特集 PR

バンドマン×ラッパーが考える、ロックとヒップホップの日米格差

バンドマン×ラッパーが考える、ロックとヒップホップの日米格差

kobore『アフレル』、SILYUS『Youth 911』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

今年で5周年を迎えた『ビクターロック祭り』が、3月17日に幕張メッセ国際展示場で開催される。Dragon Ashやサンボマスターといった大物アクトも多数出演するなか、本イベントへの出演を賭けたオーディション『ワン!チャン!!2017』でグランプリを獲得し、2年連続の出演を果たすのが、府中発のロックバンド・koboreと20歳のラッパー・SILYUS。彼らはそれぞれ3月に新作をリリースすることも決定している。

近年のラップブームを反映してか、今年の『ビクターロック祭り』にはRHYMESTERやKICK THE CAN CREW、ぼくのりりっくのぼうよみらヒップホップアクトも出演。シーンの枠組みを超えた盛り上がりが感じられるものの、ヒップホップがメインストリームを形成している現在のアメリカと比較すれば、日本は未だにロックバンドが根強い人気を誇っている。果たして、この日米におけるギャップの背景にあるものとは何なのか? koboreの佐藤赳(Gt,Vo)とSILYUSの対話から、その一端が垣間見えたように思う。

高校生のときに引きこもっていた時期があったんです。そのときはずっと音楽を聴いてて。(SILYUS)

―今日はバンドマンとラッパーという異種格闘技的な対談ですが、まずはそれぞれが表現手段としてバンド / ラップを選んだ理由から話してもらえますか?

佐藤:バンドで表現してる人をかっこいいと思ったからですかね。それ以上の理由はないんですけど、高校生のときからライブハウスにずっといたので、憧れがあったというか。

佐藤赳(kobore)
佐藤赳(kobore)

―楽器を手にするようになったきっかけは?

佐藤:中学生でBUMP OF CHICKENとかを聴きはじめたくらいのときに、親父から誕生日プレゼントでギターをもらったんです。親父が音楽好きで、ピアノとか和太鼓とか、いろいろやらされてたんですけど、一番ハマったのがギターでした。

高校を卒業してから弾き語りでの活動をはじめたんですけど、ライブハウスに出演するようになっていろんなバンドを観る機会が増えると、バンドでやりたい気持ちがどんどん高まっていって。そこからメンバーを集めて、koboreを結成するに至るって感じです。

kobore『アケユク ヨル 二』(2017年)収録曲

―SILYUSくんがラップをはじめたきっかけは?

SILYUS:実は僕、ラップの前にギターをやってたんですよ。中1くらいでONE OK ROCKに憧れてギターをはじめたんですけど、めっちゃ不器用なので全然弾けなくて(笑)。

ラップをはじめたのは、ヒップホップにハマってる幼馴染がいたのがきっかけで、あるとき聴かせてもらったBlack Eyed Peasの曲がめっちゃかっこよかったんです。それから友達と、YouTubeとかSoundCloudにあるフリーのトラックに乗せて即興でラップをやるようになって。フリースタイルの動画を撮って、自分たちで見て自己満するっていうことをやってました(笑)。

―そこからSILYUSとして曲を作るようになったのは?

SILYUS:高校生のときに引きこもっていた時期があったんです。そのときはずっと音楽を聴いてて。当時聴いてたのは海外のものばっかりだったんですけど、SALUさんを初めて聴いたとき、日本にもこんなかっこいい人がいるんだったら、自分も日本でやってみたいって思ったんです。前から曲は書いてたんですけど、そこからトラックも作るようになったり、さらに曲作りに没頭するようになりました。

SILYUS
SILYUS

―佐藤くんはヒップホップに対する興味はどうですか?

