特集 PR

会田大也×佐藤ねじ対談 才能を鍛えるための学び方を紐解く

会田大也×佐藤ねじ対談 才能を鍛えるための学び方を紐解く

デジタルハリウッド 本科デジタルアーティスト専攻
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

デジタルが当たり前の「環境」となっている現代。気がつけば現代人は、アナログ対デジタル、フィジカル対バーチャルという対立を超えた暮らしを当たり前のように送っている。そんな環境のなか、モバイルアプリからメディアアートまで、表現者たちは「作ること」をどう考え、どう取り組んでいくべきか?

今回の対談は、そんな今日的かつ根源的な問いをさぐろうと行われた。登場するのは、山口情報芸術センター[YCAM]で手がけた、カラダとアタマを刺激するワークショップで知られるミュージアムエデュケーター会田大也。面白法人カヤック時代からユニークなアイデアのウェブサイトやアプリ企画で注目され、現在はブルーパドル社を率いるアートディレクター / プランナー、佐藤ねじ。

二人は、来春から始まるデジタルハリウッドの新設コース「本科デジタルアーティスト専攻」の講師でもある。フィールドこそ違えど、現代の発想法や思考法に日々向き合う者同士。そんな彼らが、これからのデジタルアーティストのありようや、誰もが活かせる発想や学びのエッセンスについて語り合った。

やりたいのは、自分たちが勝手に引いてきた境界線に入り込んで、定義そのものを変化させていくこと。(佐藤)

―今やデジタル表現と一口に言っても、モバイルアプリからメディアアートまで様々です。そうしたなかで、お二人は今、どんな発想法や思考法が大切だと考えています?

会田:たとえば文章を書く手段が手書きかタイプライターだった時代は、ウィリアム・バロウズ(ビートジェネレーションを代表するアメリカの小説家)のように、いちど書いたものをバラバラにして並べなおす、という表現は独創性があった。その後、ワープロが出現して編集しながら書くのが当たり前になると、書かれる内容も変わっていく。誰もがバロウズになれるとは言いませんが、技術が表現にも影響していくということは確実に言えると思います。

そうすると、デジタルと表現の関係はただ単に「頭のなかで想像してきたものがデジタル技術で可能になった!」というのを超えて、新たな考え方が生まれる環境と捉え直すことが出来る。この視点でベースから考え直すことが、重要だと思います。

左から、佐藤ねじ、会田大也
左から、佐藤ねじ、会田大也

―文章以外だと、どんな例があるでしょうか?

会田:たとえば従来、アートとは一点モノの世界で、そこに希少価値がつくように作られてきた。でもデジタル技術の普及を通じて、人の想像力のなかにコピーという概念や、そこからバリエーションが生まれるのが当然だという価値観が生まれてくる。

すると、改めて「一点モノとは何か?」という問いから創造が生まれることもありえるわけです。どの領域にも、当然すぎて見えなくなっていることがあるので、「これまで」の話もしながら「これから」の可能性に生かしていく、それが大切だと感じています。

会田大地
会田大地

―「当たり前を疑う」ことは、佐藤さんのお仕事にもつながりそうです。有名なお仕事に、人気のホラー映画シリーズと連動したスマホアプリ『貞子3D2 スマ4D』(2013年)などがありますね。映画を観たその日の深夜0時に貞子から電話がかかってくるというサプライズも話題になりました。

佐藤:体験のデザイン、というと陳腐な言い方かもしれませんが、体験ベースで考えると自然と包含的になるんですね。『貞子3D2 スマ4D』は当時流行ったセカンドスクリーン(メインコンテンツとモバイル画面を連動させる仕組み)を生かしたものでした。

佐藤ねじ
佐藤ねじ

佐藤:映画は2時間で終わるもの、という枠組みを小さな形でも超えて、映画体験をちょっとだけ拡張させることを目指したんです。当時、午前0時以降にSNSで検索してみると、アプリを入れていた女子高生たちが大騒ぎしているツイートがたくさん出てきた(笑)。

会田:(笑)。怖いけど、すごく面白いですね。

佐藤:自分たちが勝手に引いてきた境界線に入り込んで、定義そのものを変化させていく。僕がやりたいのはそういうことかなって思っています。

可愛いネコ動画の拡散パワーもすごいけど、同じバズるコンテンツでも、それとは全く違う、新しい広がりを探りたい。たとえば、ウェブサイトのフッターにおける革新的表現とか(笑)。アップデートでもダウングレードでもない、そういう新しい分岐を作ることがすごいモチベーションになっています。

左から、佐藤ねじ、会田大也
Page 1
次へ

開講情報

デジタルハリウッド東京本校
本科デジタルアーティスト専攻<全日1年制・選抜クラス>

開講日:2019年4月
期間:1年間
通学:週3日
定員:20名

プロフィール

会田大也(あいだ だいや)

1976年東京生まれ。2000年東京造形大学造形学部デザイン学科造形計画専攻卒業。2003年情報科学芸術大学院大学IAMAS修了。2003年開館当初より11年間、山口情報芸術センター(YCAM)の教育普及担当として、メディアリテラシー教育と美術教育の領域にまたがるオリジナルワークショップや教育コンテンツの開発と実施を担当する。一連のワークショップは、第6回キッズデザイン大賞を受賞。担当企画展示「コロガルパビリオン」が、第17回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品受賞。一連の「コロガル公園」シリーズは2014年度グッドデザイン賞を受賞。2013年、国際交流基金主催の日・ASEAN友好40周年事業 国際巡回メディアアート展「MEDIA/ART KITCHEN」キュレーターに選出。2014年より東京大学大学院ソーシャルICTグローバル・クリエイティブ・リーダー[GCL]育成プログラム特任助教。他に、伊勢丹cocoikuプログラム監修、VIVITA株式会社企画担当、Mistletoe株式会社フェローなど。

佐藤ねじ(さとう ねじ)

1982年生まれ。プランナー/アートディレクター。面白法人カヤックを独立→Blue Puddle Inc.設立。「空いてる土俵」を探すというスタイルで、WEBやアプリ、デバイスの隙間表現を探求。代表作に『Kocri』『しゃべる名刺』『貞子3D2』『本能寺ストーブ』『レシートレター』『世界で最も小さなサイト』など。日経BPより「超ノート術」を出版。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル