特集 PR

石橋英子は、なぜ中国語の歌を作った?立役者チェン・ビーと語る

石橋英子は、なぜ中国語の歌を作った?立役者チェン・ビーと語る

石橋英子『The Dream My Bones Dream』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:草野庸子 編集:山元翔一

石橋英子の新作『The Dream My Bones Dream』が素晴らしい。これまでになくパーソナルな作品でありながら、聴き手を選ぶことなく、ここにしかない音の風景が広がっている。ルーツを探求しつつ、過去と未来を横断し、「今」という時代を生きる音楽家としての使命をにじませた、「緊張感を伴う福音」といった趣がある。

そんなアルバムの収録曲"Agloe"で中国語詞を担当したのが、シンガーソングライターのチェン・ビー。学生時代に日本文化に興味を持ち、かつては東京に住んでいたこともあって、日本語が堪能な彼女。昨年は鈴木惣一朗をプロデューサーに迎え、アルバム『歩いても歩いても』を制作し、青葉市子を迎えてのレコ発も盛況で終えている。

石橋とチェン・ビーが実際に対面したのはこの日が初めて。今回の共作は偶然の産物だったわけだが、2人は「声なき者の声を聴く」という点で確かに共鳴していた。未来から振り返ったとき、この出会いも「必然」と思えるのかもしれない。

本当に、救世主というか、天使が舞い降りてきたと思いました(笑)。(石橋)

—まずは石橋さんがチェン・ビーさんに“Agloe”の中国語詞を依頼した経緯から教えてください。

石橋:今回のアルバムは4年間制作してきて、去年の末にようやく歌入れがはじまったんです。“Agloe”はメロディーに歌詞を当てたとき、中国語の響きしか合わないんじゃないかと思って、どうしても中国語で歌いたくて。無意識に、中国語の歌を作っている意識があったんだと思うんですけど。

—曲のモチーフが中国と関連していた?

石橋:この曲では1920~30年代、満州にユートピアを求めた日本人と、自分たちの土地を奪われた満州の人たちの両方が同時にアイデンティティーを失っていく姿を描きたくて、であれば、その土地の言葉で歌うのがいいと思ったんです。それで、私の日本語詞を中国語に訳してくれる方を探していたんですけど、なかなか見つからなくて。もう諦めかけて、自分で日本語の歌を録りはじめた矢先に、チェン・ビーさんを紹介していただいて、お願いすることになったんです。

—求めていた人が、ギリギリになって現れたと。

石橋:本当に、救世主というか、天使が舞い降りてきたと思いました(笑)。

左から:チェン・ビー、石橋英子
左から:チェン・ビー、石橋英子

—今回のアルバムについて、資料には「家族が残した写真をきっかけに、忘れ去られた歴史を掘り起こすところから作品づくりが始まった」とありますね。

石橋:2年前、父が亡くなったこともあって家によく帰っていたんですけど、そのとき父の子どもの頃の写真と、父の父親、私のおじいさんの写真が出てきたんです。おじいさんは満州鉄道の「満州電気」っていう会社で働いていたみたいなんですけど、父は当時のことを全然話してくれなくて……きっといろいろ辛かったからだと思うんです。だから私は母や親戚から話を聞いて、どういう時代だったのか、自分なりにいろいろ調べました。

日本の学校では、第二次世界大戦前後の歴史ってちゃんと教えてくれないじゃないですか? 歴史の授業は紀元前の話からはじまって、本当は一番大事なはずの近代史についてはあまり教えてもらえない。だから私、わからないことがたくさんあったんですけど、自分で調べながら、父がどういうところにいたのか想像して。

―制作期間の途中に父親が亡くなったことが、結果的にアルバムの内容に反映されたと。

石橋:そう。最初からこういう作品を作ろうと思っていたわけじゃなくて、ちょうど制作期間と時期が重なったことで、今回みたいなアルバムになったんです。

石橋英子『The Dream My Bones Dream』収録曲

—チェン・ビーさんは中国と日本と、双方の視点を持っていらっしゃると思いますが、歴史教育について思うところはありますか?

チェン:「歴史は勝者によって作られる」という言葉があって、私もそう思うんです。なので、学校を卒業してからは、自分の目で見たり、調べたりして、中立の立場で歴史を捉えようと努めています。ただ、個人にとって歴史は大きすぎるので、無力感も感じます。

石橋:私もそう思います。

Page 1
次へ

リリース情報

石橋英子『The Dream My Bones Dream』
石橋英子
『The Dream My Bones Dream』(CD)

2018年7月4日(水)発売
価格:2,700円(税込)
felicity cap-283 / PECF-1155

1. Prologue: Hands on the mouth
2. Agloe
3. Iron Veil
4. Silent Scrapbook
5. A Ghost In a Train,Thinking
6. The Dream My Bones Dream
7. Tunnels to Nowhere
8. To the East
9. Epilogue: Innisfree

イベント情報

『石橋英子×マームとジプシー presents 藤田貴大の「The Dream My Bones Dream」』

2018年9月21日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW
演出:藤田貴大
演奏:
石橋英子
ジム・オルーク
ジョー・タリア
須藤俊明
波多野敦子
山本達久
出演:成田亜佑美
料金:前売4,000円(ドリンク別)

リリース情報

チェン・ビー『歩いても歩いても(歩履不停 / Ever Walking)』
チェン・ビー
『歩いても歩いても(歩履不停 / Ever Walking)』

2018年3月3日(土)発売
価格:2,700円(税込)

1. 序(Prologue)
2. 人生の意味(人生的意義/Meaning of Life)
3. 静かな私(這是我安靜的樣子/When I'm Quiet)
4. 海に行こう(去海邊/Going to the Beach)
5. 木よ木(樹啊樹/Tree)
6. 歩いても歩いても(步履不停/Ever Walking)
7. 骨が白い刃になる(屍骨成為白色刀刃/White Blade from a Bone)
8. 薄霧の鐘(薄霧晨鐘/Bell in the Light Fog)
9. 夜の枯れ花(夜里凋落的花/Withered flowers of the night)
10. 言わない秘密(不言的秘密/Untold Secret)
11. ナクモリヲ(自由/Freedom)

プロフィール

石橋英子
石橋英子(いしばし えいこ)

茂原市出身の音楽家。いくつかのバンドで活動後、映画音楽の制作をきっかけとして数年前よりソロとしての作品を作り始める。ピアノをメインとしながらドラム、フルート、ヴィブラフォン等も演奏するマルチプレイヤー。シンガーソングライターであり、セッションプレイヤー、プロデューサーと、石橋英子の肩書きでジャンルやフィールドを越え、漂いながら活動中。近年は坂本慎太郎、ジム・オルーク、七尾旅人、星野源、前野健太などの作品やライブに参加。劇団マームとジプシーや、映画・ドラマなどの音楽を手掛ける

チェン・ビー

中国山東省生まれ。北京大学(外国語学部日本語科、修士号)卒業。中国を代表するシンガーソングライターとして、これまで中国で4枚のアルバムをリリース。谷川俊太郎や金子みすゞの詩を自ら訳して楽曲に取り入れた彼女の歌声は、中国と日本の文化を結ぶ架け橋となっている。2016年夏には初の日本ツアー(東京、沖縄)を行い、東京公演では青葉市子と中国人アーティストのモーシー(莫西子詩、チェン・ビーの3枚目のアルバム「あなたと上の空」のプロデューサー)をゲストに招き、共演を果たす。5枚目となる最新アルバム「歩いても歩いても(歩履不停/Ever Walking)」は、鈴木惣一朗をプロデューサーに迎え東京でレコーディングを行い、2018年にアジア圏(中国、台湾、シンガポール、マレーシア、日本)で一斉発売された。日本国内では「PANDA RECORD」より音源を発表している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に