佐藤:聴きますよ。めっちゃ詳しいわけじゃないですけど、最近はサイファー(複数人が輪になって即興でラップをすること)とかも流行ってるし、いろいろ聴いてみるようになりました。もともとポエトリーリーディングが好きで、不可思議/wonderboyとかはずっと聴いてましたね。

Page 1
次へ

リリース情報

kobore『アフレル』
kobore
『アフレル』(CD)

2018年3月7日(水)発売
価格:1,080円(税込)
EGGS-0278

1. 君にとって
2. 僕の全部
3. 声

SILYUS『Youth 911』
SILYUS
『Youth 911』(CD)

2018年3月7日(水)発売
価格:1,296円(税込)
EGGS-027

1. 微光
2. Monaural
3. The Words
4. Outta Ur Pool

イベント情報

『ビクターロック祭り2018』

2018年3月17日(土)
会場:千葉県 幕張メッセ国際展示場9~11
出演:
雨のパレード
ORANGE RANGE
KICK THE CAN CREW
GRAPEVINE
サンボマスター
四星球
SOIL&”PIMP”SESSIONS
竹原ピストル
DJダイノジ
Dragon Ash
never young beach
ぼくのりりっくのぼうよみ
Yogee New Waves
吉田凜音
RHYMESTER
レキシ
ROTTENGRAFFTY
料金:前売8,990円 当日9,490円

プロフィール

kobore
kobore(こぼれ)

東京府中発、ギターロックバンド。2015年に結成後地元のライブハウスを中心に活動をはじめる。2016年に発表した初の音源となる会場限定『ヨルノカタスミ』は間も無く廃番になる勢いで現在までに2,000枚近く売り上げる。2017年Eggs主催の『ワン!チャン!! オーディション』でグランプリを獲得後、『ビクターロック祭り2017』に出演するなど話題を集める中、同年9月に初の全国流通盤となるミニアルバム『アケユク ヨル ニ』をリリースした。2018年3月7日に初のシングルとなる『アフレル』のリリースが決定。また昨年に引き続き『ビクターロック祭り2018』への参加も決定するなどライブへの評価、期待値共に高く、同世代のみならず周りを巻き込むライブの成長速度は目を見張るものがあり「今」見ておくべきバンドの一つである。

SILYUS
SILYUS(しりうす)

1997年生まれ、兵庫県在住のアーティスト。小学生の頃、友人の影響でBlack Eyed PeasやNujabes等を聴き始めたのがきっかけで本格的にヒップホップ / R&Bを聴くようになる。Drake、The Weeknd、PARTYNEXTDOOR、6LAC、Syd tha Kydのような近代アメリカのヒップホップ / R&Bプロデューサーや、韓国ヒップホップ / R&BアーティストのDEAN、Jay Parkから特に色濃く影響を受けている。中学生の頃からラップと作詞をスタート、友人との フリースタイルラップや、既存のトラックを引用してラップをのせる制作活動を経て、現在はトラックメイキングも自身で行う。色気のある憂いに満ちたラップ、メロディーが強烈な印象を残す。高校時代、対人関係等に悩み、次第に不登校となり、引きこもり、うつ病と診断される。自分の気持ちを唯一表現できる心の拠り所としていた音楽により一層のめりこむようになり、大量の歌詞を書き貯め本格的にソングライティングをスタートさせる。その後、引きこもり、うつ病からは脱却。過去に経験した生きづらさ、そして痛みを抱えた心の奥底から滲み出る想いがリアリティーを持つ内省的なリリックを生み出し、孤独さを帯びた独特の世界観を創り出している。2017年、ビクターエンタテインメント主催のロックフェス『ビクターロック祭り 2017』の出演権をかけたオーディション『ワン!チャン!! ~ビクターロック祭り 2017 への挑戦~』でグランプリに選出される。同年5月には群馬県桐生市を舞台とした映画『リクエスト・コンフュージョン』にMVやライブ映像を観た監督から直々のオファーを受け出演。演技にも挑戦している。2018年3月、待望の1st EP『Youth 911』を発売予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現