特集 PR

中井圭が主催する『偶然の学校』 内容も講師も隠された理由とは?

中井圭が主催する『偶然の学校』 内容も講師も隠された理由とは?

偶然の学校
インタビュー・テキスト
村上広大
撮影:八田政玄 編集:久野剛士

自分の関心のある範囲しか、興味を示さない。そんな傾向に危機感を抱いた映画解説者・中井圭が主催する『偶然の学校』は、参加者が予期していない文化・学問・技術を体感していくプロジェクトだ。

20~30名程度の固定メンバーで毎月1回授業が実施される仮想の学校では、講師や授業テーマに関する情報は一切告知されない。つまり、参加者はなんの予備知識もないまま当日を迎えることになる。そして、講師の座学を受け、そこで得た気づきを糧にワークショップで順位を競い合う。

「なにも準備ができないからこそ、参加者の人生すべてが現れる」とは中井の言葉だが、この『偶然の学校』の空気を感じ取れるトークイベントが11月10日、11日に多摩センターで開催されるイベント『NEWTOWN 2018』で行われる。一体どのような催しになるのだろうか。主催者の中井圭に尋ねた。

そもそも人って関心のあること以外には興味を示さないんですよね。

—『偶然の学校』が2016年に開校してから約3年が経ちました。映画解説者の中井さんがこうした企画を立ち上げたのには、どういうきっかけがあったのでしょうか。

中井:もともと中目黒で映画を毎月1回無料で上映する『ナカメキノ』というプロジェクトを運営していました。架空の映画館で映画が観られて、しかもゲストのトークショーも楽しめるというものです。なぜそのような活動をしていたかというと、いまって映画館に足を運ぶ人の総数が3000万人とか4000万人くらいしかいないんです。だから、映画館で映画を観る楽しみを知る人をもっと増やしたいという思いで続けていました。

—本業である「映画解説者」の活動に直結したプロジェクトですね。

中井:それが非常に好評で、いつも満席になるくらい。しかし、その中で、毎回来る人が決まってくるとか、トークショーのゲスト目当ての人ばかりになってしまうとか、少しずつ課題も見えてきて。それで、自分たちが発信しているメッセージがきちんと伝わっているのか疑問に思うようになったんです。

中井圭
中井圭

中井:そもそも人って関心のあること以外には興味を示さないんですよね。たとえば、テレビのワイドショーで芸能人の不倫スキャンダルが取りざたされることって多いじゃないですか。でも、それって本当は当事者や家族以外には関係ないことですよね。それなのに、みんなでああだこうだとSNSに書き込んだりしている。その一方で、難民問題をはじめとした世界で起こっている重要な出来事に対しては見向きもしません。

—確かにそうかもしれないですね。

中井:これは僕の推測になりますが、日本は海に守られてきた島国だから、地続きの国々のようにあまり隣国のことに関心を持つ必要がなかったんじゃないかなと。だから、他国のことに関心が薄い。でも、これからの時代はそれではダメで。それに、まだ知らないものの中に面白いものがたくさんあることに気づかないのはもったいないなって。

「知る」と「体験する」は別だと思うんです。

中井:もうひとつは、僕自身が20代前半の頃に鼻をへし折られた経験が大きかったと思います。大学卒業後にNECへ入社し、BIGLOBEの『シネマスクランブル』という映画サイトの編集長を任されたのですが、チームを組むことになったWeb制作会社の代表が同い年なのに圧倒的に優秀で。僕自身、仕事はそつなくこなせると思っていたのですが、提案するアイデアはことごとくダメ出しが入る。まったく通用しませんでした。

でも、その結果として自分が知らないところにすごく優秀な人たちがいることを知り、もっと努力しようと思えたんです。もし彼との出会いがなければ、僕はいまでも平凡なサラリーマンだったはず。『偶然の学校』に参加する人にも、同じような体験をしてほしいなと考えています。

中井圭が主催する映画試写会イベント『映画の天才』ロゴ
中井圭が主催する映画試写会イベント『映画の天才』ロゴ

—挫折を与えようということでしょうか?

中井:そうです。日常生活を送る中で、圧倒的な挫折を経験することってなかなかないと思うんです。

—確かにそうかもしれません。

中井:この学校では、「無知の知」を身をもって理解していくことがテーマになっています。いまはインターネットで検索したらなんとなく調べることができるし、SNSを眺めているだけでいろんな情報が得られますよね。それでわかった気にもなれる。

でも、「知る」と「体験する」は別だと思うんです。実際に行動に移してみたら全然うまくいかないこともあるし、想像したよりも面白いことだってたくさんある。その中でたくさん挫折してほしいし、それと同時に自分の現在地を知り、反骨心を持って挑戦してほしいなと思っています。

中井圭
Page 1
次へ

イベント情報

『偶然の学校』
『偶然の学校』

1年間をかけて、参加者が予期していない文化・学問・技術を体感してもらう学校プロジェクト。

『NEWTOWN 2018』4F「ワクワクWORK図書室」
『NEWTOWN 2018』4F「ワクワクWORK図書室」

2018年11月10日(土)、11月11日(日)
会場:東京都 多摩センター デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧 八王子市立三本松小学校)4F
時間:各日10:30~19:00(予定)
株式会社それからデザイン
小柳津林太郎(2代目バチェラー)
鳴海淳義(BuzzFeed Japan)
恩納力(Abema TV)
偶然の学校
インフォバーン 新卒採用担当タクミ
僧侶 稲田ズイキ
前田隆弘
BOOK LAB TOKYO
料金:無料
※一部プログラムは有料

プロフィール

中井圭(なかい けい)

映画解説者。WOWOW「映画工房」「ぷらすと by Paravi」、シネマトゥデイ×WOWOW「はみだし映画工房」、TOKYO FM「TOKYO FM WORLD」、ニコ生公式「シネマのミカタ」等に出演中。「POPLETA」「Numero TOKYO」「CUT」「観ずに死ねるか!」シリーズ、映画広告ポスター等に寄稿。「映画の天才」「偶然の学校」運営。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察