特集 PR

野村萬斎×小野寺修二対談 古典『竹取物語』を現代に蘇らせる

野村萬斎×小野寺修二対談 古典『竹取物語』を現代に蘇らせる

現代能楽集IX『竹取』
インタビュー
尾上そら
テキスト・編集:川浦慧 撮影:江森康之

狂言師・野村萬斎が、古典の知恵と洗練を現代に還元したいというアイデアから2003年にスタートした『現代能楽集』シリーズ。世田谷パブリックシアターの芸術監督就任以来、狂言師という視点を活かして企画・監修を務めてきたものだ。

今秋9回目を迎える同シリーズで、構成・演出を手がけるのは、「フィジカルシアターの旗手」と称され、マイムをベースとした独自の演出を得意とする小野寺修二。小林聡美、貫地谷しほりらを迎え、日本最古の物語『竹取物語』を紐解き、新たな物語として見せるという。

古典『竹取物語』と、身体表現を得意とする小野寺との化学反応は、一体どのような「現代」を浮かび上がらせるのだろうか? 作品の構想段階にいるという小野寺と萬斎に話を聞いた。

能楽的な身体の動きを小野寺さんにぶつけてみることで、どんな化学反応が起きるかなぁと。(萬斎)

—2003年から始まった『現代能楽集』シリーズも、今回で第9弾です。世田谷パブリックシアターを預かられる身となってからのご自身の「核」でもあると思うのですが、それを立ち上げ始めた頃の話を先にうかがって良いでしょうか。

萬斎:能、狂言含めて能楽と呼びますけれども、自分自身いろいろな現代劇や現代的なコンテンポラリーパフォーミングアーツと関わってきた中で、古典と現代劇の融合ができないかと考えたのが、アイデアのきっかけです。

僕が能楽にあるアイデアを使った作品を取り扱うことはこの劇場(世田谷パブリックシアター)の色でもありますが、それだけではなくて、現代の作家、振付家、演出家など、コンテンポラリーパフォーマンスをやっている方に、能楽的な発想や機会を付加することで新しいものができないかということも考えていました。

野村萬斎
野村萬斎

—今回、『竹取物語』という古典を題材にされたのは、どういった考えがあったのでしょうか?

萬斎:『現代能楽集』ですから、今までは能の作品から取っていたんですけど、今回は、小野寺さんからの提案で『竹取』をやることになりました。能楽的な身体の動きを小野寺さんにぶつけてみることで、どんな化学反応が起きるかなぁと。

—異質なものを取り入れていくことは、シリーズが固定化しないためにも必要なことです。どんなアーティストと一緒に作っていくかというのは、萬斎さんも考えるところですか?

萬斎:そうそう。いろんな切り口、アプローチができると作品が広がりますからね。

—自分にないものを持っている方と出会えば出会うほど、切り口として大きくなるわけですものね。やはり、マイムという身体表現をやってこられた、ある意味異質な表現を得意とされる小野寺さんへの期待感は大きい?

萬斎:はい。まぁでも、恐れずにバンバンやってほしいです。

小野寺:はい……隅の方で頑張ります(笑)。

小野寺修二
小野寺修二

『桃太郎』とか『竹取物語』って、なぜお父さんとお母さんが登場しないんでしょうね。(萬斎)

萬斎:今日も考えていたことなんですが、日本の昔話の『桃太郎』とか『竹取物語』って、なぜお父さんとお母さんが登場しないんでょうね。

小野寺:たしかに。

萬斎:変な話、捨て子なんじゃないかとか、ハーフだったんじゃないのかと考えますよね。桃が、どんぶらこどんぶらこと流れてくるのは、妊娠した女の人が溺れてるのを、おじいさんとおばあさんが助けたら子供が生まれたんじゃないかとか。

『竹取物語』も、竹を割ったような色白の女の子ってことは、外国の女の子が漂流してきたのを捕まえたりしたのかな、とかね。わからないですけど、やっぱりおじいさんとおばあさんしか出てこないのは、なぜなんでしょうね。

—昔話は、だいたいそういった設定ですね。

萬斎:その頃は、他民族と混じり合うことは良くないというような意味だったのかもしれないし。

—だいたい、おじいさんとおばあさんは山里に暮らしてますしね。村から離れたところにいる人達なんです。

小野寺:そこにも意味があるって話を聞きました。思ってもいない観点だったので驚きました。ただ、今回作品を作るうえで、そういう史実を伝える方向に行き過ぎるのは惜しいかなと。ステージでは、もっと視覚的なものを見せていかないと、全部言葉で説明しちゃいそうで。

