特集 PR

志磨遼平×小島麻由美 『三文オペラ』から見えた必然的な出会い

志磨遼平×小島麻由美 『三文オペラ』から見えた必然的な出会い

『ドレスコーズの《三文オペラ》』
インタビュー・テキスト
北沢夏音
撮影:永峰拓也 編集:川浦慧

2017年12月、志磨遼平自ら編集長を務めるウェブマガジン『ドレスコーズ・マガジン』にて、曽我部恵一(サニーデイ・サービス)をゲストに迎えた「新春放談」の司会を担当した。その席上、志磨本人の口から、翌年1月23日から2月4日までKAAT神奈川芸術劇場で上演される舞台『三文オペラ』の音楽を手がけていることを知らされた瞬間、「なんという絶妙な組み合わせだろう!」とテンションが上がった。

ドイツ人の劇作・演出家、ベルトルト・ブレヒト(1898-1956)とユダヤ人の作曲家、クルト・ヴァイル(1900-1950)。2人の天才の邂逅が生んだ革命的な音楽劇『三文オペラ』は、1928年ベルリンで初演され大ヒット、劇中歌の“モリタート”はジャズのスタンダードナンバー“マック・ザ・ナイフ”として、今も世界中で歌い継がれている。

寺山修司に由来する「毛皮のマリーズ」というバンドでデビューした志磨が、これまで演劇作品の音楽を手がけていないのは傍から見ると意外だが、初めて参加する作品が『三文オペラ』であることに、彼自身は「不思議な導きを感じる」という。なぜなら、今回の演出と上演台本を手がける谷賢一から音楽監督のオファーを受けたとき、志磨が制作していたドレスコーズのアルバム『平凡』は、ブレヒトが『三文オペラ』を書いた第二次世界大戦前のドイツ文化にも影響を受けており、収録曲の歌詞には、ずばり「クルト・ヴァイル」の名前も含まれていた。しかも『平凡』は、谷が書いた台本と同じく、近未来の、経済が破綻した後の日本を舞台にしたコンセプトアルバムなのだ。

「ロックでもなく、ポップミュージックでもなく、自分にとっての文明批評、ロック批評みたいな作品」であり、「本当の意味で自分にとっての新しいスタート地点」だという『平凡』の「次」のフェーズが、期せずして『三文オペラ』になるという運命の綾。毛皮のマリーズの頃から「僕はひとつの媒体」と公言していた志磨にとって、ブレヒトとヴァイルの音楽は、いつかは辿るべき道標のひとつだったのかもしれない。

そして、『ドレスコーズの《三文オペラ》』と題して新たな生命を吹き込んだ全3幕、計22曲の劇中歌をレコーディングするに当たり、ゲストシンガーとして小島麻由美が参加。志磨とともに一人何役も兼ねる魅惑のミラクルボイスを炸裂させて、オリジナルキャストとはまた別の解釈による斬新きわまりないアルバムが完成した。信藤三雄の手になるアートワークにも、一度目にしたら最後魅入られてしまう、強烈な魔力が潜んでいる。この出色のアルバムのリリースを祝い、志磨と小島の特別対談をお届けする。必然としか言いようのない2人の出会いや今回のコラボの詳細など、存分に語っていただいた。

東京に来て一番最初に観たライブは小島さんだったんです。(志磨)

—まずはお2人の馴れ初めから伺いたいと思います。小島さんが志磨くんの音楽を最初に聴いたのはいつ頃ですか?

志磨:多分、毛皮のマリーズのときですよね。

小島:そう。誘ってくれて対バンしたことがあって。東高円寺のU.F.O.CLUBだね。

志磨:あれは多分、2011年の1月だったかと。

—対バンしてみて、いかがでした?

小島:やっぱり華があるというか、旬な感じがしましたね。居酒屋で「旬のもの:志磨遼平」って書いてある感じだったよ(笑)。一見とっぽい感じもしたけど、話してみると腰が低いし、不思議な感じだった。

小島麻由美
小島麻由美

志磨:あのときは一見、とっぽかったです。毛皮のマリーズっていうバンド自体が凶暴だったので。

小島:今よりもっと怖い感じでしたよね。髪も長くて……今はまた雰囲気が違うよね。

—ドレスコーズ結成以降の志磨くんの活動についてはご存じでしたか?

小島:はい。CDもいただいて聴いていました。

志磨:フェスでも一度ご一緒して。

—レコーディングで共演するのは今回が初めて?

