特集 PR

りゅうちぇるからRYUCHELLへ 弱さを強さに変えた沈黙の1年を語る

りゅうちぇるからRYUCHELLへ 弱さを強さに変えた沈黙の1年を語る

RYUCHELL『Hands up!! If you're Awesome』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:宮原朋之

初めて対面したRYUCHELLは、いつも笑顔でどこかナヨッとした、テレビ越しに見る「りゅうちぇる」像とは異なり、歌に対する想いを実直に語る熱い青年だった。

モデル / タレントとして活躍するりゅうちぇるがアーティストデビューし、RYUCHELL名義としてのはじめての曲、“Hands up!! If you're Awesome”を発表。RYUCHELLがこだわり貫いた1980~90年代的な世界観を基調に、「自分の色を取り戻そう」と訴える、ポップでカラフルなメッセージソングだ。

本作が単なる「タレントの歌手デビュー」でないことは、強調しておくべきだろう。彼自身の「自分を表現したい、伝えたい」という想いが全ての原動力であると、インタビューを読んでもらえればすぐに伝わるはず。葛藤や不安と戦った1年の準備期間を経て、念願の歌手デビューを果たした現在の心境を訊いた。

去年は歌の準備にかけた1年、「これでホントに大丈夫かな?」って思うこともあったんです。

—2月14日にRYUCHELL名義のアーティスト活動が発表されて、デビュー曲“Hands up!! If you're Awesome”の配信がスタートし、ミュージックビデオ(以下、MV)も公開されました。反響をどのように感じていますか?

RYUCHELL:デビューまでに1年間準備をしてきた中で、先が見えなくなる瞬間が多々あって、ホントにデビューできるのか、自分のイメージがちゃんと出せるか、すごく不安だったんです。なので、今回まずはデビューを報告させていただけたこと自体が嬉しかったし、ホントにかわいいMVができて、それをみんなに見てもらえたこともすごく嬉しかった。

RYUCHELL
RYUCHELL

—アーティストデビューに向けた期待の一方で、不安もかなり大きかったんですね。

RYUCHELL:去年はバラエティとかのお仕事よりも、歌の準備にかけた1年だったので、これでホントに大丈夫かなって思うこともありました。でもバラエティのお仕事を今まで通りやっていても、歌がやりたくてウズウズしちゃう感じになってたと思う。どうしても歌がやりたい、とにかくやるしかないっていう想いがあったので、ダンスもボイトレも頑張れたというか。

—バラエティ番組への出演が減って、世間からは「沈黙の1年」という見方もありましたが、歌への想いを貫いた1年だったわけですね。

RYUCHELL:そうですね。ただ、自分の中のイメージはできあがっていたんですけど、周りに向かってそれを伝えるのが難しくって、すごくパワーが必要でした。でも、最後には自分のこだわりをちゃんと伝えられたと思います。

RYUCHELL

—そこまでの歌に対する強い気持ちはどこから生まれたのでしょうか?

RYUCHELL:バラエティ番組に加えて討論番組にも出させていただくようになってから、みなさんからの反響がすごくて。「学校で自分の個性を出せずに悩んでたけど、出せるようになりました」とか、「りゅうちぇるの自分を大切にする言葉で救われた」って。純粋に自分のメッセージを伝えることで、こんなに反応があるんだってびっくりしたんです。

自分もいじめられたり、からかわれたりして、個性を隠してた時期があったんですけど、テレビに出てみんなに受け入れてもらえるようになってから、その過去を忘れちゃってたんですね。昔の自分と同じように悩んでる人が大勢いるって考えると、もっと自分がやるべきことがあるなって思ったんです。

—そのメッセージを伝えるための手段が「歌」だったんですね。

RYUCHELL:学生時代に『glee』っていうミュージカルドラマをよく見ていて、その歌を聴いてパワーをもらっていたんです。個性を大切にして、「みんながスーパースター」みたいな歌が海外はすごく多くいから、それに勇気をもらっていました。

なおかつ歌自体に、歌詞だけだと伝わらないようなパワーをものすごく感じて元気をもらえていたんですね。もっとメッセージを伝えていきたいと思ったときに、そのことを思い出して、パッと頭に浮かんだのが「歌」だったんです。

やっぱり、人の真似じゃなくて、自分のスタイルを見つけたもん勝ちかなって。

—アーティストデビューとなると、目標は誰ですか? とよく聞かれると思いますけど、RYUCHELLさんの場合はあくまで自分らしくあることが目標?

RYUCHELL:はい、学生時代から誰かの真似をすることが嫌いな子で、人と被るのは嫌でした。ぺこりんと一緒に収録に出るときも、お揃コーデは苦手で、二人で統一感を出すためにリンクコーデにするんです。

日本ではディズニーに行くとみんなでお揃コーデするけど、海外だとプロム(プロムナード。高校の学年最後に開かれるフォーマルなダンスパーティー)でドレス被ったらブチ切れるみたいな。その感覚は「わかるー」と思ってた。やっぱり、人の真似じゃなくて、自分のスタイルを見つけたもん勝ちかな。

RYUCHELL

—その考えが「自分の色を取り戻そう」というキャッチコピーにも繋がっているんですね。

RYUCHELL:昔から人と被るのは嫌いだったんですけど、そういう生き方を貫こうとすると、からかわれたり、いじめられたりする。なので、僕も中学生のときは、他人と一緒で安心って思う人だったんです。でも、偽りの自分でいるのはすごく辛かったんですよね。

中学時代はカースト制度の一番上にいないと学校がつまらないと思ってたから、自分を偽ってたんですけど、高校生から自分を表現しようと思ったら、その途端にカーストの一番上にはいられなくなった。でも、その方が中学時代よりよっぽど楽しかったんです。

RYUCHELL“Hands up!! If you're Awesome”PV撮影風景
RYUCHELL“Hands up!! If you're Awesome”PV撮影風景

—高校生でもなかなか自分を出せない子の方が多かったでしょうね。

RYUCHELL:当時やっぱり、同じようなファッションの子が多くて、なりたいものないの? って聞いても、わからないって言うんです。でも、自分のことがわからないと、自分の将来や夢もわからないし、人に何も教えられない。「わからない」って一番怖くて、そうならなかった僕はラッキーだって思ってました。

ただ、テレビに出て自分を発信するようになると、自分を出せない子が裏アカでリプしてくるようになった。みんな個性を持ってないって勝手に決めつけてたけど、ホントはみんな出したい自分があるんじゃないかって思うようになって。だからこそ、歌でメッセージを伝えることに意味があると思ったんですよね。

RYUCHELL

Page 1
次へ

リリース情報

RYUCHELL『Hands up!! If you're Awesome』
RYUCHELL
『Hands up!! If you're Awesome』

2018年2月14日(水)発売
価格:250円(税込)

1.Hands up!! If you're Awesome

プロフィール

RYUCHELL
RYUCHELL

1995年、沖縄県生まれのタレント。原宿の古着店で働く傍ら、読者モデルとして芸能活動をスタートさせる。その独特なファッションや奔放なキャラクターが話題となり、バラエティ番組やテレビCMで活躍。2018年2月14日にRYUCHELL名義で配信シングル「Hands up!! If you're Awesome」をリリースし、アーティストデビューを果たした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら