特集 PR

木村カエラが語る、大人になっても自分に正直でいることの大切さ

木村カエラが語る、大人になっても自分に正直でいることの大切さ

木村カエラ『¿WHO?』
インタビュー・テキスト
三宅正一
撮影:永峰拓也 編集:川浦慧

木村カエラのニューミニアルバム『¿WHO?』は、リード曲の“COLOR”を含む全5曲中4曲にタイアップが付いており、さらに残りの1曲はミュージカル『アニー』の主題歌として有名な“Tomorrow”で、ともすれば全体像が統一性のないものになる危惧をはらんでいる構成とも言える。しかし、ここにはフレッシュなモードを湛え様々な表情を見せながらポップミュージックと向き合っている木村カエラがいる。そのポジティブなバイブスを解放している木村カエラの「今」がそのまま本作のコンセプトのように捉えられるのだ。

実際にインタビューすると、まさに今の彼女はポップシンガーとして、一個人としてとてもいい状態にあった。ここ数年は音楽表現をするにあたり悩むことが多かったという彼女は、なぜタフなポジティビティーを解放できるようになったのか? その理由を忌憚のない言葉で語ってくれた。

最近はどんどん本当の意味で「ポジティブ木村カエラ」になってきていて。

—新作『¿WHO?』は全5曲中、4曲にタイアップが付いていますね。ともすれば作品として散漫なものになってもおかしくないと思うんですけど、その実、統一したパッケージ感がある。それはカエラさん自身が音楽と向き合うモードそのものだと思うんですね。自由かつポジティブなマインドでポップミュージックと向き合っているという印象が強いミニアルバムだなと思います。

木村カエラ『¿WHO?』ジャケット写真
木村カエラ『¿WHO?』ジャケット写真(Amazonで見る

木村:ありがとうございます。タイアップ曲が多いから作品としてどういう塊にしようかと思ったんですけど、私が来年にデビュー15周年を控えてるんですね。そこで、次のフルアルバムを作る前に、今すでにある曲はひとつの作品としてまとめたいなと思って、今回はミニアルバムを作ることにしました。

タイアップ曲が多いんですけど、そのなかで統一した意識として「子どもが喜ぶような曲がいいな」とか「世の中の人に元気になってもらえたらいいな」とか、そういう希望のある曲を作りたいという思いがメインにあります。つまり、ネガティブな曲が一切ないというか。

木村カエラ
木村カエラ

—まさにそうですね。

木村:タイアップ曲はそれぞれバラバラではあるんだけど、そういうことをテーマに1枚のミニアルバムを作れると思ったんです。しかもそこにはいろんな色味があって、全曲木村カエラが歌っているんだけど、子どもみたいな表情を見せているものがあったり、女性的な表情を見せているものがあったり。

—1曲目の“COLOR”はまさに女性的な衝動の強さを表現していると思うし、“Tomorrow”のカバーでは少女的な表情を見せていますよね。

木村:“Tomorrow”のカバーをなぜ入れたかというと、本当は新しい曲をまた1曲レコーディングしようと思っていたんですけど、2018年も大きな地震や豪雨災害があったなかで、私に何かできることはないかとずっと考えていたんです。そこで、私自身がいつも元気をもらっていて、みんなが知っている”Tomorrow”を歌って、みんなを少しでも元気づけられたらいいなと思って。

—それが今の木村カエラのシンガーとしての役割と感じているところもありますか?

木村:私はデビュー当時からすごく心配性で。もともとネガティブな人間なので、歌っている木村カエラはその裏返しにあると思ってるんですね。なので、自分自身も元気になりたいし、曲を聴いてくれる人にも私みたいな人が絶対いると思うから、曲を聴いて元気になってほしいという思いがあって。

それをずっと続けてきてもうすぐ15年が経つんだけど、最近はどんどん本当の意味で「ポジティブ木村カエラ」になってきていて。それを音楽で表現したいという思いがすごく強くありますね。

木村カエラ

—そういうポジティブなモードになれた要因はご自身のなかで分析できているんですか?

木村:やっぱり1年1年、年を重ねて強くなったんじゃないですかね。女性は特にそうやって自然と強くなっていくんじゃないかなと思います。

—男とは強くなるベクトルが違いますよね(笑)。

木村:男の人は子どものままでいいんじゃないですかね(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

木村カエラ『¿WHO?』初回限定盤
木村カエラ
『¿WHO?』初回限定盤(CD+DVD)

2018年11月21日(水)発売
価格:2,484円(税込)
VIZL-1467

[CD]
1. COLOR
2. ちいさな英雄
3. Run to the Rainbow
4. HOLIDAYS
5. Tomorrow
[DVD]
1. COLOR (Music Video)
2. COLOR (Making Movie)
※1499枚 直筆ラクガキジャケット ランダム封入

木村カエラ『¿WHO?』通常盤
木村カエラ
『¿WHO?』通常盤(CD)

2018年11月21日(水)発売
価格:1,944円(税込)
VICL-65071

1. COLOR
2. ちいさな英雄
3. Run to the Rainbow
4. HOLIDAYS
5. Tomorrow

プロフィール

木村カエラ
木村カエラ(きむら かえら)

2004年6月にシングル「Level 42」でメジャーデビュー。2013年、自身が代表を務めるプライベートレーベルELAを設立。2014年、メジャーデビュー10周年を迎え、ベストアルバム「10years」、8枚目となるオリジナルアルバム「MIETA」をリリース。同年10月、横浜アリーナ2days公演を成功させた。2016年、アルバム「PUNKY」をリリースし全国ツアー「KAELA presents PUNKY TOUR 2016-2017」を実施。2017年5月、JRA『HOT HOLIDAYS!』のCMソングとなっているシングル「HOLIDAYS」をリリース。2018年4月初の絵本「ねむとココロ」を出版。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」