特集 PR

関和亮のコエが採用オーディションを開催。どんな作家を求める?

関和亮のコエが採用オーディションを開催。どんな作家を求める?

コエ
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:森山将人 編集:矢島由佳子

Perfumeの一連の作品や星野源“恋”、OK Go“I Won't Let You Down”などのミュージックビデオを手がけ、斬新かつポップな映像で常に世間を騒がせてきた映像監督、関和亮。最近はドラマや映画なども手がけている彼が、イラストレーターのユキマユコらと共に設立した「株式会社コエ」で、このたび新たなメンバーを求めるべくオーディションを開催する。コエの次なるステージへのステップアップを一緒に担う、自由で新しい発想を持ったクリエイターを期待しているという。

スマホやSNSの爆発的な普及により、動画撮影や映像加工、作品の共有が非常に身近になった今、ミュージックビデオをはじめとする映像表現は一体どこへ向かっていくのだろうか。関と、同じくコエのメンバーである映像作家・山岸聖太に話を訊いた。

新たなフォーマットを開発しちゃうくらいの感覚を持った人が、これから増えてくると思うんですよ。(関)

—関さんが設立した株式会社コエで、このたびオーディションを行うそうですね。

:そうなんです。我々と一緒にコエのメンバーになってくれる人を募集します。普通、制作会社が人材を募集するときって、いわゆるリクルート的なプロセスを踏んでいくと思うんですけど、それをオーディションで募ってみたら面白いんじゃないかと。どういう人が来るかまったく想像つかないし、いろんな人が来てくれるといいなという意味も含めて、楽しみなんですよね。

山岸:「面白そう」というのが一番大きいですね。ちょっとイベントっぽくなってこちらとしても楽しめるし、参加する人も普通のリクルートとは違うテンションで参加できるんじゃないかなと。

ミュージックビデオを関和亮が監督、初回限定版の特典DVD『ViVi Video』を山岸聖太が監督

『コエ オーディション』
『コエ オーディション』(サイトを見る

—オーディションにはどんな人に来てもらいたいですか?

:型にハマった人ではなく、自由な発想を持っている人がいいですね。ここで一緒にできることを、自分で探していける人。そういう人なら、どの現場でも必要とされるんじゃないかと思うんです。

おそらく若い人たちは、我々とまったく違う発想を持っていると思うから。だって、今年はもう平成30年ですからね。来年30歳になる人たちが、もう平成生まれでしょう?

山岸:僕らの場合、まずフォーマットがあって、そこから逸脱しようと思いつつも完全には逸脱しきれてないところで作品を作っているんですけど、完全に逸脱していて「ギョッ」とするような、違和感しかないほどの作品を作る人に会ってみたいですね。

左から:関和亮、山岸聖太
左から:関和亮、山岸聖太

:「え? これミュージックビデオ(以下、MV)なの?」みたいなね。新たなフォーマットを開発しちゃうくらいの感覚を持った人が、これから増えてくると思うんですよ。それは、最近だと「Tik Tok」というアプリを知ったときに思いました。Tik Tokに上がってる映像って、もうMVなんですよね。音楽にスローやコマ撮りで映像をつけていくという。僕も試してみたのですが、MV制作のスタッフがやる手法を、誰でも普通にできちゃうんです。

—なるほど。プロがやっている技術がスマホなどで簡単にできるようになると、そこがスタートラインとなって新たな才能も生まれやすいでしょうね。

:絶対にそうだと思います。撮ること、撮られることに対するハードルが低くなっていますし、別に機材がどうとかそういう次元でもなくなってきますからね。それってつまり、僕らが段階を踏んで習得した技術を、最初から備えてのスタートなんです。

山岸:そうなんですよね。たとえば「ハイスピードで撮ってみたい」とか、「セットを組んで撮ってみたい」とか、「人にこんなことをさせてみたい」とか。今の子たちはその段階を超えていますからね。

:だいぶ飛び級してる(笑)。

山岸:そうすると、その先のことを想像するから、僕らの見えている画とはまったく違うと思うんですよ。

:なので今の若い人たちは、きっといい感覚を持っているんじゃないかなと期待しています。ちなみにうちの5歳児も、iMovieを使ってCMみたいな映像を作ってますよ。自分で脚本を書き、「こうやって撮れ」って俺にスマホを渡して指示を出して(笑)。5歳児がフレームインして「ああ、今日はなになにを食べた~い」みたいなセリフを言ってる(笑)。

関和亮

—すごい……。

:きっと5歳児にしたら、自分が演技した様子をすぐにプレイバックできることとか、楽しくて仕方ないんでしょうね。こういうツールが生まれたときから身近にある人たちは、間違いなく我々よりも進んでいると思います。だから「この先、映像ってどうなっていくんだろう?」という期待もありますね。

Page 1
次へ

プロジェクト情報

『コエ オーディション』
『コエ オーディション』

株式会社コエではこの度、関和亮、山岸聖太、ユキマユコと共に、今後コエのメンバーになってくれる方を発掘したくオーディションを開催致します。オーディション受賞者には株式会社コエが制作費を全額負担して作品制作バックアップします。応募は2018年7月31日(火)23:59まで。

プロフィール

関和亮(せき かずあき)

1976年生まれ、長野県小布施町出身。音楽CDなどのアートディレクション、ミュージックビデオ、TVCM、TVドラマのディレクションを数多く手がける一方でフォトグラファーとしても活動。サカナクション『アルクアラウンド』、OK Go『I Won't Let You Down』、星野源やPerfumeのミュージックビデオなどを手がける。『第14回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門優秀賞、『2015 55th ACC CM FESTIVAL』総務大臣賞/ACCグランプリ、『MTV VMAJ』や『SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS』等、受賞多数。

山岸聖太(やまぎし さんた)

1978年生まれ。映像ディレクターとしてミュージックビデオ、テレビドラマ、CMなどを手がける。これまでにKANA-BOON、乃木坂46、ユニコーンなど多数のMVを制作し、他には星野源の映像作品にも数多く携わっている。『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2015』では短編作品『生きてゆく完全版』がシネマチックアワードを受賞。その後、映画『あさはんのゆげ(2016)』『傷だらけの悪魔(2017)』を監督。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと