特集 PR

Czecho No Republicが語る、メンバー脱退を乗り越え4人で進む未来

Czecho No Republicが語る、メンバー脱退を乗り越え4人で進む未来

『murffin discs audition 2018』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:YAMA 山添雄彦 編集:矢島由佳子

それはあまりにも突然の出来事だった。4月9日に発表された、メンバーの脱退。2013年のタカハシマイと砂川一黄の加入から5年目を迎え、3月にはニューアルバム『旅に出る準備』を発表した矢先だっただけに、ショックを受けたファンも多かったに違いない。

しかし、すでに4人のメンバーは視線を未来へと切り替えている。5月からの2マンツアーに続いて、7月8日には主催イベント『ドリームシャワー2018』を成功させ、延期となっていたワンマンツアーも9月から振替公演が開催決定。8月1日に配信されるシングル『Baby Baby Baby Baby』は、4ピースバンドとしての可能性を感じさせるに十分な一曲だ。「始まり」と「終わり」が表裏一体であるように、「ピンチ」と「チャンス」も表裏一体。Czecho No Republicの新たな旅は、ここから始まる。

物事がよくなっていくときって、なにかを手放したり、いろんな変化が必ずあると思うんです。(武井)

—突然の脱退発表から約3か月半が経過しました。まずは現在の率直な心境を話していただけますか?

武井(Vo,Ba):俺としては、今、とてもよいです。Czecho No Republic(以下、チェコ)を組んでから一番ポジティブな期間に突入した感じがしてます。

—『ドリームシャワー』でのライブも手応えがあった?

武井:超自然に楽しめました。俺らの前にSUPER BEAVERが半端ないライブをしていて、前だったら「あんなの観ちゃったら、ステージに出られないよ」ってなってたかもしれないけど、今は「誰かと比べてもしょうがないし、自分たちには自分たちの素晴らしさがある」と思えるようになった。だからポジティブなエネルギーだけをもらって、楽しくライブができましたね。

左から:砂川一黄、タカハシマイ、武井優心、山崎正太郎
左から:砂川一黄、タカハシマイ、武井優心、山崎正太郎

—もちろん、脱退の影響は少なくなかっただろうけど……。

武井:まあ、物事がよくなっていくときって、なにかを手放したり、いろんな変化が必ずあると思うんです。だから八木が離れたことも、今は全然ネガティブに捉えてない。八木は八木で自分のやりたい音楽が見つかって、俺らはそれを応援したいし、俺らも俺らの音楽を突き通そうって。なので、精神的にはとてもいい状態ですね。

—タカハシさんはいかがですか?

タカハシ(Cho,Syn,Per):4人になって、最初はとにかくがむしゃらに「やってやるぞ!」という気持ちしかなかったんですけど、それによってメンバーの気持ちがよりひとつになれた気がします。5人のチェコとはまた違うけど、「4人のチェコもすごくいいよ」って言いたい。

タカハシマイ
タカハシマイ

—『ドリームシャワー』のライブは、まだ「がむしゃら」って感じでしたか? それとも、楽しめました?

タカハシ:自分たちのイベントって気持ちが入りすぎちゃうんですけど、今回は最初から最後まで楽しめました。私はSUPER BEAVERを観てちょっとビビっちゃいましたけど(笑)、でも4人のチェコに自信を持つことができたので、すごくよかったです。

砂川(Gt):5人から4人になって、一人ひとりの役割とか立ち位置が明確になったんですよね。ライブでも一人ひとりがなにをやるのかが鮮明になったし、責任感もより強くなったことが、一音一音に出てる気がする。すごくやりがいがあるし、気持ちもひとつになって、前向きな状態ですね。

山崎(Dr):最初に八木さんから話を聞いたときは、正直「なに言ってんだ?」って思ったんですけど、でも本人のやりたいことをやるのが一番だと思うんです。なにが正解だったのかはわからないけど、今は4人が一丸となってやれてるし、時が経つにつれて、お互いにとっていい選択だったと思えるようになりましたね。

山崎正太郎
山崎正太郎

—計画していたツアーをやり切ってから脱退という選択肢もあったわけですよね?

武井:もちろん、そのほうがストーリー的には一番美しかったと思うんですけど……そこまで利口になれなかったというか。お客さんからは「最後に八木さんに会いたかった」という声もいっぱいもらったし、そこを飲み込めなかった自分の情けなさも感じるんですけど、なにより4人での未来にスポットを当てるほうに目がいっちゃって。

こんなこと言うと不謹慎かもしれないけど、4人のチェコの未来にめっちゃワクワクしちゃってる自分もいたんです。脱退の話し合いをしてる最中から、頭のなかで次にやりたい音が鳴り始めて、タカハシがエレキギターを弾いてる画とかが浮かんできたんですよ。

武井優心
武井優心

Page 1
次へ

プロジェクト情報

『murffin discs audition 2018』
『murffin discs audition 2018』

murffin discsが2年ぶりとなる『murffin discs audition 2018』を開催。応募者の国籍、年齢、性別、演奏形態、ジャンル、個人、グループは不問。グランプリ獲得アーティストには、murffin discsから音源をリリースする権利と、副賞として賞金50万円が贈られる。メインエントリーはEggsから。さらに推薦枠が用意され、推薦したアーティストがファイナリストに残った場合は推薦者にiTuneカード1万円分をプレゼント。

リリース情報

Czecho No Republic『Baby Baby Baby Baby』
Czecho No Republic
『Baby Baby Baby Baby』

2018年8月1日(水)配信リリース

ウェブサイト情報

『Czecho No Republic「Baby Baby Baby Baby」リリース記念 ZIMA”もっとサマーを!”BARから生配信!』

8月1日(水)19:00より、LINE LIVEにて配信
番組ハッシュタグ:#チェコZIMA

イベント情報

Czecho No Republic
『「旅に出る準備」リリースツアー』

2018年9月14日(金)
会場:福岡県 天神 the voodoo lounge

2018年9月16日(日)
会場:大阪府 梅田 バナナホール

2018年9月21日(金)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN'

2018年9月28日(金)
会場:宮城県 仙台 CLUB JUNK BOX

2018年10月2日(火)
会場:東京都 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

プロフィール

Czecho No Republic
Czecho No Republic(ちぇこ のー りぱぶりっく)

メンバーは、武井優心(Vo,Ba)、タカハシマイ(Cho,Syn,Per)、砂川一黄(Gt)、山崎正太郎(Dr)。2010年結成。2013年に日本コロムビアよりメジャーデビュー。カラフルでポップでファンタジックなサウンドに、男女のボーカル、多重コーラスが織り成す多幸感溢れる楽曲・ステージは必聴必見。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図