「空白の2年」とその胸中

桐嶋ノドカ『言葉にしたくてできない言葉を』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

人になにかを伝えたいのに、言葉にすればするほど嘘っぽくなってしまう……そんな経験をしたことがある人は多いだろう。自分の体の内側にある「本当」を、どうして、全部まるっと相手に伝えることができないのだろう?――そんな想いにヤキモキしたことが、きっと、あなたにもあるだろう。そんなとき、私はいつだって、歌を歌ったり踊ったりできる人のことを、うらやましい、と思ってしまう。だって彼らは、その体ごと全部を使って、「本当」を表現できるから。

シンガーソングライター・桐嶋ノドカから、約2年ぶりの音源『言葉にしたくてできない言葉を』が届いた。大学在学中、Mr.Childrenなどを手がける小林武史と出会ったことをきっかけに、プロのシンガーとしてのキャリアをスタートさせた桐嶋。決して短くはない空白期間を経てリリースされる本作には、小林に加え、ryo(supercell)も共同プデューサーとして名を連ねている。

小林武史とryoという、世代を超えた名プロデューサーの産み出す音世界のなかで響き渡る歌とは、一体どんな歌なのか?――そんな問いに対する桐嶋の最初の答えともいえる今回のシングル。その歌声からは、彼女の内側にある「本当」が、まるっと全部伝わってくるようだ。

いつの間にか「曲を書く」ということに、すごく体力を使うようになってしまっていた。

―小林武史さんとryo(supercell)さんという二人のプロデューサーとタッグを組んだプロジェクトがスタートしましたが、シングルを1枚完成させてみて、実感はいかがですか?

桐嶋:ひと言で言うと、「楽しいことになっているな!」という感じです。これまで、ずっと「シンガーソングライター」としてひとりで曲を作ってきたんですけど、「シンガー」として、他の誰かと密に関わりながら制作をしたのは、今回が初めてで。「自分で曲を作らなくちゃいけない」っていうことに縛られずに歌が歌えることは、すごく解き放たれた感覚がありました。「やっぱり面白かったな、音楽!」って実感しています。

桐嶋ノドカ
桐嶋ノドカ

―「解き放たれる」と言えるくらい、それまでご自身を縛ってきたものが強かった、ということでもありますよね。

桐嶋:そうですね……もともと私、中学生の頃に部活で聖歌隊に入ったことが歌を歌いはじめたきっかけで。曲作りをはじめたのは、「もっと自由に自分の気持ちを歌えるようになりたいな」と思ったからなんですけど、プロになって今度は逆に「自分で歌う歌は自分で書かなきゃいけないんだな」という感覚が芽生えてしまって。

桐嶋ノドカ

―その感覚が、桐嶋さんを苦しめてしまったんですね。

桐嶋:それに、職業である以上、歌でなにかを成し遂げなければいけないんじゃないか? 誰かに向って歌わなくちゃいけないんじゃないか? そういうことも、考え込むようになってしまって。もちろん、それは当たり前のことではあるんですけど……。

作詞・作曲:ryo (supercell) / 編曲:小林武史、ryo (supercell)

私にとって「歌」って、その喜びだけあれば何十年でも生きていけるような、栄養みたいなもので。

―実際、前回のリリースが2015年11月なので、約2年間、桐嶋さんは新曲を発表していなかったんですよね。この2年間は、桐嶋さんにとってどんな期間でしたか?

桐嶋:初めて、「歌いたくない」と思った期間でした。2016年の終わり頃は、「歌を職業にするのは間違っていたのかな」とすら思ってしまっていて……。そのぐらい、なにかの目的のために歌うっていうことが、私には難しくて、苦しいことだったんだと思います。

桐嶋ノドカ

桐嶋:私、中学校に入って歌いはじめたとき、「生きる意味を発見しちゃった!」くらいの感覚があったんですよ。初めて合唱部に見学に行って、みんなと輪になって歌ったときに、「やったー! 人生、優勝したー!」って(笑)。

―そう思えるものを人生のなかで見つけられるのは、本当に幸せなことですよね。

桐嶋:はい、そう思います。あの瞬間は今でも鮮烈に覚えているし、それまでの人生のなかで一番嬉しかった。それ以来、私にとって「歌」って、その喜びだけあれば何十年でも生きていけるような、栄養みたいなものなんです。

だからこそ、デビューして「歌を歌いたくない」って思ってしまったことが、自分でもすごく残念でした。それは私にとって、「生きる意味がわからなくなってしまった」ということでもあったので。

Page 1
次へ

リリース情報

桐嶋ノドカ
『言葉にしたくてできない言葉を』TYPE-A
桐嶋ノドカ
『言葉にしたくてできない言葉を』TYPE-A(CD+Blu-ray)

2017年11月22日(水)発売
価格:1,944円(税込)
KIZM-509/10

[CD]
1. 言葉にしたくてできない言葉を
2. 夜を歩いて
3. How do you feel about me ?
[Blu-ray]
・『「言葉にしたくてできない言葉を」Music Video』
・『「言葉にしたくてできない言葉を」Making of Music Video』
・『桐嶋ノドカ×爪先の宇宙 Collaboration Movie「言葉にしたくてできない言葉を」「夜を歩いて」「How do you feel about me ?」』

桐嶋ノドカ『言葉にしたくてできない言葉を』TYPE-B
桐嶋ノドカ
『言葉にしたくてできない言葉を』TYPE-B(CD)

2017年11月22日(水)発売
価格:1,296円(税込)
KICM-1816

1. 言葉にしたくてできない言葉を
2. 夜を歩いて
3. How do you feel about me ?
4. 言葉にしたくてできない言葉を -桐嶋ノドカ×小林武史 Studio Session-

プロフィール

桐嶋ノドカ
桐嶋ノドカ(きりしま のどか)

1991年5月5日生まれ。横浜出身。2012年夏、デモ音源を音楽プロデューサー・小林武史へ送ったことがきっかけとなり、同氏のスタジオに通い始める。曲作りを続けながらライブハウスへ出演し始めると、音楽配信サイト「OTOTOY」が真っ先に彼女の才能に注目。2015年7月、3年という時間をかけて満を持してミニアルバム『round voice』でA-sketchよりメジャーデビュー。デビュー作には椎名林檎や東京事変などの楽曲を多数手がけてきた井上うに氏がレコーディングエンジニアとして全曲参加。彼女に対し「一耳惚れなどほとんどしないのだが、桐嶋ノドカの声にやられた。」と、圧倒的な歌声を絶賛している。2016年3月には初となるワンマンライブツアーを東名阪で開催し、全国各地からファンが集まり成功を収める。2017年11月、シングル『言葉にしたくてできない言葉を』をリリース。生命力溢れる力強さと聖母のような優しさを併せ持った唯一無二の歌声は、人の心にダイレクトに訴えかける。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