特集 PR

降谷建志×nor 技術と感覚を研ぎ澄ました男たちの新たな「空間」

降谷建志×nor 技術と感覚を研ぎ澄ました男たちの新たな「空間」

『SOUND & VISION X ~ 降谷建志 × nor ~』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一

降谷建志のライブを壮大な演出で彩った「nor」とは何者か?

去る3月25日、都内某スタジオにて、Dragon Ashのフロントマン・降谷建志とクリエイティブレーベル「nor(ノア)」によるコラボレーションライブが開催された。このライブは『SOUND & VISION X』の第1弾として抽選で選ばれた500名のオーディエンスを前に行われたもの。ライブの詳しい模様は既に公開されているレポート記事を参照していただきたいのだが、音楽、映像、そしてテクノロジーが高次元で混ざり合い、「ライブ」という空間における新たな可能性を提示した素晴らしい夜だった。

レポート:「降谷建志×クリエイティブレーベルnor 神秘的な演出ライブで魅了」より / 撮影:伊藤惇
レポート:「降谷建志×クリエイティブレーベルnor 神秘的な演出ライブで魅了」より / 撮影:伊藤惇

この記事では、降谷と「nor」双方のコメントを交えつつ、この『SOUND & VISION X』が示唆したライブの新たな可能性について記していきたい。

まず、説明しておかなければいけないのは、降谷のライブを映像とテクノロジーで彩った「nor」とは一体、何者か? ということだろう。「nor」は、建築家、デザイナー、音楽家、エンジニアなど様々な現場で活動するクリエイターたちが、2017年に発足させたクリエイティブレーベル。テクノロジーを駆使しながら、空間設計、インスタレーション、プロダクト開発などの活動を行っている。

左から:降谷建志、nor(福地諒、板垣和宏、松山周平、中根智史)</p>
左から:降谷建志、nor(福地諒、板垣和宏、松山周平、中根智史)

今回、降谷とのコラボレーションに参加したのは、プランナー / コンセプターの福地諒、ハードウェアエンジニアの中根智史、プログラマー / ビジュアルアーティストの松山周平、建築家 / エクスペリエンスデザイナーの板垣和宏の4名。今回のライブ演出のコンセプトについて、福地はこう語る。

福地:まず、「ライブとはなにか?」という問いを立てて、自分たちのなかでいくつか答えを考えたんです。そのなかのひとつに「ライブとは、行き先未定の旅である」というものがあったんですけど、ちょうど降谷さんからも「いま作っている新曲も『旅』のイメージがあるから、そのアイデアを活かしていきたいね」って言っていただいて。

そこから、ライブ会場というこの場所、いわゆる現実を出発して、ライブを通していろんな風景を旅して、また現実に戻ってくる……そういうイメージが決まっていきました。今回は、制作チームでありながら、あくまでも降谷さんとの「アーティストコラボ」としてやらせていただけたので、降谷さんも見たことがない、僕らも見たことがない、コラボだからたどり着けるジャンプの瞬間を目指すことができたと思います。

福地諒(nor)
福地諒(nor)

結果として生み出された空間は、まるで降谷の音楽に導かれて旅に出るかのような、ひとつの空間にいながら無限の風景を思い描かせるようなものとなった。舞台となったのは普段、降谷が演奏するライブハウスや数万人規模のフェスの会場と比べれば、決して広いとは言えないスタジオ。だが、この日のライブは、作り手の創造力、そして受け手の想像力さえあれば、その空間のスケールは、いくらでも大きくできる――その事実を証明するようなライブだったといえるだろう。

 

 

Page 1
次へ

番組情報

『LIVE SPECIAL 「SOUND & VISION X ~ 降谷建志 × nor ~」』

2018年6月16日(土)23:00~23:30(スペースシャワーTV)、2018年6月22 日(金)21:00~22:00(フジテレビNEXT/NEXTsmart)で放送

プロフィール

降谷建志(ふるや けんじ)

1979年生まれ、東京都出身。1997年にDragon Ashでデビュー。フロントマンとしてバンドを牽引し続ける。プロデュースや客演などさまざまな形態で音楽作品を発表する他、2013年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』に俳優として出演。2015年、Dragon Ashの活動と並行する形で自身初のソロプロジェクトをスタートする。

nor(のあ)

建築家、デザイナー、音楽家、エンジニアなど多様なバックグラウンドをもつメンバーによって2017年に発足したクリエイティブレーベル。テクノロジーを活用して、一般化された定義では捕捉しきれない領域へのアプローチを行う。研究で扱われる分野を多くの人が体験できる形に変換し、社会的な価値や可能性をアップデートすることを目的に、空間設計、インスタレーション、プロダクト開発など、手法に縛られない制作活動を行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性