特集 PR

自流の貫き方 ハービー・山口×渡辺俊美×Keishi Tanaka鼎談

自流の貫き方 ハービー・山口×渡辺俊美×Keishi Tanaka鼎談

avex
インタビュー・テキスト・撮影
池谷修一
編集:久野剛士 撮影協力:COBBLER NEXT DOOR

自分を偽らずに、作り続ける。それは、アーティストにとって、最も大切で、最も困難なことかもしれない。音楽、写真、文章と、多彩なフィールドで活躍する世代の異なる三人が集まり、それぞれの創作に対する姿勢を語り合った。

集まったのは、ベストセラー書籍の作家でも知られる、年末恒例のライブを控えた、TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美と、近頃はビックバンド編成から弾き語りまで、さまざまな活動で自分を表現し続けているミュージシャンKeishi Tanaka。そして福山雅治やジョー・ストラマーら、国内外のミュージシャンの肖像でも知られる写真家のハービー・山口。表現の世界で生きる者たちが見つめる、これからの生き方、創作活動とは?

人のため……。それを漢字で表すと「偽」って字になるんですけど……。(渡辺)

—まず2017年のトピックを振り返りながらのお話を。Keishiさんは地元北海道での小さなフェスがとても印象深かったとか。

Keishi:『宇宙の森フェス』のことですね。今年はアルバムのリリースツアーもあったし、37本の弾き語りツアーもやって、印象深いライブがたくさんありましたが、生まれた町で歌うというのは特別ですね。今年で2回目でした。

ハービー:大樹町には泊まったことがあります。素敵なところですよね。長男次男が中学生ぐらいまでは北海道旅行を毎夏していましたから。

左から:渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)、ハービー・山口、Keishi Tanaka
左から:渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)、ハービー・山口、Keishi Tanaka

Keishi:本当ですか! ラーメン屋が三軒、焼肉屋が一軒、みたいな小さな町なんですが、まさかそこで音楽フェスが始まるとは思わなかったから本当に嬉しかったですね。

きっかけは20代半ばの地元の女の子が「音楽フェスをやりたい」と連絡をくれたことで、若者のグループが実行委員会をやっているのがいいな思いました。それでアーティストのブッキングを協力したんですが、1年目はカジヒデキさんや荒井岳史さんが来てくれて、今年は曽我部恵一さんやbonobosの蔡さんも来てくれました。参加者が「すごくいいフェスだね」って言ってくれるのが嬉しかったです。

ハービー:なるほど。そういった活動を通じて、Keishiさんが人に伝えたいことはあるんですか?

Keishi: 20代の頃は流行りを意識することも必要だと思うのですが、歳を重ねると、そうじゃない部分で自分が何をしたいか、実際に何をしてるかということがどんどん重要になってくると感じてます。好きなことを続けるためにどうしたらいいか。挑戦し続けることで伝えられることがあると思っていて。いまは自分のために音楽をやっているけれど、それが人のためになるならば最高だなって。

ハービー:俊美さんは、人々に何を伝えるために音楽をやっています?

渡辺:人のため…。それを漢字で表すと「偽」(人為)って字になるんですけど…。

ハービー:ほー、それは深い。

渡辺:ええ。でも、それって本当の偽りなのか? 人のための活動は自分のためなのか? その葛藤が3月11日の東日本大震災までずっと心の中にありました。でも、震災以降、「人のため」なんて思わなくても行動に移しちゃっている自分がいて。

それまでいろんな情報を気にしていたけれど、それがなくなり、ギターや歌の上手さもどうでもよくなった。「どうやったら伝わるか」だけ考えるようになりました。

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)
渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)

—福島県出身のメンバー(松田晋二、箭内道彦、山口隆、渡辺俊美)で構成された猪苗代湖ズでは、9月に福島の猪苗代湖で初ワンマンがありました。

渡辺:はい、1年前から準備しました。普段バラバラのメンバーが、ワンマンはたくさんの人を集めようと考えて、Twitterでの会話をぜんぶ福島弁でやったんですよ。そしたら、その輪に人がどんどん入ってきました。やっぱりバンドの仲がいいと人は集まるんだってまざまざとわかりましたね。

—バンドの活動も震災の前からだから、もう長いですね。

渡辺:7年になりますね。でも普段は会っていないし、これまでも四人で探り探りやってきました。だから僕らは活発な活動もしない代わりに、解散もしないかもしれない。そういうあり方も一つの形だなって。

