特集 PR

SUMIREが女優に初挑戦 宇賀那監督と語る、規制だらけの表現世界

SUMIREが女優に初挑戦 宇賀那監督と語る、規制だらけの表現世界

『サラバ静寂』
インタビュー・テキスト
永堀アツオ
撮影:永峰拓也 編集:川浦慧 衣装協力:John's by JOHNNY、SUB-AGE.、Metaphor...

雑誌『装苑』の専属モデルを務めるSUMIREが、宇賀那健一監督の映画『サラバ静寂』で女優デビューを果たした。本作は、音楽や映画、小説などの娯楽が一切禁止された日本が舞台の、アナーキーな「青春ノイズ映画」となっている。ミュージシャンであり、映画『PiCNiC』や『スワロウテイル』でヒロインを演じたCharaと、俳優と並行してバンド活動も継続的に行なっている浅野忠信の長女として生まれ育ったSUMIREは、「陰で音楽を楽しむ者はまともじゃない」と言われ、徹底的に排除されてしまう世界をどう感じたのか。前作『黒い暴動♥』(2016年)ではThe ClashやThe Who、The Doors、The Stoogesらへのリスペクトを込めていた宇賀那監督とSUMIREに、音楽とは何か? について語ってもらった。

風営法が改正になったり、年々、表現に関する規制が色々とナーバスになってきてて。(宇賀那)

—まず、音楽が禁止された世界を描こうと思った理由から聞かせてください。

宇賀那:僕自身、音楽が好きっていうのが大きいところではあります。僕の周りにも音楽や映画をやっている人は多いですけど、「なんのためにやっているか?」と言ったら、「やりたいからやってる」っていうことだと思うんです。なくても死ぬわけではないし、無駄なものかもしれない。それでも音楽をやっているっていうのは、すごく人間的で美しいなと思って。

そんな中、年々、表現に関する規制が色々とナーバスになってきてて。数ある表現の中でも、音楽って一番禁止されやすいと思うんですよ。ライブハウスやクラブという場所にネガティブなイメージを持ってる人もいますし。だから、音楽に対する規制と、どうしても音楽をやらないといけない人たちを描けたらなと思って、制作がスタートしました。

宇賀那健一監督
宇賀那健一監督

—音楽や映画、アートに溢れた家庭環境で育ったであろうSUMIREさんを起用したのは?

宇賀那:音楽がない世界とはいえ、SUMIREちゃんが演じるヒカリは父親も音楽が好きで、あの世界では考えられないくらい、カルチャーに触れていた人物だと思うんですよね。その説得力みたいなものは、SUMIREちゃんだからこそ出せるものだと思いました。

SUMIRE:そうですね。自分で言うのもあれですけど……両親が両親なので、そういうものにはたくさん触れて育ってきていると思います。母親の方が一緒にいる時間が多いんですけど、家にいろんなCDとか楽器があったりするので、音を聴いたり、音楽を知る機会は、確かにほかの人よりは多いと思いますね。

SUMIRE
SUMIRE

—SUMIREさんは、現時点ではSFともいえるこの設定をどう感じました?

SUMIRE:今って、音楽は欲しい時にすぐに手に入るじゃないですか。お金を払わなくても、YouTubeを使えば無料で曲を聴いたり、MVを見たりできる。それが当たり前の時代だから、今の私じゃ『サラバ静寂』の世界で生きていくのは無理だなと思いますね。いつでも、どこにいても聴けることに慣れちゃってるから、どうしても音が欲しいって思ってしまいます。

そういう意味では、この映画を見ることで、やっぱり音楽ってすごいんだなって。音楽の有り難みを感じて、音楽に対する作り手のガッツとか熱さが、もっとたくさんの人に伝わればと思いました。

映画『サラバ静寂』場面写真 ©『サラバ静寂』製作委員会
映画『サラバ静寂』場面写真 ©『サラバ静寂』製作委員会(サイトを見る

映画『サラバ静寂』場面写真 ©『サラバ静寂』製作委員会
映画『サラバ静寂』場面写真 ©『サラバ静寂』製作委員会(サイトを見る

—劇中では「闇ライブ」として開催されているイベント『サノバノイズ』に行くのを夢見る若者が描かれていますが、現代の日本では飽和状態というくらい、音楽フェスやイベントが溢れています。

宇賀那:音楽フェスが増えてきた理由も、音楽が無料で手に入るからだと思うんですよね。音楽をどこで聴くかってなると、ワンマンライブとかよりも気軽に行けて、いろんな音楽が楽しめるフェスやイベントになるんだろうと。

ただ、そのあり方っていうのは常に変容していて。極論だけど、一歩間違えば、この映画のように音楽が規制された世界がきてもおかしくないと思うんですよね。それがいいのか悪いのかは別ですけど、ちょっと前までは火炎放射器をライブでぶっ放すバンドとかもいたわけじゃないですか。そういうことがどんどん出来なくてなっているし、ドラマや映画、お笑いの表現もどんどん規制されるようになってる。たとえ、それが冗談だとしても、コンプライアンスに引っかかってできないこともありますし。表現の幅は、どんどん窮屈になってきていると思います。

左から:SUMIRE、宇賀那健一監督

—イベンターさんによっては、ライブでのモッシュ、ダイブ、サークルを禁止してるところもありますね。

宇賀那:結構多いですよね。だから、劇中のライブハウスのシーンでは、どうしてもダイブさせたくて。僕、そのシーンで走って行って、主人公のミズトを無理やり持ち上げてダイブさせてるんです。だから、自分が映っちゃっていて(笑)。

もちろん、危ないからダメだっていうのはわかるんですけどね。だけど、本来なら規制されがちなそういう部分も、作品の中で描きたいなと思って。

SUMIRE:私はああいう激しいライブに行ったことがないので、撮影中に見ていて羨ましいなと思いました。ライブのシーンは本当にライブに行ってるようで素直に楽しかったです。

Page 1
次へ

イベント情報

『サラバ静寂』

2018年1月27日(土)から渋谷ユーロスペース 他、順次全国公開予定
監督:宇賀那健一
出演:
吉村界人
SUMIRE
若葉竜也
森本のぶ
斎藤工
仲野茂(特別出演)
大貫憲章(特別出演)
灰野敬二
ASSFORT
GOMESS
切腹ピストルズ

プロフィール

宇賀那健一(うがな けんいち)

1984年4月20日生まれ。青山学院経営学部出身。ブレス・チャベス出身の映画監督/脚本家/俳優。俳優としてTV CM『メントスレインボー』シリーズ、映画『着信アリfinal』、ドラマ『龍馬伝』などに出演。初監督した映画『発狂』がアメリカを中心に数々の国際映画祭に入選。続けて監督した三作品がカンヌ国際映画祭ショートフィルムコーナーに入選。『ゆうばり国際映画祭2011』では「宇賀那健一監督特集上映」が行われた。ガングロギャル映画『黒い暴動♥』が2016年に公開された。

SUMIRE(すみれ)

1995年東京生まれ。ミュージシャンの母、Charaと俳優の父、浅野忠信の長女としてアートや音楽に自然と触れ合う環境で育ち、モデルの仕事を始める。2013年11月にCharaのMVに出演し注目を集め、2014年4月より雑誌『装苑』専属モデルに。身長165㎝、北欧由来のブルーにもハシバミ色にも見える瞳に、アジアの血を感じさせる顔立ちのコンビネーションが持ち味。2018年公開の宇賀那健一監督映画『サラバ静寂』でヒロイン役を演じ、映画デビューが決定している。今後はファッションを中心に、役者まで幅を広げながら活動予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場