特集 PR

アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

Analogfish『Still Life』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:小田部伶 編集:久野剛士、山元翔一

たとえ50歳になってもっとラウドな音楽になったとしても、50歳なりの音楽をやりたいな。(下岡)

—『Still Life』は、<窓から見える街並みは Copy & Paste>と歌われる1曲目“Copy & Paste”で始まり、<この街は平和に見える>とリフレインされる“Pinfu”で幕を下ろしますよね。部屋の窓から街を見ている状態で始まって、最後は街の中に歩き出している……作品から、僕はそんな物語性を感じました。

下岡:全てが、あるひとつの街の中で起きていることにしたい、とは思っていて。なん年か前に、東京ステーションギャラリーにジョルジョ・モランディ(20世紀初頭に活躍したイタリアの静物画家)っていう芸術家の個展を観に行ったんですよ。

静物画って、同じモチーフを連作のように描くんですよね。同じモチーフだけどちょっとだけ画角を変えてみたり、ちょっとだけオブジェの並びを変えてみたり。それによって、作品としての奥行きがすごく出る。その感じが、自分の日常に似ているなって思ったんです。なので、今回は曲が一つひとつの静物画のイメージなんですよね。

左から:呂布カルマ、下岡晃(アナログフィッシュ)

呂布:定点観測みたいな感じですよね。ある街を定点観測していて、ある瞬間にギューッとフォーカスを絞っていく、みたいな。

下岡:そうそう。定点観測なんだけど、なにかに当たりをつけて、そこを書き続けるだけの詞は、あんまりよくないなと思っていて。定点観測していく中で、たまにズームしてみたり、カメラをどんどんとスイッチさせていったり、高いジャンプをたまに起こしたりするっていうことはすごく意識していて。

—なるほど。その書き方が、少しずつ変わりながら連なっていく静物画の在り方と重なっていく。

下岡:あと、モランディの個展のときに僕は、「Still Life」が、日本語で「静物画」という意味なんだって初めて知ったんです。

呂布:え、「Still Life」って「静物画」という意味なんですか?

下岡:うん。「Still Life」と「静物画」ってすごく飛躍しているんだけど、その飛躍に僕はすごく感動したし、その飛躍の間に、自分の頭の中に「Still Life」を直訳した「まだ生きている」っていう意味が泳いでいる……その感じが、すごく気持ちよかったんです。

Analogfish『Still Life』
Analogfish『Still Life』(Apple Musicはこちら

—「静物画」というモチーフから想起される、微細な動き、細やかさ、小さな声……そういったものを表現することは、いま、すごく重要なことのような気がします。大きな声や大きな力が、ときに暴力的なやり方で、物事の方向性を強引に変えていくことの恐ろしさのようなものを目の当たりにすることが、最近は多いような気がして。

下岡:うん、それは僕も感じます。ただ、ちょっと違う話になっちゃうのかもしれないけど、パンクロックが、デカい声で自分たちの主張を歌う……そういうことも、僕は大好きなんです。愛している。だから、そこに反対しているというわけでもないんですよね。

それよりは、もっと単純に、いま、自分がやるべきことはこれだったっていう感じです。情熱は、デカい音で発している人たちと変わらないと思う。飛躍した例えになっちゃうけど、僕らとRage Against The Machineは、情熱という点では変わらない。そう思いながら、僕はやっています。

—やっぱり下岡さんは、時代の中でどのように自分の声を発するのか……そういうことを、とても考えてらっしゃいますよね。

下岡:それをやらないと、誰もが一緒になっちゃうから。呂布くんも、きっとそうだと思う。

下岡晃(アナログフィッシュ)

呂布:そうですね。これは、アナログフィッシュに影響を受けてきたからかもしれないですけど、大声を出さないで聴かせるっていうのは、『SUPERSALT』(2018年)を作っているとき、僕も意識していました。聴く側も、小さな声のほうが、耳をそばだてて聴くだろうし。

呂布カルマ『SUPERSALT』(Amazonで見る

下岡:そうだよね。

呂布:それに、声は小さいほうが、こっちは楽だし(笑)。

下岡:ははははは(笑)。それも間違いないね(笑)。

呂布:だって、40代くらいの先輩が汗だくで跳ね回ってライブしているのを見ると、「すげぇなあ」と思うけど、「俺には無理だなあ」と思いますもん(笑)。

俺、下岡さんより5歳年下なんですけど(呂布カルマは現在35歳)、アナログフィッシュは同じように歳を取っていっている感じがして。若作りもせず、常にその年齢としての表現をしてくれているので、常にフィットするんですよね。歳を取るにつれて、若作りしていっちゃう人っているじゃないですか?