小島:そうですね。それがまた『三文オペラ』という私も大好きな作品だから、誘ってもらってすごく嬉しかったんですよ。

—志磨くんが小島さんの音楽を初めて聴いたのはいつですか?

志磨:最初に聴いたのは高1だから、16歳ですね。リアルタイムの日本人アーティストで好きな人というと、けっこう限られていて。僕は多分、普通の音楽好きな人よりもライブに行かないんですよ。でも、上京して一番最初に観に行ったライブは小島さんでした。

志磨遼平
志磨遼平

—東京でのライブ初体験が小島さん! それほど特別な存在なんですね。

小島:スカパラ(東京スカパラダイスオーケストラ)と一緒にやったライブね。

志磨:そう、まだ新宿にあった頃のLIQUIDROOMで。

これは思し召しだなと思って、舞台音楽をやるのは初めてだけど、二つ返事で「やります」って。(志磨)

—さて、『ドレスコーズの《三文オペラ》』の完成、おめでとうございます。僕も横浜公演の最終日に拝見して、演出や音楽の斬新さにも感嘆しました。

『ドレスコーズの《三文オペラ》』ビジュアル
『ドレスコーズの《三文オペラ》』ビジュアル(KING e SHOPで見る

『ドレスコーズの《三文オペラ》』ジャケット
『ドレスコーズの《三文オペラ》』ジャケット(KING e SHOPで見る

—この作品は1928年にベルリンで初演され、その翌年に世界大恐慌が起こって、ナチスドイツが成立するのが1933年。第一次世界大戦の敗戦国となったドイツが、国民主権、男女平等の参政権、思想信条の自由、基本的人権の尊重、生存権の保障などを初めて定めた「ワイマール憲法」という画期的な憲法が制定されて、民主的な社会を作ろうとしたにもかかわらず、あっという間にナチスドイツが成立してしまった。不況と貧困が怒りの連鎖を招いて、好戦的な強いリーダーを求める空気が形成されるという流れは、長引く不況下で格差が拡がり「憲法改正」を声高に叫ぶ昨今の日本の状況を彷彿とさせる、と感じる人も少なくないように見えます。

今回、志磨くんが1920年代にブレヒトが提示したビジョンを換骨奪胎して新たに訳詞を付け、ヴァイルの音楽を編曲したわけですが、この企画はどういうふうに始まったのでしょうか?

志磨:谷賢一さんから、『三文オペラ』の音楽を全体的に監督してほしいと依頼されたのが始まりです。谷さんは、僕の1歳下になるのかな。若い演出家ですごい才能の持ち主なんです。彼といろんな話をしていると、今、共通する感覚でものを作っている感じがするんです。

志磨遼平(ドレスコーズ)

—志磨くんは今回のアルバムのことを、ドレスコーズの前作『平凡』(2017年)の続編、という言い方をしていますよね。

志磨:そうですね。ぼくの『平凡』も、谷ちゃんの『三文オペラ』も、どちらも近未来の日本を舞台にしたディストピアもので、経済とかも破綻していて、いろんなことが今までどおりにはいかなくなっている、という設定。

それで、ややこしいことに『三文オペラ』にはさらに『乞食オペラ』という原作があるんですよ。18世紀のロンドンで書かれたその原作を、ブレヒトが80年前のドイツの社会情勢に合わせて書き換え、それをさらに谷ちゃんが日本と思われる国の近未来の話に置き換えたのが今回の上演台本で。それを見せてもらって、「うわ! 僕、まったく同じ設定のアルバムを今作ってるんですよ」って話をしたところから始まったんです。

ドレスコーズ『平凡』ドレスコーズ『平凡』(Amazonで見る

—驚くようなシンクロニシティがたくさんあった。

志磨:そうなんですよ。『平凡』に収録した“人民ダンス”の歌詞には<歌も楽しげ クルトワイル>って名前そのものを挙げてたりして。これは思し召しだなと思って、舞台の音楽をやるのは初めてですけど、すぐに二つ返事で「やります」って。

Page 1
次へ

リリース情報

ドレスコーズ『ドレスコーズの《三文オペラ》』
ドレスコーズ
『ドレスコーズの《三文オペラ》』(CD)

