特集 PR

若葉竜也×中島歩×吉村界人 20代の若手俳優たちの歩く、役者道

若葉竜也×中島歩×吉村界人 20代の若手俳優たちの歩く、役者道

『素敵なダイナマイトスキャンダル』『モリのいる場所』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

冨永昌敬監督の『素敵なダイナマイトスキャンダル』と、沖田修一監督の『モリのいる場所』――実在の人物を描いた2本の映画が立て続けに公開される。エロ雑誌の編集者として一時代を築いた末井昭と、「画壇の仙人」という異名で知られる画家・熊谷守一。「偉人」というよりも、むしろ「異人」と言うべき個性的な人物に焦点を当てた映画が次々と生み出される背景には、果たして何があるのだろうか。そして、それらの人物のユニークな「生」が、いまの時代にもたらすものとは何なのか。

この2作品に、それぞれ役者として出演するなど、その監督や現場の内実を知る若手俳優たち……中島歩、若葉竜也、吉村界人の3人に集まってもらい、それぞれの映画が持つ意味はもちろん、それらが射程する「いま」という時代のなかで、彼らが役者として目指すものについて語り合ってもらった。

僕と界人は、『サラバ静寂』という映画を一緒にやっていて……中島さんは、今日お会いするのが初めてです。(若葉)

―3人は、それぞれ面識や交流があるのですか?

若葉:僕と(吉村)界人は、『サラバ静寂』(2018年公開、監督は宇賀那健一)という映画を一緒にやっていて、そこからプライベートでも、たまに会ったりする感じで……中島さんは、今日お会いするのが初めてですね。

中島:初めてです(笑)。

吉村:僕も初めてです。

―では、自己紹介も兼ねて、「役者になったきっかけ」から、それぞれ話してもらってもいいですか?

中島:僕は日大の芸術学部の文芸学科に通っていて、そこで落語研究会に入っていたのが大きいかもしれないです。稽古したものを人前で披露して、ウケたり滑ったりするっていうのが面白くて、就活をするときになっても、普通に会社に務めるよりも、何か面白おかしく生きられたらいいなと思っていました。

大学を出たあとは、モデルの仕事とかをやりながら小劇場の芝居とかに出ているなかで、美輪明宏さんの舞台『黒蜥蜴』(2013年。中島は主役である雨宮潤一役として出演)のオーディションを受けたら、運よく合格することができて。そこからいまに至る道が、いろいろ開けてきた感じですね。

中島歩
中島歩

若葉:僕はもともと大衆演劇をやっている家で生まれ育ったので、「役者をやろう」と思ってやりはじめたわけではないんです。むしろ小さい頃は、こんな仕事、絶対嫌だと思ってました。

小さい頃から、いろいろな作品に出させてもらってはいたんですけど、10代の頃、廣木隆一監督の『4TEEN』(2004年。WOWOWドラマ「ドラマW」で放映)に参加したのが、役者をやっていく動機としては大きかったかもしれないです。そこでいままで感じたことのない高揚感みたいなものを感じて。でも、「役者をやるぞ!」みたいなことは一度も思ったことはないです。

若葉竜也
若葉竜也

吉村:僕は、映画はもちろん、絵や音楽やファッションなど、とにかく芸術全般が大好きなんですよね。だから、いまはたまたま役者をやってますけど、他の職業をやっていても、同じことを思って、同じようなことを言ってたと思います。

―役者をやるきっかけみたいなのがあったんですか?

