特集 PR

POLYPLUSを詳しく知る。fcp、Calmera、175Rらが新バンド結成

POLYPLUSを詳しく知る。fcp、Calmera、175Rらが新バンド結成

POLYPLUS『release』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:Bun(ナカヤマフミコ) 編集:矢島由佳子

POLYPLUSとは、エンタメジャズバンド・CalmeraのTSUUJIIと175RのYOSHIAKIの出会いをきっかけに生まれた、異色な掛け合わせによる5人組バンド。他のメンバーは、JABBERLOOPのYUKI、Neighbors ComplainのGotti、JABBERLOOP / fox capture planのMELTENと、日本のクラブジャズを追いかけてきた人ならば、誰もが目を輝かせるであろうプレイヤーたちの集合体だ。

2014年の初ライブからは4年が経過しているものの、メンバーそれぞれメインバンドの活動もあり、なかなかスケジュールを合わせることが難しいため、これまでPOLYPLUSとして格別大きな動きは見せず、ライブは年に3~4本程度。それでも、各々のバンドのファンやクラブジャズリスナーのあいだで着実に注目を集め、口コミでジワジワと評判を高めていた。

そんな彼らが、Playwrightから、ついに初作品を発表。4月1日、3曲入りのシングル『release』を突如配信リリースした。さらに4月10日には、TOWER RECORDS限定でCDが発売される。本格始動を告げるこのタイミングで、バンドのこと、そして5人のプレイヤーたちのことを、個別インタビューの発言を交えながら紹介しよう。

結成のきっかけ:なぜ、ジャズバンドとパンクバンドが出会ったのか?

TSUUJIIとYOSHIAKIが初めて顔を合わせたのは2014年にさかのぼる。知人の紹介で会うことになった2人が渋谷駅で待ち合わせていると、偶然TSUUJIIの知り合いである「オートクチュールサックスカルテット」のストリートライブに遭遇。2人も飛び入りで参加したことから、「YOSHIAKIさんとセッションバンドをやったら面白そう」というアイデアがTSUUJIIのなかで生まれたのだという。

TSUUJII(Sax):Calmeraがよりエンタメ的な方向に向かうなかで、僕としてはセッション的な要素、ジャズ的な要素など、音楽家としてやりたいことが他にもあったんです。Calmeraの表現が「面白い」と言ってもらえるようになる一方で、音楽的にクールな部分を求める人にも、もっとアプローチしたいなと思っていて。ただ、それを無理にCalmeraでやろうとするより、別ものとしてやったほうがいいなと思っていたなかで、YOSHIAKIさんとの出会いがありました。

左から:MELTEN、YUKI、TSUUJII、YOSHIAKI、Gotti
左から:MELTEN、YUKI、TSUUJII、YOSHIAKI、Gotti

TSUUJII:実力と密かな野心の持ち主

もともと中学と高校で吹奏楽部に所属していたTSUUJIIは、クラリネットプレイヤーとして数多くの賞を受賞し、大学進学後にサックスプレイヤーとしても活躍。2010年9月にCalmeraに加入して、勢力的に活動する一方、2014年には地元である奈良県の「天理市PR大使」に就任し、翌年には天理市のホールで初となるクラリネットソロリサイタルを開催。SOIL&"PIMP"SESSIONSやNakamuraEmi、Negiccoなど、数多くのサポートやレコーディングにも参加するなか、自らを「実は野心家」というTSUUJIIが、ついに新バンドの結成へと踏み切った。

TSUUJII:1回スタジオに入って「またやりましょう」と言っても、結局2回目がないことってよくあるんですけど、このバンドはちゃんとやり続けたいと思ったんですよね。なので、最初のスタジオが終わったあとに「もう1時間もらっていいですか?」って言って、いきなりバンド名の会議をしたんです。ポリリズムの曲ができていたから「POLY」と、スタジオで借りたキーボードのキーがもともと2つ上がってたから「PLUS」、そのワードを組み合わせて「POLYPLUS」。バンド名をつけることで、みんなの意識をまとめられるかなと思って(笑)。

POLYPLUSの理想のイメージとしては、30代以上の大人たちもオシャレに楽しめるし、感受性の高い若者にもフィットして、フェスとかでも盛り上がれるような、そんなバンドでありたい。いろんな音楽好きの人を刺していけるようになりたいですね。

TSUUJII

TSUUJII
TSUUJII

YOSHIAKI:175R活動休止期間中にPOLYPLUSを結成

言わずと知れた175RのメンバーであるYOSHIAKIは、2000年代のパンクシーンを大いに盛り上げた人物。“ハッピーライフ”や“空に唄えば”といったヒット曲はオリコンチャートで1位を獲得し、『NHK紅白歌合戦』にも出場するなど、一時代を築いた。2010年からは活動を休止していたが、2016年に再始動をし、2017年には7年ぶりのアルバム『GET UP YOUTH!』を発表。TSUUJIIとは、活動休止期間中に出会ったことになる。

YOSHIAKI(Dr):175Rを休止した頃は疲れていたので、音楽からちょっと離れていたんですけど、2014年くらいになると「そろそろまたバンドをやりたいな」と思い始めていて。もともとダンスミュージックも好みで聴いていたから、4つ打ちを軸にした音楽をやってみたいと思っていたんですよね。そういう話は、TSUUJIIと初めて会ったときからしていました。

JABBERLOOPは、ヴィレッジヴァンガードでCDを買って聴いてたくらい好きで。なので、一緒にスタジオに入るのが楽しみだったんですけど、セッションしてると、みんなそれぞれのアプローチでガンガン反応してきて、びっくりと、嬉しさと、「とんでもないところに入っちゃったな」って、いろんな気持ちがありましたね(笑)。

 

YOSHIAKI
YOSHIAKI

Page 1
次へ

リリース情報

POLYPLUS『release』
POLYPLUS
『release』

2018年4月1日(日)に配信リリース
価格:750円(税込)
PWT-042

1. limiter
2. ratz
3. late at night

POLYPLUS
『release』(CD)

2018年4月10日(火)発売
価格:1,080円
PWT-042

1. limiter
2. ratz
3. late at night

プロフィール

POLYPLUS
POLYPLUS(ぽりぷらす)

2014年9月結成の5人組インストセッションバンド。メンバー各々がそれぞれのバンドで活動する中、「フロアを躍らせるセッションを!」を合言葉に、Sax. TSUUJII(from Calmera)とDr. YOSHIAKI(from 175R)を中心に、Key. MELTEN(from JABBERLOOP/fox capture plan)、Ba. YUKI(from JABBERLOOP)、Gt. Gotti(from Neighbors Complain)が集結。その場の空気、集う人々のテンションに合わせ自由に音を紡いでいく「セッション」を大切にし、時にクールに、時にハイテンションに、ジャンルやカテゴリを飛び越えたダンサブルなサウンドを展開。高い演奏力とフロアを巻き込む空気感で観る者を魅了し、躍らせ、着実に支持を拡大中。結成4年目に突入し、次なるステージへの飛躍が期待される注目のバンド。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性