特集 PR

『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

Eggs
インタビュー・テキスト
長嶋太陽
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一
2018/07/11

どんな経験や生き方をしてきた人が聴いても「そうだよね」って共感して励まされる音楽が一流のものなのかな。

—実際に曲を書きはじめてみていかがでしたか?

琴音:最初は真っ白な紙に絵を描くような感覚でした。まっさらだからこその大変さもありましたけど、振り返ると「こういうコード進行はやったな」とか、そういう悩みが当時はなかったので、すごく自由だったのかもしれないですね。

琴音
琴音『願い』収録曲“大切なあなたへ”を聴く(Eggsを開く

—最初からすんなり曲を書けてしまったんですね。影響を受けたアーティストや楽曲はありますか?

琴音:曲作りに関しては、基本的に歌うことが好きで曲を書きはじめているので、カバーしてきた歌のすべてが自分の元になっているとは思います。特定のアーティストに影響受けたかと訊かれると難しいのですが、当時は父親の曲を頻繁に歌っていたので、コード進行は父からの影響かもしれないですね。

あと歌詞については、父がMr.Childrenが好きで私も参考にしています。自分が思い描いているものと、それを聴く人が思い描くものは違うじゃないですか? どんな経験や生き方をしてきた人が聴いても「そうだよね」って共感して励まされる音楽が一流のものなのかなと思っていて、私にとっては歌詞を書くうえで重要なことです。

—普段はどういうふうに曲を書いているのですか?

琴音:家にCDや楽器だけが置いてある部屋があって、曲を作るときはそこに1人でこもって曲を作っているんです。自分の主観と自分の胸の内をえぐり出して、記憶や考え方を全部見つめ直して、他人の関わりのないところで曲を作っています。

ただ曲ができたら、いろんな人に聴いてもらうようにしているんですけど、そのとき、自分だけのものから多くの人のものに変わる感覚があるんですよね。それに、曲ができあがった瞬間から、時間が経てば自分自身も変化しますよね。だからこそ、自分が歌うときは、楽曲を作っていたときの自分の気持ちを蘇らせて歌っています。

琴音
琴音『願い』収録曲“last word”を聴く(Eggsを開く

やっぱり、コンセプトって必要だと思うんです。

—これまで自主制作で作品を発表されていましたが、その過程はどういったものでしたか?

琴音:歌詞を書いて、曲を作って録音するところまでは自分でやっていました。そこから先の機械を使って編集したりミックスしたりする作業はお母さんに助けてもらって、相談しながらやってきましたね。

—実際の音楽活動にあたってもご両親の存在が大きいのですね。『願い』は初めての全国流通作品ということで、制作環境の違いもあったのではないですか?

琴音:今までの曲は、声とギターと、曲によってはピアノが入るくらいで、ある意味自分だけの世界のなかで完結していたんですけど、今回は、これまでの自分とは関わりのなかった人が楽器隊として入ってくれたり、アレンジをしてくれたりしたんです。そのおかげで、「違う人から見た自分の曲はこう見えているんだな」「他の人の手が加わると、こういう雰囲気にしてもらえるんだな」という発見がありました。

琴音

琴音:でもだからといって、「イメージと違う」ということもなくて、自分の曲に飾りつけがされていく、という感覚でしたね。レコーディングのときにもいろいろな意見をいただきましたが、最終的な判断は自分に任せてもらえました。私は頑固者なので、「ああしたい、こうしたい」ということに寄り添ってもらえて、すごくやりやすかったです。

—この5曲を選んだのはどういう理由だったのですか?

琴音:選曲も、チームで話し合いながら決めていったのですが、最終的に選ぶのは自分でした。きちんと題材があって、選曲された曲たちに繋がりがある作品に触れるなかで、軸があることはすごく大事だなと思うようになって。やっぱり、コンセプトって必要だと思うんです。最初のCDにどういう想いを込めるべきか、ということを考えながら、決めていきました。

—具体的にはどんなコンセプトだったのでしょうか?

琴音:『願い』のコンセプトは、純粋で明るくあたたかい、誰かに伝えたい気持ちやエールを集めたものです。主観や自分の感情を伝えるというよりは、そのコンセプトに沿った楽曲を選びました。

琴音『願い』ジャケット
琴音『願い』ジャケット(タワーレコード オンラインで見る

Page 2
前へ 次へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。

料金:無料

リリース情報

琴音『願い』(CD)
琴音
『願い』(CD)

2018年7月11日(水)発売
価格:1,620円(税込)
EGGS-032

1. 願い
2. 音色
3. 記憶
4. last word
5. 大切なあなたへ

  • TOWER RECOREDS
    で購入する
  • プロフィール

    琴音
    琴音(ことね)

    新潟県長岡市出身。高校2年生、16歳のギター弾き語りシンガーソングライター。中学生の頃からオリジナル楽曲を制作し、広く注目を集める。あどけなさと、透き通る歌声が紡ぐ詞の世界観が魅力『Eggs presents ワン!チャン!!~ビクターロック祭り2018への挑戦~』グランプリ。テレビ朝日『今夜、誕生!音楽チャンプ』グランドチャンプを獲得。3月17日幕張メッセで開催された『ビクターロック祭り2018』にて、オリジナルソング「願い」「音色」を披露。 7月11日、ミニアルバム『願い』をリリース

    関連チケット情報

    2018年10月6日(土)〜10月7日(日)
    長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2018
    会場:東山ファミリーランド(新潟県長岡市)(新潟県)
    2018年11月17日(土)
    琴音
    会場:duo MUSIC EXCHANGE(東京都)

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    yahyel“TAO”

    音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

    1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

      安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

    2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

      大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

    3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

      三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

    4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

      TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

    5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

      『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

    6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

      渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

    7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

      安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

    8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

      平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

    9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

      崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

    10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

      Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く