特集 PR

King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

King Gnu『Flash!!!』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:YAMA 山添雄彦 編集:山元翔一

「詩は歴史性に対して垂直に立つ」とは、小説家・稲垣足穂の言葉だが、いま、この時代の波のなかに垂直に突き刺さるようにして立っているKing Gnuというバンドは、その存在自体がまるで一篇の詩のようである。実際、いまの彼らは他のどんなバンドとも違う独特の「詩性」のようなものを纏っているように思える。その詩性は熱狂となって、いまを生きる他の誰かへ、詩から詩へと伝播していく。

バンドの首謀者・常田大希が「Srv.Vinci」を結成、メンバーチェンジを経て、去年4月に「King Gnu」へと改名し本格的なスタートを切ってからというもの、彼らは破竹の勢いで活動規模を広げている。King Gnuは、いままさに熱狂の渦の中心にいるバンドだ。そして、そこにいることは、彼ら自身が望んだことでもある。この先に待ち受けているのは天国か? 地獄か?――「そんなことは、どうでもいい」と言わんばかりに、King Gnuは、いまこの瞬間を疾走する。

今回、CINRA.NETは常田大希への単独インタビューを行った。常田は、かつては東京藝術大学在学中に小澤征爾の楽団に在籍していた過去を持ち、現在、個人名義ではDaiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)などのカッティングエッジな音楽プロジェクトから、ファッションフィルム、映画、ドラマの劇伴などにも音楽監督で携わる才人。米津玄師のアルバム『BOOTLEG』への参加を通して、その名を耳にした人も多いだろう。King Gnuの根源にあるのは、間違いなく、この男の「詩性」である。私たちの質問に対し、彼はゆっくりと、一つひとつの言葉を確かめるように語ってくれた。

King Gnuのメンバーも、みんなクソみたいな生活を送ってきた。

—King Gnuのライブを観るたびに思うのですが、ステージ上の常田さんは、どこか孤独に見えます。どれだけ周りに人がいても、1人でそこに立っている……そんな印象を受けるというか。

常田:……友達はいますけどね(笑)。

—はい(笑)。

常田:そういうふうに見えるのは、俺がこれまで、集団的な生き方をしてこなかったからかもしれない。根本的な資質だと思うんですけど、昔から、割と自然と孤立できるんですよ。別に、それが悲しいわけでもなく、自然とそういう感じだった、というだけなんですけど。周りもそういう連中が多いんです。あくまでも個々の集まり、みたいな感じというか。

常田大希(King Gnu)
常田大希(King Gnu)

—周りも常田さんのような人が多い?

常田:「俺みたいなヤツ」って言うと、語弊があるかもしれない。周りにはいろんなヤツがいて、俺みたいなヤツはあんまりいないかもしれないです。だから上手くいくんだろうけど。でも基本的に俺も、俺の周りもフリーランスで活動してきたヤツばかりなんですよね。どこにも所属せずに生き抜いてきたヤツって、強いじゃないですか?

PERIMETRON(常田が立ち上げた、King Gnuのデザイン面なども担当するクリエイティブチーム)も、フリーの集合体っていう感じだし、King Gnu のメンバーも、みんなクソみたいなフリーの生活を送ってきたので。そういうところでの絆はあるかなと思います。

King Gnu(左から:井口理、新井和輝、常田大希、勢喜遊)
King Gnu(左から:井口理、新井和輝、常田大希、勢喜遊)

King Gnu『Tokyo Rendez-Vous』(2017年)収録曲。映像はPERIMETRONが手がけている

—その感覚は、歌詞にも表れているのかなと思います。常田さんは基本的に、「僕たち」や「あなたたち」という視点の表現の仕方はしないですよね。もっと「1対1」の関係を描写する歌詞が多いように思います。

常田:それはあるかもしれない。集団に問いかける、というやり方が苦手で。だから俺は、MCでもなにを喋ったらいいのかわからなくなるんです。一人ひとりに対して喋ることはできるんですけど、まとめて喋るっていうことが苦手。だから、1対1の関係の歌詞になるんだと思います。

—常田さんのなかには、集団に対する違和感があるのでしょうか?

常田:う~ん……特にそういう訳ではないですが……集団には作った人の哲学があるじゃないですか? 俺は誰かの哲学に共感して一緒に頑張りたいと思うよりも、自分の哲学に沿って何かを作り出していきたいタイプというか。

—「合わせる」という発想があまりないわけですよね。

常田:そうですね。俺にとってはなによりも、自分のなかで腑に落ちているか? ということが重要で。それが、物事の判断基準になるんです。だから必然的に、自分の周りの仲間たちと育ってきたし、クリエイティブも基本的には、ジャケットも映像も含め、自分たちの周りで完結させている。でも、このやり方ってすごく責任を伴うんですよ。もし、かっこ悪いものになってしまったとしても、それは自分の責任ということになるから。

常田大希(King Gnu)

Page 1
次へ

リリース情報

King Gnu
『Flash!!!』

2018年7月13日(金)配信リリース

  • AppleMusicで聴く
  • プロフィール

    King Gnu(きんぐ ぬー)

    東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター・常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Dr,Sampler)、新井和輝(Ba)、井口理(Vo,Key)の4名体制へ。『SXSW2017』、『Japan Nite US Tour 2017』出演。2017年4月26日、バンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

    何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

    1. 『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場 1

      『ジョジョ』東方仗助、岸辺露伴、吉良吉影モデルのスーツがP.S.FAから登場

    2. マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』 2

      マーベル作品の異端かつ、ど真ん中 『ワンダヴィジョン』

    3. 坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演 3

      坂元裕二の朗読劇開催 高橋一生×酒井若菜、林遣都×有村架純ら4組が出演

    4. 『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録 4

      『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの日輪刀を再現 セリフや効果音など35種の音声収録

    5. GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力 5

      GEZANマヒト×Essential Store田上 人を繋ぐ「モノ」の力

    6. 星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う 6

      星野源が語る、創作の原点 「ものづくり」を通じて他者と向き合う

    7. 伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売 7

      伊勢丹の「あのショッパー」が限定レザーバッグに 通販では即完売

    8. 北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開 8

      北村匠海主演、カツセマサヒコ原作『明け方の若者たち』映画化 2022年公開

    9. 映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 9

      映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋

    10. Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を 10

      Uttzsが変えるオンライン鑑賞体験。離れた場所でも豊かな時間を