—それだと、マイムをやる小野寺さんが作る意味が無くなっちゃいますね……。

小野寺:そうなんです(笑)。

—このシリーズは、「説明する」っていう、今どのエンターテイメントでも過剰になっている方向の、真逆を行くシリーズだと思うんです。想像力を駆使して、作る側も見る側もそれを相互に往還させることができるのが、このシリーズの魅力のような気がします。

小野寺:そうですね。演出はまだ構想段階なのですが、僕がやると、きれいにまとまっちゃいがちなんです。だけど、今お話ししていて、コミカルさとか、異質な要素や生っぽさみたいなものをどんどん取り入れていきたいと思いました。

左から:野村萬斎、小野寺修二

Page 1
次へ

イベント情報

現代能楽集IX『竹取』
現代能楽集IX『竹取』

構成・演出:小野寺修二
脚本:平田俊子
音楽:阿部海太郎
企画・監修:野村萬斎

出演:
小林聡美
貫地谷しほり
小田直哉(大駱駝艦)
崎山莉奈
藤田桃子
古川玄一郎(打楽器奏者)
佐野登(能楽師 宝生流シテ方)

東京公演

2018年10月5日(金)~10月17日(水)全14公演
会場:東京都 世田谷パブリックシアター シアタートラム
料金:一般6,000円 高校生以下・U24券3,000円 ほか プレビュー公演5,000円
※10月5日はプレビュー公演

滋賀公演

2018年10月21日(日)全1公演
会場:滋賀県 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 中ホール
料金:S席5,000円 A席3,000円

兵庫公演

2018年10月23日(火)、10月24日(水)全2公演
会場:兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
料金:A席5,000円 B席3,000円

福岡公演

2018年10月27日(土)、10月28日(日)全2公演
会場:福岡県 福岡市立東市民センター なみきホール
料金:S席3,500円 A席2,500円

熊本公演

2018年11月2日(金)全1公演
会場:熊本県 熊本県立劇場 演劇ホール
料金:S席4,000円 A席3,000円

プロフィール

野村萬斎(のむら まんさい)

1966年生。祖父・故六世野村万蔵及び父・野村万作に師事。重要無形文化財総合指定者。「狂言ござる乃座」主宰。2002年より世田谷パブリックシアター芸術監督。国内外で多数の狂言・能公演に参加、普及に貢献する一方、現代劇や映画・テレビドラマの主演、舞台『敦―山月記・名人伝―』『国盗人』『子午線の祀り』など古典の技法を駆使した作品の演出・出演で幅広く活躍。芸術祭新人賞・優秀賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、朝日舞台芸術賞、紀伊國屋演劇賞等受賞。2017年の『子午線の祀り』再演で毎日芸術賞千田是也賞、読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞。「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」では開会式・閉会式のチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターに就任している。

小野寺修二(おのでら しゅうじ)

日本マイム研究所にてマイムを学ぶ。1995年~2006年、パフォーマンスシアター水と油にて活動。06年、文化庁新進芸術家海外留学制度研修員として渡仏。帰国後、カンパニーデラシネラを設立。マイムの動きをべースとした独自の演出は、親しみやすさとアーティスティックなムーブメントを併せ持ち、幅広い世代から注目されるとともに、ミュージシャンやデザイナーなど異なるジャンルのアーティストからも熱く支持されている。第18回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞受賞。主な演出作品に、『異邦人』(13年/世田谷パブリックシアター)、『カラマーゾフの兄弟』(12年/新国立劇場)、『変身』(17年/静岡県舞台芸術センター)、『あの大鴉、さえも』『ロミオとジュリエット』(以上、16年/東京芸術劇場)など。「瀬戸内国際芸術祭2013」では、野外劇『人魚姫』を発表するなど、活動の場は劇場内にとどまらない。また、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出『キネマと恋人』、白井晃演出『ペール・ギュント』など、舞台作品の振付やステージングも手掛ける。2015年度文化庁文化交流使。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 1

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  2. 平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催 2

    平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催

  3. 有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」 3

    有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」

  4. HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳 4

    HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

  5. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 5

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  6. 遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ 6

    遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ

  7. 二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開 7

    二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開

  8. KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演 8

    KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演

  9. 韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン 9

    韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン

  10. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 10

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開