特集 PR

Taiko Super Kicksが鳴らす、閉塞した世界への静かなる反抗

Taiko Super Kicksが鳴らす、閉塞した世界への静かなる反抗

Taiko Super Kicks『Fragment』
インタビュー
北沢夏音
インタビュー・テキスト:天野史彬 撮影:馬込将充 編集:山元翔一

去る1月20日、渋谷WWWのステージ上で、Taiko Super Kicksの伊藤暁里(Vo,Gt)は繰り返し、こう言った――「アティチュードが大事だと思うんです」。そして、その言葉を証明するかのように、Taiko Super Kicksの2年ぶりとなるフルアルバム『Fragment』は、日本という島国に生きる四人の若者の、「いま」に対するアティチュードが明確に刻まれた傑作に仕上がった。

「Fragment」、つまり「断片」。彼らは、自分たちが常になにかの「断片」であることを知ろうとする。そして、「ここから歩き出すしかない」と、限りなく確信に近い予感を抱いている。聡明な若者は、悟りを開くのと同時に、産声を上げてみせるのだ。

今回、本作を掘り下げるためにライター・編集者の北沢夏音を迎えたインタビューを実施。去年、サニーデイ・サービスとの共著『青春狂走曲』を刊行したことも記憶に新しい北沢の目に、Taiko Super Kicksという若き才能は、どのように映ったのだろうか? バンドからは、伊藤とこばやしのぞみ(Dr)が参加。約2時間にわたる対話は、じっくりと、しかし確実に、核心へと近づいていった。

みんながアゲアゲで盛り上がるような空間って、私たちには合わないなって思っていて。(こばやし)

北沢:まず、この間『オープニング・ナイト』(1月20日に渋谷WWWで行われた、Taiko Super Kicksの主催イベント)に行かせていただいたので、その感想から伝えられたらなと思うんですけど。対バン相手だったyumboにしろ、mei eharaさんにしろ、Taiko Super Kicks(以下、タイコ)と親和性が高くて、すごくいいイベントでした。三者ともステージマナーに共通するものがある。佇まいは一見穏やかだけど、エネルギーが静かに渦巻くようなテンションを感じる。でもユーモラスなところもあるのがいいんだよね。この2組を呼んだのは、どうしてですか?

こばやし(Dr):会場がいっぱいになって、みんながアゲアゲで盛り上がるような空間って、私たちには合わないなって思っていて。なので、一緒にやる人たちも、誠実な感じの人を呼びたいよねっていう話をしていたんです。もちろん、アゲアゲで誠実な人もいると思うんですけど(笑)。

北沢:うん、いるだろうね(笑)。

こばやし:私たちは一歩一歩着実に、じわじわと熱を帯びていくような空間を作りたいなと思って、この2組に声をかけました。

左から:北沢夏音、こばやしのぞみ、伊藤暁里
左から:北沢夏音、こばやしのぞみ、伊藤暁里

当時、may.e名義で活動していたmei eharaがサポートとして参加したライブ映像

北沢:たとえば、シャムキャッツも『EASY』っていう自主イベントをすごく大事にしているけど、タイコも、自主イベントを大切にしている印象がありますね。単なる通過点としてではなく、イベント一つひとつがキャリアの置き石になっていくような組み方をしているなって思う。

単なる対バンではない、新しいなにかが生まれる場づくりを試みているでしょう? 自分たちの価値観を提示するうえで自主イベントの重要性は今後ますます高まっていくはず。恐らく、『オープニング・ナイト』というタイトルは、ジョン・カサヴェテスの映画から来ているんだろうと思うんだけど――。

こばやし:そうなんです。私、カサヴェテスの映画『オープニング・ナイト』(1978年)がすごく好きで。これから新しいアルバムが出て、また新しく始まっていくっていうイメージがバンドにあったのでこのタイトルにしました。あと『オープニング・ナイト』は舞台が題材の映画だし、会場の渋谷WWWがあった場所がもともと映画館だった点もいいなと思いました。

北沢:たしかに、渋谷WWWがある場所は、もともとシネマライズっていう、『トレインスポッティング』(1996年、ダニー・ボイル監督)や『アメリ』(2001年、ジャン=ピエール・ジュネ監督)など、ミニシアター系のヒット作を多く生み出して街の文化を創った重要な場所だったからね。カサヴェテスもインディペンデントな表現者にとっての「父」といえる存在だし、タイコの自主イベントにふさわしいタイトルだなと。ちなみに、カサヴェテス以外に好きな映画監督っている?

こばやし:(伊藤)暁里さんが好きなのは、リチャード・リンクレイター(『バッド・チューニング』、『スクール・オブ・ロック』、『6才のボクが、大人になるまで』など)だよね?

