特集 PR

Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

Cornelius『Ripple Waves』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:森山将人 編集:山元翔一

昨年6月に発表され、国内外で大きな話題を呼んだCorneliusの10年ぶりとなるオリジナルアルバム『Mellow Waves』。リリース後は国内の主要フェスに多数出演し、秋にはライブハウスツアーを敢行。今年3月には、メキシコ&北米ツアーも行っている。

そのアメリカ滞在時、ラジオ局「NPR」の人気企画『Tiny Desk Concert』に出演した際のライブ音源や、ニューヨークにあるSpotifyのスタジオで録音されたDrakeのカバー、さらには坂本龍一、細野晴臣、Hiatus Kaiyoteらによる『Mellow Waves』収録曲の再構築など、この1年の様々なワークスを収録したのが、新作『Ripple Waves』だ。10月にはホールツアー、11月には初となる台湾と香港でのライブも決定するなど、『Mellow Waves』の余波は今もさざ波のように広がり続けている。

Corneliusが初めてUSツアーを行ったのは、今からちょうど20年前。インターネット黎明期の当時と比較して、音楽を取り巻く環境は大きく変わり、海外に対する目線もまた変わってきたが、この20年でいかにして「世界のCornelius」は形成されたのか? それを紐解くことは、これからの日本の音楽シーンにとって大きなヒントになるはずだ。

Beckと最初に会ったのは、初来日のライブを観に行ったとき。楽屋に行ったら、中原昌也さんが紹介してくれた。

—今回の取材では、Corneliusの存在がどのように海外に、特にアメリカに知られていったのかを改めてお伺いしたいです。まず、1997年発表の『FANTASMA』が、翌年に「Matador Records」(アメリカを代表するインディーレーベルの1つ)からリリースされたのは、どういった経緯だったのでしょうか?

小山田:1997年に日本武道館でライブをやったときに、「Matador」の人が観に来て、そのライブの打ち上げで「うちから出したい」って話をされて。

Cornelius(小山田圭吾)
Cornelius(小山田圭吾)

—1990年代後半には、Pizzicato Fiveやギターウルフが「Matador Records」から、Buffalo DaughterやCibo Mattoの派生ユニットであるButter 08が「Grand Royal」(Beastie Boysが主宰するレーベル)から作品を発表するなど、ちょっとした日本人ブームがありましたよね。そういった流れのなかで、Corneliusも発見されたのでしょうか?

小山田:そうなんじゃないかな。マニー・マーク(Beastie Boysのコラボレーターとしても知られるプロデューサー)はまだ『FANTASMA』のアメリカ盤が出る前にリミックスを頼んできてくれたし、Beastie Boysもライブを一緒にやったり、リミックスもしたし。

「Matador」と「Grand Royal」はどっちもニューヨークが拠点で、「Matador」で働いていた人が、もともと「Grand Royal」の人だったんですよ。あと日本人の女の子が1人働いていたんだけど、その子は両方のレーベルを兼任してて、僕やBuffalo Daughterの宣伝をやってくれて。今、その子は「4AD」(イギリスのインディーレーベル)にいますね。

—へえ、そうなんですね!

小山田:あとサンフランシスコだけど、Fantastic Plastic Machineや嶺川(貴子)さんとかも出してた「Emperor Norton」もあったよね。でも、2000年を過ぎたらそのブームってなくなっちゃって。日本でスウェディッシュポップが急に流行ったりとか、ああいうのあるでしょ?(笑) きっとそういう感じだったんじゃないかなって思うんだよね。

小山田圭吾

—ちなみに、Beckとはいつどのように知り合ったのですか? 2017年のBeckの日本武道館公演にはゲスト出演されていましたし、1990年代から親交がありますよね。

小山田:最初に会ったのは、初来日のライブを観に行ったとき(1994年)。前座が暴力温泉芸者(中原昌也によるノイズユニット)で、楽屋に行ったら、中原さんが紹介してくれたのかな。それからしばらく会ってなかったんだけど、『FANTASMA』のツアーのロス公演に来てくれて、そのあとに向こうの雑誌かなんかで対談をして。そのときに彼の家に行って、それで仲よくなって、リミックスやったり、日本来たときに会ったり。

—武道館のときが久しぶりの再会でした?