吉村:4年ぐらい前に、すごくたくさん映画を観ていた時期があったんですけど、その頃やってた映画に、面白いと思う人があんまりいなかったからかもしれないです。だから、俺がなるんだ! みたいな。

―「塗り替えるのは僕らの世代」みたいな。

吉村:ああ……はい(笑)。まあでも、自分に正直に生きてるだけですよ。

吉村界人
吉村界人

本当はみんな、ちょっと危うかったり、生々しかったりするものを、映画のなかに求めているような気がして。(若葉)

―そんな3人が、それぞれ出演している映画、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(中島と若葉が出演)と『モリのいる場所』(中島と吉村が出演)が、立て続けに公開されます。1975年生まれの冨永昌敬監督、そして1977年生まれの沖田修一監督――40代の中堅監督が、末井昭さんや熊谷守一さんといった「過去の異人」を、いま描こうとしているのは、どうしてなんでしょうね? どちらも、監督発信の企画のようですし。

若葉:いまの時代って、何でも整っているものがいいとされるというか、視聴者がわかりやすいものを求めていると思い込んで、直線的に何かを作っている人が多いと思うんですよね。でも、本当はみんな、ちょっと危うかったり、生々しかったりするものを、映画のなかに求めているような気がして。

整理整頓されているものではなく、ある種いびつだったり、センセーショナルなものだったり、ちょっと外れた人生を送っているんだけど、あくまでも人間的な人たちを描いたものというか。そういうものを、みんなが求めているんじゃないかなって思うんです。特に若い人たちは。で、そういう感覚を、監督たちも、どこかで感じ取っているんじゃないですかね。

中島:いま若葉さんがおっしゃったように、特に『素敵なダイナマイトスキャンダル』のほうは、かなり思い切ったことをやっている人たちが、すごくたくさん出てくるんですけど、いろんなことに対する規制が厳しい現状だからこそ、そういうものを求めているところがあるのかなと。それは僕もちょっと思いますね。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』より
『素敵なダイナマイトスキャンダル』より

Page 1
次へ

作品情報

『素敵なダイナマイトスキャンダル』
『素敵なダイナマイトスキャンダル』

2018年3月17日(土)からテアトル新宿ほか全国で公開中
監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫)
主題歌:尾野真千子と末井昭“山の音”
音楽:菊地成孔、小田朋美
出演:
柄本佑
前田敦子
三浦透子
峯田和伸
中島歩
落合モトキ
若葉竜也
松重豊
村上淳
尾野真千子
ほか
配給:東京テアトル

作品情報

『モリのいる場所』
『モリのいる場所』

2018年5月19日(土)からシネスイッチ銀座、ユーロスペース、シネ・リーブル池袋、イオンシネマほか全国で公開
監督・脚本:沖田修一
出演:
山﨑努
樹木希林
加瀬亮
吉村界人
光石研
青木崇高
吹越満
池谷のぶえ
きたろう
林与一
三上博史
ほか
配給:日活

プロフィール

中島歩(なかじま あゆむ)

1988年10月7日生まれ、宮崎県出身。美輪明宏主演の舞台「黒蜥蜴」のオーディションで200名の中から選ばれ、2013年に同舞台で俳優デビュー。翌年、NHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演し注目される。主な出演作に『グッド・ストライプス』(15)、『恋愛奇譚集』(17)、「植木等とのぼせもん」(NHK/17)などがある。

若葉竜也(わかば りゅうや)

1989年生まれ。東京都出身。1990年、若葉劇団にて1歳3ヶ月で初舞台を踏む。陰のある役からアクの強い役まで作品によって180度違った表情を見せる幅広い演技力で、数多くの作品に出演。2016年公開の映画『葛城事件』(監督:赤堀雅秋)で、第8回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞受賞。公開待機作に、映画『パンク侍、斬られて候』(監督:石井岳龍 2018年6月30日全国公開)など多数。

吉村界人(よしむら かいと)

1993年2月2日東京生まれ。『ポルトレ -PORTRAIT-』(14)で映画主演デビュー。 以降、多数の映画、ドラマ、CMに出演。主な作品に、映画『百円の恋』(15)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16)『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(16)、主演作『太陽を掴め』(16)等。待機作にドラマ「スモーキング」(TX/4月19日スタート、毎週木曜深1:00)を控える等、次世代の日本映画界を背負って立つと期待される若手俳優。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像