特集 PR

降谷建志×クリエイティブレーベルnor 神秘的な演出ライブで魅了

『SOUND & VISION X ~ 降谷建志 × nor ~』
テキスト
天野史彬
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一
降谷建志×クリエイティブレーベルnor 神秘的な演出ライブで魅了

緊張感と興奮に包まれた、降谷建志とクリエイター集団・norのコラボライブ

ミュージシャンとクリエイターのコラボレーションによるライブイベント『SOUND & VISION X』が本格始動。その第1弾となる、降谷建志とクリエイティブレーベル「nor」のコラボライブが、3月25日に開催された。

降谷建志バンド
降谷建志バンド

まず、この日の出演者を説明すると、降谷建志は、言わずと知れた日本を代表するミクスチャーロックバンド・Dragon Ashのフロントマン。そして、降谷とともに音と映像の異空間を作り上げるのは、建築家、エンジニア、デザイナーなど、様々なバックグラウンドを持つクリエイターたちによって2017年に創設されたnor。空間設計やインスタレーションなど、テクノロジーを駆使しながらアート領域を開拓する、気鋭のクリエイター集団だ。

左から:降谷建志、nor(福地諒、板垣和宏、松山周平、中根智史)
左から:降谷建志、nor(福地諒、板垣和宏、松山周平、中根智史)

事前に募集された500名のオーディエンスが集った会場。普段、降谷が立つステージと比べると格段に小さなキャパシティーで、新曲披露も事前アナウンスされていた貴重なソロセット。そして、フロア前方の天井から吊り下げられた大きな球体がただならぬ空気を放ち、「なにが起こるのかわからない」という緊張感と興奮が、開演前から会場を覆う。

 

球体を駆使した神秘的な映像演出で拡張される、降谷建志の音世界

開演時間の18時、司会者の挨拶が終わると、降谷と彼のバックを支えるバンドメンバーがステージに登場。メンバーは、ギターにPABLO(Pay money To my Pain、POLPO)、ベースに武史(山嵐、OZROSAURUS)、キーボードに渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)、そして、ドラムには桜井誠(Dragon Ash)。

会場が暗転すると、ステージの背後だけでなくフロアの側面まで覆う巨大なバックスクリーン、そして頭上の球体には、水彩の抽象画のような淡い色彩の揺れ動く映像が映し出され、そこには大きく「KENJI FURUYA」と「nor」の文字が。映像が映し出された瞬間、その繊細かつ神秘的な美しさに、会場からはどよめきが起こる。

降谷建志バンド

ライブが始まる。1曲目は“Colors”。この色彩に包まれた空間で、最初に打ち立てられるに相応しい1曲目だ。躍動感のあるトライバルビート、降谷のかき鳴らすアコギのダイレクトな温かみのある音……Dragon Ashとは一味違う、「強さ」を「穏やかさ」や「優しさ」で包みながら提示するような心地よい音像が会場を満たす。2曲目“Good Shepherd”では、ワルツのリズムと雄大なメロディーが絡み合う、その優雅な響きに合わせて、バックスクリーンに映し出される映像も姿を変えていく。

降谷建志バンド

そこに映し出されたのは、数え切れないほど多くの球体。大草原や遥かな山々、荒涼とした砂漠、異国の街並みなど、様々な「ここではないどこか」の景色が映された球体たちが、音に反応するようにスクリーンのなかを自在に飛びまわる。それらは、ときにDNAの二重らせんのような模様を描き、ときにシンプルな円形や四角形へと集約しながら、スクリーンのなかで独特な景色を生み出していく。

降谷建志バンド

降谷建志

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『SOUND & VISION X ~ 降谷建志 × nor ~』

2018年3月25日(日)
会場:東京都 某所
出演:降谷建志

プロフィール

降谷建志(ふるや けんじ)

1979年生まれ、東京都出身。1997年にDragon Ashでデビュー。フロントマンとしてバンドを牽引し続ける。プロデュースや客演などさまざまな形態で音楽作品を発表する他、2013年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』に俳優として出演。2015年、Dragon Ashの活動と並行する形で自身初のソロプロジェクトをスタートする。

nor(のあ)

建築家、デザイナー、音楽家、エンジニアなど多様なバックグラウンドをもつメンバーによって2017年に発足したクリエイティブレーベル。テクノロジーを活用して、一般化された定義では捕捉しきれない領域へのアプローチを行う。研究で扱われる分野を多くの人が体験できる形に変換し、社会的な価値や可能性をアップデートすることを目的に、空間設計、インスタレーション、プロダクト開発など、手法に縛られない制作活動を行なっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開