特集 PR

SSFF・アップリンク・ギャガの三者が語る、ネットと映画の現在

SSFF・アップリンク・ギャガの三者が語る、ネットと映画の現在

ブリリア ショートショートシアターオンライン
インタビュー・テキスト
宮田文久
撮影:鈴木渉 編集:久野剛士

いま国内のオンラインシアターで、興味深い試みが行われている。Netflix、Hulu、AmazonプライムといったSVOD(Subscription Video on Demand=定額制動画配信)が活況を呈する中、独自の道を進む三者が集った。

「アップリンク・クラウド」を運営するアップリンク代表取締役社長・浅井隆、「青山シアター」を手がけるギャガ執行役員・松下剛、そして「ブリリア ショートショートシアター オンライン」の編集長を務める大竹悠介。それぞれの視野から見えてくるのは、映像をめぐる「現在と未来」だ。

網羅的なプラットフォームにユーザーとして登録するのは、一人ひとつで充分じゃないですか?(松下)

—ひとくちにオンラインシアターといっても、みなさんそれぞれ、三者三様の取組みをしていらっしゃいます。「青山シアター」と「アップリンク・クラウド」は、共にTVOD(Transactional Video on Demand=都度課金型動画配信)ですが、青山シアターは2013年12月という、今日のメンバーの中では早い時期のローンチですね。

松下:実はその前、2012年に「GAGAシアター」という動画配信サービスを立ち上げていました。その理由は至ってシンプル。僕たちはそもそも配給がドメイン(業務の領域)で、映画を買いつけて、映画館でかけ、Blu-rayやDVDにし、テレビで放映して、インターネットライツを売る、というのが一連のビジネスのスキームです。

左から:松下剛(青山シアター)、浅井隆(アップリンク・クラウド)、大竹悠介(ブリリア ショートショートシアター オンライン)
左から:松下剛(青山シアター)、浅井隆(アップリンク・クラウド)、大竹悠介(ブリリア ショートショートシアター オンライン)

松下:一方で、それ以外にも異なる枠組みはありえないだろうか、という思いがありました。うちは国内でもトップクラスの配給作品数なんです。大きな映画から小さな映画まで、そして洋画に邦画、アニメーションまで、雑食であるところがGAGAの特長。そうした作品群を世に出す手段や機会を、もっと作れないか――そうした思いからGAGAシアターをスタートさせたんです。

そこからさらに、映画や映像を見る手段が多様化していく中、他社さんの作品を含めて扱わせていただく青山シアターとしてリニューアルオープンしたんですね。

ギャガ執行役員の松下剛
ギャガ執行役員の松下剛

—そうした雑食なオンラインシアターは、外からはどう見えていらっしゃるんでしょう。

浅井:うーん、iTunesには負けるかな……(笑)。

松下:たしかにそうですね(笑)。でも逆に言えば、そうした網羅するようなサービスはiTunesがやっている。それ以降もNetflix、HuluにAmazonプライムといった定額制動画配信のサービスが続々と上陸しましたけど、そうした網羅的なプラットフォームにユーザーとして登録するのは、一人ひとつで充分じゃないですか?

自分たちとしては、Netflixのようなサービスとは異なる道を探っていきたい。「すべてを集める」というよりは、映画が好きで特定の作品を見たいとか、その「深さ」も大事にしている雑食の人に向けてのサービスとして、存在意義があると思っているんです。

「青山シアター」トップ画面
「青山シアター」トップ画面(サイトを見る

浅井:なるほど。2016年11月にオープンしたアップリンク・クラウドも、配給を手がけている会社が行っている都度課金型動画配信のサービスという点では、青山シアターとほぼ同じです。

アップリンク代表取締役社長の浅井隆
アップリンク代表取締役社長の浅井隆

浅井:ひとつ異なるのは、僕たちは「アップリンク渋谷」という映画館を運営しているということ。日々、いろいろな配給会社の作品を劇場で上映させていただいているわけです。そうした劇場の延長として、まだ自社作品が中心ではあるけれど、オンライン上映をしています。

先ほど定額制サービスの話が出たけど、新作はなかなかそちらで観られないんですよね。彼らもオリジナルの作品を作ってサブスクライバーたちを惹きつけようとしているけど、僕たちは「アーリーTVOD」と言って、劇場公開前、公開と同時、あるいは公開の少し後とケースはさまざまですが、「早い段階でオンライン上映する」という試みを行っています。

「アップリンク・クラウド」のトップ画面
「アップリンク・クラウド」のトップ画面(サイトを見る

—最近だと、アレハンドロ・ホドロフスキーの話題作『エンドレス・ポエトリー』(2016年)も早い段階で「アップリンク・クラウド」で見られるようになっていましたね。

浅井:あれは劇場公開のちょっと後かな。いろいろとテストしているところですね。

—他方、2018年2月に産声を上げたのが「ブリリア ショートショートシアター オンライン」(以下、「BSSTO」)ですね。このたび『第90回アカデミー賞』主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメや、マイケル・ファスベンダーの主演作などが並んでいます。

大竹:母体となっているのは、1999年に始まって現在に至る、『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア』という国際短編映画祭です。世界中から1万本もの短編が集まるんですよ。日本ではなかなかショートフィルムを見る機会がない中、代表の別所哲也が中心となって、良質な短編を紹介すべく、活動を続けてきました。

そうした1年に1度の映画祭に加え、常に短編が上映されている劇場の運営なども行ってきましたが、今度はオンラインで作品をリコメンド、配信しよう、ということで始まったのがBSSTOなんですね。

「ブリリア ショートショートシアター オンライン」編集長の大竹悠介
「ブリリア ショートショートシアター オンライン」編集長の大竹悠介

「ブリリア・ショートショートシアター・オンライン」のトップ画面
「ブリリア・ショートショートシアター・オンライン」のトップ画面(サイトを見る

浅井:定額でも都度の課金でもなく、東京建物の「ブリリア」という名前を冠した、広告(Advertisement)で無料鑑賞してもらえる形式ですね。ちょっと聞いてみたいんだけど、作品のことは普段、「映画」って言っていますか? それとも、「コンテンツ」と呼んでいますか?

Page 1
次へ

リリース情報

ブリリア ショートショートシアター オンライン
ブリリア ショートショートシアター オンライン

2018年2月14日(水)サービス開始

アップリンク・クラウド
アップリンク・クラウド
青山シアター
青山シアター

プロフィール

大竹悠介(おおたけ ゆうすけ)

早稲田大学文化構想学部卒業、同大学院政治学研究科ジャーナリズムコース修了。広告代理店、情報誌制作会社勤務などを経て2016年よりショートショート実行委員会Webマネージャー。ショートフィルムを無料で配信するライフスタイルウェブマガジン「Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINE」の立ち上げに携わり、ローンチ後は編集長を務める。マイクロシアターや鑑賞ワークショップなど、映画を軸にした場所やコミュニケーションに関心があり、各地の実践者を取材したインタビュー記事を展開している。

浅井隆(あさい たかし)

1955年大阪生まれ。1974年演劇実験室天井桟敷に入団し舞台監督を務める。1987年アップリンクを設立。デレク・ジャーマン監督作品をはじめ、国内外の映画を配給。カンヌ映画祭に出品された黒沢清監督作品『アカルイミライ』などの製作プロデュースを担当。2005年には渋谷区宇田川町に映画館、ギャラリー、カフェレストランが集まるカルチャー・コンプレックス『アップリンク渋谷』をオープン。2011年にカルチャー・マガジン『webDICE』、2016年にはオンライン・シアター『アップリンク・クラウド』をスタート。アレハンドロ・ホドロフスキー監督の2017年公開作品『エンドレス・ポエトリー』では、共同プロデューサーを務める。

松下剛(まつした つよし)

1977年生まれ。慶應義塾大学卒業後、2000年4月ギャガ入社。宣伝部に配属。宣伝プロデューサー業務を担当。08年7月に宣伝部長、11年7月宣伝部担当執行役員に就任。昨年は『ラ・ラ・ランド』『三度目の殺人』など約30作品の宣伝を統括した。一方で11年から邦画の企画業務も兼任。『味園ユニバース』『映画 みんな!エスパーだよ!』ではプロデューサーを務め、今年はテレビドラマに進出。MBS/TBSドラマ『賭ケグルイ』の企画・プロデュースを手掛けた。最新作は今冬公開の伊坂幸太郎原作、三浦春馬主演の『アイネクライネナハトムジーク』。加えて14年より、自社運営の動画配信サイト、青山シアターを企画・制作・運営する部署の責任者も兼務している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年