特集 PR

『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

Eggs
インタビュー・テキスト
長嶋太陽
撮影:伊藤惇 編集:山元翔一
2018/07/11

今の自分にどういうことができるのかわからないし、未来のことはもっとわからない。

—表題曲でもある“願い”の歌詞を見ると、前半は主語が「君」になっていますが、後半は一転して、「僕」が主語になっていますよね。前半はお母さんが子どもを見ている目線、後半はその子ども自身の目線なのかなと感じましたが、いかがですか?

琴音:まさにそうです。この曲は、中学3年生のときに保育園の実習に行って、赤ちゃんと触れ合ったり、その赤ちゃんのお母さんの話を聞いたことがきっかけで生まれました。お母さんが子どもを思うときの優しさやあたたかさを歌にしたくて、それが1番の歌詞になっています。

そして、赤ちゃんが大きくなっていけば、思春期の葛藤や悩みもありますよね。そこに自分自身の感覚を重ねて、悩みながら大人になっていけたらいいのかな、という想いを2番で書いています。やっぱり、前向きに進んでいくことが大事だと思うんです。2番の歌詞には自分だけではなく、自分の同世代の気持ちも重ねて書きました。

—楽曲を制作する際、主観と客観をどう使い分けているのですか?

琴音:基本的に自分は、主観で捉えたものを歌うことが多いんですけど、この曲に関しては「母」という存在になりきって歌詞を書いてみたので、そういった意味で少し特別なのかもしれないです。

—16歳の琴音さんが「お母さんの気持ち」を想像できるって、すごいことだなと思います。

琴音:いえいえ(笑)。こういうふうに歌っていますけど、実際はいいことばかりじゃないですよね。お母さんも、嬉しいことや楽しいことはもちろんあるけど、辛いことや大変なこともあると話していました。でも根底には生まれてきてくれた子どもへの愛情があって、そのあたたかい部分、優しい部分をくり抜いて曲にしてみたかったんです。

—琴音さん自身の家族への想いも、そこに重なっているのかもしれませんね。

琴音:そう思います。家族に対しては、そのときどきでいろいろな気持ちがありますが、やっぱりこの両親のもとに生まれてよかったと思います。「琴音」という名前は、音楽をやっている両親が「音楽を好きになってほしい」と願ってつけてくれた名前で、本当にその願いのとおりに育ってきたと思うんです。名前というのは、心の深い部分に関わってきますよね。だからこそ感謝しています。

琴音

—今回のCDリリースは、ご両親の想いが実ったとも言えそうですね。そして、琴音さんは、「歌手になりたい」という夢を叶えたわけじゃないですか。

琴音:そうですね。たくさんの人に知ってもらえたからこそ、自分のなかでモチベーションは今まで以上に上げていかなくちゃいけないと思っています。CDリリースする機会をいただいてから、常に精一杯やるということ、前よりもよりよくしていこうということは、強く考えるようになりました。歌唱力とか表現力もそうだし、曲も、前よりもいいものを作りたいですね。失敗するかもしれないけれど、そう考えています。

—ここがゴールじゃなくてスタート地点というのも自覚されているんですね。これからやりたいこと、叶えたいこと、未来のことについて、どういうふうに考えていますか?

琴音:それは逆に自分も気になっているんです。今の自分の限界がどこにあるのかも全くわからないですし、これからいろんな人に出会って、自分も変わっていくと思います。今の自分にどういうことができるのかわからないし、未来のことはもっとわからない。でも、一つひとつの機会を真摯に精一杯やることが大事ですよね。意気込みを持って、日常の小さな行いを積み重ねていけたらいいのかなと思います。

琴音

Page 3
前へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。

料金:無料

リリース情報

琴音『願い』(CD)
琴音
『願い』(CD)

2018年7月11日(水)発売
価格:1,620円(税込)
EGGS-032

1. 願い
2. 音色
3. 記憶
4. last word
5. 大切なあなたへ

  • TOWER RECOREDS
    で購入する
  • プロフィール

    琴音
    琴音(ことね)

    新潟県長岡市出身。高校2年生、16歳のギター弾き語りシンガーソングライター。中学生の頃からオリジナル楽曲を制作し、広く注目を集める。あどけなさと、透き通る歌声が紡ぐ詞の世界観が魅力『Eggs presents ワン!チャン!!~ビクターロック祭り2018への挑戦~』グランプリ。テレビ朝日『今夜、誕生!音楽チャンプ』グランドチャンプを獲得。3月17日幕張メッセで開催された『ビクターロック祭り2018』にて、オリジナルソング「願い」「音色」を披露。 7月11日、ミニアルバム『願い』をリリース

    関連チケット情報

    2019年4月3日(水)
    琴音
    会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(東京都)

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    PUNPEE“タイムマシーンにのって”

    あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

    1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

      FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

    2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

      桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

    3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

      ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

    4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

      小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

    5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

      遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

    6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

      映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

    7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

      『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

    8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

      太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

    9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

      新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

    10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

      Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー