特集 PR

恐るべき10代、ニトロデイの所信表明。忌憚ない言葉で現状を語る

恐るべき10代、ニトロデイの所信表明。忌憚ない言葉で現状を語る

ニトロデイ『レモンドEP』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:馬込将充 編集:山元翔一、矢島由佳子

ひねくれてるんで、アジカンとかNirvanaはみんな聴いてるし、「好き」って言いたくない。(小室)

—ニトロデイの出身は横浜で、ASIAN KUNG-FU GENERATIONという大先輩がいるわけじゃないですか? 彼らももともと、Weezerをはじめとする1990年代のアメリカのオルタナティブに影響を受けていて、なおかつ“N.G.S”(ナンバーガールシンドローム)という曲もあるように、その時代の日本のバンドにも影響を受けつつ、今では日本のロックのメインストリームを担う存在になっている。彼らのことをどんなふうに見ていますか?

松島:私は高校の軽音部で他のバンドがコピーしてるのを聴くまで知らなくて、最近聴きはじめました。

やぎ:私はもともと好きで、それこそ軽音部でよくコピーされてる他のバンドと比べて歌詞もいいし、よき音楽だなって思います。

やぎひろみ
やぎひろみ

ASIAN KUNG-FU GENERATION『君繋ファイブエム』(2003年)収録の“N.G.S”を聴く(Apple Musicはこちら

—小室くんはどうですか?

小室:今までは通ってはこなかったですね。

—じゃあ、ちょっと乱暴な聞き方だけど、Nirvanaに影響を与えたSonic Youth、そしてNUMBER GIRLのように先駆者としてリスペクトされ続けているバンドと、NirvanaやASIAN KUNG-FU GENERATIONのように、先達の遺伝子を受け継ぎつつ、実際にシーンを大きく変えたバンド、どちらにより憧れますか?

小室:今まで通ってきていないので、それはもう断然、NUMBER GIRLやSonic Youthのほうです。ひねくれてるんで、アジカンとかNirvanaはみんな聴いてるし、「好き」って言いたくない。

松島:私はオルタナティブなものをルーツに持ちつつ、メインストリームにまでなったアジカンもすごいと思う。

やぎ:私もそうかもしれない。みんなが知らないような音楽が好きなのに、多くの人に知られる存在になったのは、バンドとしてすごいなって。

岩方:俺もそういうバンドをすごいなとは思うんですけど、憧れるのはNUMBER GIRLとかSonic Youthのほうですね。「先にやってたほうがかっこいい」って思っちゃう。

岩方ロクロー
岩方ロクロー

……俺たちのほうが青春パンクだと思います。(小室)

—じゃあ、もう1バンド、アジカンとも仲のいいART-SCHOOL。彼らも出自としてはNIRAVANAとかの存在が大きくて、そこから自分たちのスタイルを確立していったバンドです。

小室:ART-SCHOOL大好きです。

—小室くんは木下理樹さんに音源を手紙つきで渡していましたよね。理樹さんがInstagramにアップしていて、すごいいいなって思いました。

小室:一緒にライブもやってくれたし、身近に感じる存在です。

Riki Kinoshitaさん(@rikikundeath)がシェアした投稿 -

木下理樹のInstagramより

—ひと昔前、彼らが「鬱ロック」と呼ばれていたのは知ってますか?

やぎ:syrup16gとかもですよね。syrup16g大好きです。

—そうそう。「鬱ロック」という言葉の是非はさておき、要は内省的だったり、「死」について歌ってたりしたから、そういう名前がつけられたと思っていて。ただ当時、メインストリームでは「青春パンク」が盛り上がっていたんだけど、「こっちのほうがリアルじゃん」って思った人が多かったからこそ、ART-SCHOOLをはじめとするバンドたちは今でも支持されてるんだと思うんですよね。

松島:青春パンクはマジ無理!

岩方:俺は小中学生の頃、青春パンク大好きだった(笑)。

小室:青春パンク……俺たちのほうが青春パンクだと思います。

—たしかに! 当時盛り上がっていた「青春パンク」とはまた違った意味で、青春期特有の焦燥感とかリアリティーをパンキッシュに鳴らしているっていう点では、ニトロデイこそ青春パンクと言えそうですよね。

小室:最近のバンドで、俺が表現したいと思うようなことをやっている人はいないから、そういう音楽を自分たちがやれているっていうのは、胸を張っていいかなって。

小室ぺい
小室ぺい

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

ニトロデイ『レモンドEP』
ニトロデイ
『レモンドEP』

2018年7月25日(水)発売
価格:1,500円(税込)
PECF-3205

1. レモンド
2. グミ
3. 向日葵
4. 氷菓
5. ユース

イベント情報

『「レモンドEP」 RELEASE TOUR』

2018年8月4日(土)
会場:神奈川県 横浜 BB STREET
共演:
突然少年
Layne
betcover!!

2018年8月10日(金)
会場:大阪府 心斎橋 Pangea
共演:
ナードマグネット
MASS OF THE FERMENTING DREGS

2018年8月14日(火)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET
共演:
The Wisely Brothers
Layne
THE STEPHANIES

2018年8月30日(木)
会場:東京都 下北沢 THREE
共演:
uri gagarn

プロフィール

ニトロデイ
ニトロデイ

ニトロデイは平均年齢18歳ながら、そのサウンドは90年代のオルタナティブに影響を受けた、爆音なオルタナティブロックを演奏する。吐き出すようにシャウトするヴォーカル小室ぺいの独特の語感によって描かれるキャッチーでフックのある歌、初期衝動丸出しのやぎひろみの破壊的轟音なギターサウンド、それを支える屈強なリズム隊。初期衝動は勿論、それだけでは終わらない大きな可能性を秘めた、2018年最も大きな注目を集めているロックバンドである。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優