伊藤(Vo,Gt):うん。でも、僕はそこまで映画は見ないんですよ。

左から:こばやしのぞみ、伊藤暁里

いまでも「詩人になりたい」って思っています。(伊藤)

北沢:そういえば、暁里くんは「詩人を目指していたことがある」ってどこかのインタビューで言っていたよね。

伊藤:いまでも「詩人になりたい」って思っています。荒川洋治さんの詩がすごく好きで、『美代子、石を投げなさい』(1994年刊行の詩集『坑夫トッチルは電気をつけた』収録)っていう宮沢賢治についての詩が特に衝撃でした。いろんな人が宮沢賢治を論じているなかで、「誰も宮沢賢治をちゃんと論じていない」っていうことを言っているんですけど……(スマホを取り出して)読みましょうか?

北沢:うん、お願いします。

伊藤:(『美代子、石を投げなさい』を朗読する)

宮沢賢治よ
知っているか
石ひとつ投げられない
偽善の牙の人々が
きみのことを
書いている
読んでいる
窓の光を締めだし 相談さえしている
きみに石ひとつ投げられない人々が
きれいな顔をして きみを語るのだ
詩人よ、
きみの没後はたしかか
横浜は寿町の焚火に いまなら濡れているきみが
いま世田谷の住宅街のすべりようもないソファーで
何も知らない母と子の眉のあいだで
いちょうのようにひらひらと軽い夢文字の涙で読まれているのを
完全な読者の豪気よ
石を投げられない人の石の星座よ

荒川洋治『美代子、石を投げなさい』より
出典元:『坑夫トッチルは電気をつけた』(彼方社)(Amazonで見る

北沢:……世間における宮沢賢治の受容のされ方があまりにもぬるくて欺瞞に充ちている現状と、賢治を利用する者や賢治作品の棘を抜いて安っぽく消費する者たち、ひいてはそれを許してしまう「宮沢賢治」そのものへの批判をも含んだ全方位の批評になってる。それもまた……というか、それが、「詩」なんだね。評論として読んでもガツンとくるけど、暁里くんはそこにポエジーを感じたんだ?

伊藤:そうなんです。「こういう詩情もあるんだ!」と思って。すごく詩の力を感じました。それまで、詩って理想論っぽいものだと思っていたんです。生活していくなかで生まれるちょっとした感情を美しく語るもの、みたいな。でも、荒川さんの詩はとても現実的なものなんですよね。そこにすごく惹かれました。

Page 1
次へ

リリース情報

Taiko Super Kicks『Fragment』
Taiko Super Kicks
『Fragment』(CD)

2018年2月7日(水)発売
価格:2,484円(税込)
TSK-001

1. たたかいの朝
2. 景色になる
3. 汗はひき
4. 遅刻
5. うわさ
6. のびていく
7. バネのように
8. 悪いこと
9. 無縁
10. フラグメント

イベント情報

『Taiko Super Kicks presents “Fragment” Release Tour』

2018年3月4日(土)
会場:台湾 台北Revolver

2018年3月17日(土)
会場:愛知県 金山ブラジルコーヒー
出演: Taiko Super Kicks
mei ehara
テト・ペッテンソン

2018年3月23日(金)
会場:福岡県 福岡UTERO
出演:
Taiko Super Kicks
よあけ
yound

2018年3月24日(土)
会場:岡山県 岡山BLUEBLUES
出演:
Taiko Super Kicks
カネコアヤノ
and more

2018年3月25日(土)
会場:京都府 京都UrBANGUILD
出演:
Taiko Super Kicks
本日休演
接近!UFOズ
ギリシャラブ

2018年3月30日(金)
会場:渋谷TSUTAYA O-nest

プロフィール

Taiko Super Kicks
Taiko Super Kicks(たいこ すーぱー きっくす)

伊藤暁里(Vo,Gt)、樺山太地(Gt)、大堀晃生(Ba,Cho)、こばやしのぞみ(Dr)により結成。東京都内を中心に活動中。2014年8月、ミニアルバム『霊感』をダウンロード・フィジカル盤ともにリリース。2015年7月、『FUJI ROCK FESTIVAL'15「ROOKIE A GO-GO」』に出演。2015年12月23日、1stアルバム『Many Shapes』をリリース。そして、2018年2月7日、最新アルバム『Fragment』をリリースする。

北沢夏音(きたざわ なつを)

1962年東京都生まれ。ライター、編集者。92年『Bar-f-out!』を創刊。著書に『Get back,SUB! あるリトル・マガジンの魂』(本の雑誌社)、共著に『次の本へ』(苦楽堂)、『冬の本』(夏葉社)、『音盤時代の音楽の本の本』(カンゼン)、『21世紀を生きのびるためのドキュメンタリー映画カタログ』(キネマ旬報社)など。ほかに『80年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)の監修、山口隆対談集『叱り叱られ』(幻冬舎)の構成、寺尾紗穂『愛し、日々』、森泉岳土『夜のほどろ』(いずれも天然文庫)の企画・編集、『人間万葉歌 阿久悠作詞集』三部作、ムッシュかまやつ『我が名はムッシュ』、やけのはら『SUNNY NEW BOX』などのブックレット編集・執筆も手がける。2017年8月、サニーデイ・サービスにとって初の単行本となる共著『青春狂走曲』(スタンド・ブックス)を上梓。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場