2018年5月9日(水)発売
価格:3,240円(税込)
NKCD-6831

1. 三文オペラのテーマ
2. もりたあと(殺人物語)
3. ピーチャム商会社歌
4. 性愛行進曲
5. 結婚の歌
6. 海賊ジェニー(あるいは女給が見る夢)
7. カノン(大砲の歌)
8. 恋の歌
9. バルバラ・ソング
10. この世は最低(第一幕のフィナーレ)
11. メロドラマ(離別の歌)
12. 娼婦たちのララバイ
13. ヒモと娼婦のタンゴ
14. 資本主義の歌
15. 女はおそろしい
16. あなたには(第二幕のフィナーレ)
17. ちょっと足りない歌
18. ソロモン・ソング
19. 運命の罠
20. 殺すな(死刑台のバラード)
21. 終曲(第三幕のフィナーレ)
22. りぷらいず(殺人物語)

『ドレスコーズの《三文オペラ》』(LP)

2018年5月9日(水)発売
価格:4,320円(税込)
NAS-2046/7

1. 三文オペラのテーマ
2. もりたあと(殺人物語)
3. ピーチャム商会社歌
4. 性愛行進曲
5. 結婚の歌
6. 海賊ジェニー(あるいは女給が見る夢)
7. カノン(大砲の歌)
8. 恋の歌
9. バルバラ・ソング
10. この世は最低(第一幕のフィナーレ)
11. メロドラマ(離別の歌)
12. 娼婦たちのララバイ
13. ヒモと娼婦のタンゴ
14. 資本主義の歌
15. 女はおそろしい
16. あなたには(第二幕のフィナーレ)
17. ちょっと足りない歌
18. ソロモン・ソング
19. 運命の罠
20. 殺すな(死刑台のバラード)
21. 終曲(第三幕のフィナーレ)
22. りぷらいず(殺人物語)

プロフィール

志磨遼平
志磨遼平(しま りょうへい)

1982年、和歌山県出身。ミュージシャン・文筆家・俳優。2006年「毛皮のマリーズ」としてデビュー。6枚のオリジナル・アルバムを残し2011年、日本武道館公演をもって解散。翌年「ドレスコーズ」結成。シングル「Trash」(映画『苦役列車』主題歌)でデビュー。アルバム2枚、E.P.1枚を発表後、ライブやレコーディングのたびにメンバーが入れ替わるという唯一無二の活動をスタート。その後3枚のアルバム、3枚のライブ映像作品を発表。シングルに「トートロジー」(アニメ「トリコ」ED主題歌)、「人間ビデオ」(フル3DCG映画『GANTZ:O』主題歌)、「コミック・ジェネレイション」(映画『溺れるナイフ』主題歌)がある。コラム等の文筆活動のほか、近年は俳優としてWOWOW連続ドラマW『グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-』、映画『溺れるナイフ』にも出演。2018年、初の音楽監督作品『三文オペラ』(ブレヒト原作・KAAT)上演。5/9、おもに志磨が歌唱の全22曲収録『ドレスコーズの《三文オペラ》』発売。

小島麻由美
小島麻由美(こじままゆみ)

1995年のシングル「結婚相談所」でデビュー。一度聴けば忘れない印象的な歌声と、ジャズ、フレンチ・ポップ、歌謡曲などからの影響をにじませる”小島麻由美調”で熱狂的な人気を集めてきたシンガー・ソングライター。映画、ドラマ、CMなどへの曲提供も多く、NHKみんなのうた「ふうせん」(1999年)、任天堂北南米向けCM「はつ恋」(2001-2002年)、人気アニメ映画『ONE PIECE FILM GOLD』(2016年)のオープニング曲「GOLD & JIVE ~ SILVER OCEAN」などがある。現在は、10枚目となるオリジナルアルバムを鋭意準備中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ファントム・スレッド』予告編

もしかしてファッションの世界を描いた、華やかでおしゃれなだけの映画だと思っていませんか? 確かに、映像は全編息を呑むほど美しいのですが、本作の最大の見どころは、男女のいびつな愛と欲望の形。画面に緊張感を与える「音」の演出が、エレガントな衣装のダニエル・デイ=ルイスとビッキー・クリープスの心を裸にしていきます。(久野)

  1. ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生 1

    ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生

  2. 山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も 2

    山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も

  3. 今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も 3

    今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も

  4. 『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る 4

    『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る

  5. 綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM 5

    綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM

  6. 大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える 6

    大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える

  7. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 7

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  8. 『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組 8

    『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組

  9. 『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加 9

    『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加

  10. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 10

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