Page 1
次へ

リリース情報

ハービー山口
『良い写真とは?撮る人が心に刻む108のことば』
『良い写真とは?撮る人が心に刻む108のことば』

2017年3月31日(金)発売
著者:ハービー・山口
価格:1,728円(税込)
発行:スペースシャワーネットワーク

ハービー山口
『Timeless in Luxembourg 1999-2017』
『Timeless in Luxembourg 1999-2017』

2017年12月6日(水)発売
著者:ハービー・山口
価格:3,780円(税込)
発行:SUPER LABO

渡辺俊美
『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』
『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』

2016年2月12日(火)発売
著者:渡辺俊美
価格:1,620円(税込)
発行:マガジンハウス

Keishi Tanaka
『真夜中の魚』
『真夜中の魚』

2017年4月14日(木)発売
著者:Keishi Tanaka
価格:2,000円(税込)
発売:シンコーミュージックエンタテイメント

イベント情報

TOKYO No.1 SOUL SET『IN THE ROOM』

2017年12月29日(金)
会場:東京都 恵比寿LIQUIDROOM

『YY NEW YEAR PARTY -ワイワイニューイヤーパーティー-』

2018年1月13日(土)
会場:東京都 新宿LOFT
出演:
bonobos
Keishi Tanaka
Nabowa

  • 詳細はこちら
  • Keishi Tanaka presents ROOMS

    2018年1月21日(日)
    会場:東京都 原宿 VACANT -ONE MAN-

    FRONTIER BACKYARD × KEISHI TANAKA

    2018年2月18日(日)
    会場:東京都 新代田 FEVER
    ライブ:
    FRONTIER BACKYARD
    Keishi Tanaka
    DJ:
    TGMX
    TDC
    Keishi Tanaka

    プロフィール

    ハービー・山口(はーびー・やまぐち)

    1950年東京生まれ。東京経済大学経済学部卒。長きにわたるロンドン生活を経て、アーティストとのコラボレーションから市井の人々のポートレートまで一貫した作風を見せる。エッセイ執筆、ラジオやテレビのパーソナリティーをつとめる。写真集、著作多数。近刊に『良い写真とは?撮る人が心に刻む108のことば』『TIMELESS IN LUXEMBOURG 1999-2017』など。

    渡辺俊美(わたなべ としみ)

    福島県川内村出身。TOKYO No.1 SOUL SETのVo&Gtであり、福島県人バンド「猪苗代湖ズ」でもBass担当として活動。2011年にはNHK紅白歌合戦に出場。2014年にエッセイ本「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を発表し、ベストセラーに。翌年にはNHK BSプレミアムでドラマ化。さらにビッグコミックスよりコミック化。2016年、大根仁監督、福山雅治主演映画「SCOOP!」の主題歌を担当。さらに、東日本震災から5年。震災復興の活動で大空に飛ぶ花と復興への想いを表現したANA「東北FLOWER JET オリジナルソング」の作詞・作曲を手掛ける。2017年はフェスやイベントに出演し、11月にはKOYABU SONIC 2017に出演。年末恒例となったライブTOKYO No.1 SOUL SET presents「IN THE ROOM」が12月29日(金)恵比寿LIQUIDROOMにて開催される。

    Keishi Tanaka(けいし たなか)

    北海道大樹町出身のミュージシャン、田中啓史(たなかけいし)。 大学入学と当時に東京へ上京し、学生時代の仲間と共に5人組のインディーズバンド、Riddim Saunterを結成。ヴォーカルとして2002年頃より活動し、メンバーの脱退、新メンバーの加入などを経て、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONICをはじめ、数々のフェスに出演。同時に、カジヒデキとリディムサウンター、THE DEKITSなど様々な名義でも活躍していた。そして2011年9月3日、中野サンプラザ公演をもってRiddim Saunterを解散。バンドの解散後、ソロのシンガーソングライターとしてKeishi Tanaka名義で活動をスタートし、細部にこだわりをみせる高い音楽性を持ちながら、様々なラジオ局でパワープレイに選ばれるなど、幅広い層に受け入れられる音楽であることを証明してみせた。最大10人編成で行われるバンドセットから弾き語りまで、場所や聴く人を限定しないスタイルで活動中。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    yahyel“TAO”

    音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

    1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

      漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

    2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

      『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

    3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

      後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

    4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

      高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

    5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

      勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

    6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

      Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

    7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

      『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

    8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

      『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

    9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

      堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

    10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

      「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音