下岡:わかる。

呂布:そういう人を見ると、「俺らは置き去りで、20代ばっかり相手にしてんなあ。寂しいなあ」とか思っちゃうんですよね(笑)。まあ、「やむを得ずやってんだろうな」っていうのが見えたりもするし、それはそれで、かわいそうなことではあるんですけど。そういう意味でも、アナログフィッシュはずっと「わかるなあ」と思いながら聴いていられるんです。

呂布カルマ

下岡:いま呂布くんが言ってくれたことはすごく嬉しい。「年相応の音楽をやりたい」って常に思うから。いまって、歳をとった人が若い子の価値観に合わせることが価値になってしまっている気がするんだけど、僕は、それだけじゃないと思っていて。

40歳なら40歳、50歳なら50歳なりの音楽をやりたいなって思うんですよね。もちろん、それはどんどん静かな音楽になっていくっていうことではなくて。たとえ50歳になってもっとラウドな音楽になったとしても、50歳なりの音楽としてそれをやりたいなって思うんです。ムリに若い子に合わせにいく必要はないと思う。

呂布:そうですよね。若い子が背伸びをするのはかっこいいけど、若い子に合わせてかがんでいる大人はクソダサい。

下岡:僕は、そういう言い方はしないけど(笑)。でも、同じことは思ってる。

呂布:下岡さんは、「大金持ちになりたい!」なんて思います?

下岡:いや、思わないな。死ぬまでちゃんと生きることができれば、それでいい。たまに鰻とか食べたいけど(笑)。

呂布:まあ、飯くらいは(笑)。でも俺も、高級スイートを貸切って、仲間呼んでパーティーするとか、一切興味ないんで(笑)。いまくらいの感じを続けることができたらいいなあって思います。でも、それができている先輩は、ヒップホップにはなかなかいないので。自分の好きなことを、やりたいように自由に続けていられるっていうのは……いまの自分は、本当に贅沢なことをやれているんだなって思います。

左から:呂布カルマ、下岡晃(アナログフィッシュ)

Page 4
前へ

リリース情報

Analogfish『Still Life』
Analogfish
『Still Life』(CD)

2018年7月25日(水)発売
価格:2,916円(税込)
PECF-1157

1. Copy & Paste
2. With You (Get It On)
3. Sophisticated Love
4. Dig Me?
5. 静物 / Still Life
6. Ring
7. Uiyo
8. Time
9. Pinfu

イベント情報

『Tour “Still Life”』

2018年9月9日(日)
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET
料金:前売3,800円(ドリンク別) 当日未定

2018年9月15日(土)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 3rd
料金:前売3,800円(ドリンク別) 当日未定

2018年9月17日(月・祝)
会場:大阪府 心斎橋 Music Club JANUS
料金:前売3,800円(ドリンク別) 当日未定

2018年9月24日(月・祝)
会場:東京都 渋谷 WWW X
料金:前売3,800円(ドリンク別) 当日未定

プロフィール

Analogfish
Analogfish(あなろぐふぃっしゅ)

3ピースにして2ボーカル+1コーラス。唯一無比のハーモニーを響かせる希代のロックバンド。下岡晃(Gt,Vo)が問題提起する社会的なリリックと佐々木健太郎(B, Vo.)の情熱的な人間賛歌が見事に交差する楽曲群が魅力。それを支える扇の要、斉藤州一郎(Dr,Cho)のしなやかでファットなプレイと垢抜けたコーラスワークが高い評価を得る。共演ミュージシャンはもとより、映画、小説、漫画等、各界クリエイターからのラブコールは止みません。

呂布カルマ(りょふかるま)

日本のヒップホップMC。愛知県名古屋市を拠点に活動している。JET CITY PEOPLE代表。大阪芸術大学建築学科出身の父親のもとに生まれ、小学校時代を大阪府で過ごす。中学校に入ってから愛知県名古屋市に引っ越し、中部大学の附属高校を卒業後、名古屋芸術大学美術学部に入学。大学を卒業後も、フリーターを続けながら小学生からの夢であったプロの漫画家を目指すも挫折し、本格的にラップを始める。2018年5月9日に、5枚目となる最新アルバム『SUPERSALT』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