小山田:いや、その前の年に『フジロック』で来てたから、そのとき一緒に飯食って、それが結構久しぶり。たしか腰を悪くしてたんだよね? それでしばらく日本に来てなかったから。

View this post on Instagram

1997 / 2017 #cornelius #beck @beck

Corneliusさん(@corneliusofficial)がシェアした投稿 -

小山田圭吾とBeck。CorneliusのInstagramより

—同年代ということもあり、やはりシンパシーを感じますか?

小山田:そうだね。知り合ってからだいぶ時間も経つし。武道館のライブは「ヒットメドレー」って感じだったなあ。今また来てるんじゃない?

—ああ、『SUMMER SONIC』に出演しますもんね(取材は8月16日)。会う予定ありますか?

小山田:今のところはないんだけど、ちょうどエドガー・ライト(『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ベイビー・ドライバー』などで知られるイギリスの映画監督)もSparksのフィルムを撮るために来日していて、「Beckも来るから、もしタイミング合えば」って連絡はもらってる。

エドガー・ライトと小山田圭吾。エドガー・ライトのInstagramより
Page 1
次へ

リリース情報

Cornelius『Ripple Waves』
Cornelius
『Ripple Waves』(CD)

2018年9月19日(水)発売
価格:2,592円(税込)
WPCL-12923

1. Audio Check Music
2. Audio Architecture
3. Passionfruit(Recorded at Spotify Studios NYC)
4. If You're Here(Recorded at Spotify Studios NYC)
5. Sonorama 1
6. Not Bad, This Feeling
7. Inside a Dream
8. In a Dream(NPR Music's Tiny Desk Concert)
9. Audio Architecture(Studio Live)
10. The Spell of a Vanishing Loveliness(Beach Fossils Rework)
11. Helix / Spiral(Reginald Omas Mamode IV Rework)
12. Mellow Yellow Feel(Hiatus Kaiyote Rework)
13. Surfing on Mind Wave Pt2(Liquid Fairy - A Sound Collage by Lawrence)
14. In a Dream(Haruomi Hosono Rework)
15. If You're Here(Ryuichi Sakamoto Rework)

Cornelius
『Mellow Waves』(アナログ盤)

2018年9月19日(水)発売
価格:3,240円(税込)
WPJL-10106

[SIDE-A]
1. あなたがいるなら
2. いつか / どこか
3. 未来の人へ
4. Surfing on Mind Wave pt 2

[SIDE-B]
1. 夢の中で
2. Helix/Spiral
3. Mellow Yellow Feel
4. The Spell of a Vanishing Loveliness
5. The Rain Song
6. Crépuscule

イベント情報

『Mellow Waves Tour 2018』
『Mellow Waves Tour 2018』

2018年10月3日(水)
会場:福岡県 福岡国際会議場 メインホール
料金:指定席7,800円
※学生証の提示で1,000円キャッシュバック

2018年10月5日(金)
会場:大阪府 オリックス劇場
料金:指定席7,800円
※学生証の提示で1,000円キャッシュバック

2018年10月8日(月・祝)
会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム ホールA
料金:指定席7,800円
※学生証の提示で1,000円キャッシュバック

2018年10月19日(金)
会場:岡山県 岡山市立市民文化ホール
料金:指定席7,800円
※学生証の提示で1,000円キャッシュバック

2018年10月21日(日)
会場:愛知県 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
料金:指定席7,800円
※学生証の提示で1,000円キャッシュバック

2018年10月24日(水)
会場:北海道 札幌市教育文化会館 大ホール
料金:指定席7,800円
※学生証の提示で1,000円キャッシュバック

2018年10月27日(土)
会場:宮城県 電力ホール
料金:指定席7,800円
※学生証の提示で1,000円キャッシュバック

『ヘリオス・グルーヴィーナイト vol.28』
2018年10月13日(土)
会場:富山県 南砺市福野文化創造センター 円形劇場ヘリオス
料金:1階(スタンディング)5,000円 2階(指定席)5,500円

『Mellow Waves Tour 2018 – Taipei』
2018年11月9日(金)
会場:台湾 Legacy 台北
料金:NT$ 2,000(前売)NT$ 2,200(当日)

『Clockenflap 2018』
2018年11月9日(金)~11月11日(日)
会場:中国・香港 Central Harbourfront Hong Kong
※Corneliusは11日に出演

プロフィール

Cornelius
Cornelius(こーねりあす)

1969年東京都生まれ。'89年、フリッパーズギターのメンバーとしてデビュー。バンド解散後、1993年、Cornelius(コーネリアス)として活動開始。現在まで6枚のオリジナルアルバムをリリース。自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX。プロデュースなど幅広く活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送