特集 PR

能町みね子が中野陽介を掘る 色々あったけど、人は生まれ変われる

能町みね子が中野陽介を掘る 色々あったけど、人は生まれ変われる

Emerald『On Your Mind』
インタビュー・テキスト
能町みね子
撮影:前田立 編集:柏井万作(CINRA.NET編集長)

ロックスターになれなかったってところからEmeraldは始まったんです。(中野)

中野陽介くん(あえて「くん」付けにします)とは、付かず離れずといった感じで10年以上ふわふわ、不思議なおつきあいです。

以前に彼が組んでいたバンド「PaperBagLunchbox」(以下、PBL)をひょんなことから好きになり、観に行くうちに少し会話を交わすようになって「くん付け」するような関係性になったものの、そのままどっぷり仲良くなるわけでもなく。私もいろいろありましたが、彼もいろいろ(本当に、いろいろ)ありました。

PaperBagLunchbox時代から中野陽介の活動を追いかけたCINRA.NETのドキュメンタリー連載『音楽を、やめた人と続けた人』
PaperBagLunchbox時代から中野陽介の活動を追いかけたCINRA.NETのドキュメンタリー連載『音楽を、やめた人と続けた人』

で、いろいろあった結果PBLは解散してしまい、彼はいつの間にか新しいバンド「Emerald」を結成していました。――ということすら、7年も前だ。

先日のEmeraldのライブ(11月21日、渋谷WWW)は、とても平和で、一体感があって、華やかで、それでいて大人の落ち着きがあって。踊れるし、同時に座ってお酒を嗜みながら聴いてもしっくりくるようなエンターテイメントに仕上がっていました。鮮烈だけど繊細だったPBLが解散してから7年、正直、知り合ったときのバンドであるPBLへの思いをいまだに少し引きずっていた私も、このライブを目撃して、彼はEmeraldとしてとっくに生まれ変わっていたのだ、と反省しつつ認識を新たにしました。

この動画は2018年1月のライブ映像

その日、厚みのある音楽のなかで、中野くんは浮遊するように踊りながら歌っていました。中野くんは、いつも浮遊しているよう。

Emeraldが今回新譜『On Your Mind』を出すにあたって私は中野くんへのインタビューをオファーされたのですが、もちろん私はこの新譜を大いにアピールしたいし、内容のすばらしさを宣伝したい。しかし、私には音楽の専門的な知識が圧倒的に足りないし、かといって私は彼のプライベートをとりたてて明かしたいわけでもない。ということで、Twitter中毒の私としては、浮遊する彼の謎めいたツイート群から侵入していくしかないと思ったわけです。

能町:最近、自動車免許取ったんだ。持ってなかったんですね。ちょっと意外。

中野:僕、1か月オフがあったんですよ。車の免許取るくらいしかやることなかったから。教官に教えてもらいながら走って。俺、ロックスター免許、仮免で落ちたな~って考えて落ち込んだりとか。

能町:ロックスター免許?(笑)

左から:能町みね子、中野陽介
左から:能町みね子、中野陽介

中野:ロックスター免許があるとしたら、だいたい28歳までに免許取らないとだめなんですよね。

能町:あー……、わかる気がする。でも、ロックスターになりたかったんですか?

中野:なりたかった!

能町:へええ。

中野:ロックスターになれなかったってところからEmeraldは始まったんです。(PBLを解散して)Emeraldのメンバーに会ったとき、ロックではないなって思ったし、メンバーが目指しているのもそうじゃないだろうなって。

だから、「自分を破壊しながら進んでいく、みたいなスタンスじゃないと、音楽やっちゃだめなんですかね?」って音楽の女神に問いかけるようなところからEmeraldは始まって。そんなはずはねえだろう、愚直に音楽に向き合っていこう、って。

能町:ロックスターは、じゃあもう、今からはもういいですか。

能町みね子

中野:わからないですね。PBLの頃は我を解放して作ってきたんで、それを抑え込んだりとか、一回飲み込んで自分のなかでちゃんと代謝して出せるようになったのは本当に最近なんですよね。

能町:最初は自分を抑えすぎて、疲れたりとか?

中野:してました。でも、メンバーに迷惑かけたくないし、大好きだし、前のバンドの失敗は絶対に繰り返さないぞって、精神改造をずっとしてきたというか。

能町:それは何か具体的に方法があったんですか。

中野:えっとね……「仕事をしてみる」だったと思う。自分のペースに合わせて働いてみようと思って、普通の会社を受けてみて。

中野:僕は、音楽の他は全部修行というか、修行してきたことが音楽に返ってくるっていうスタイルになってしまってるんです。以前も、その時々にあったきついこと、嬉しかったことを歌にしてきたから、自分の魂が常に勉強し続けてないと、音楽に返せるものがなくなってきちゃう。もう人体実験ですよね、魂実験です。

能町:それはわかります。私も会社員やりながらの方が物書きやすかったって思う。なんか別の刺激がないと、出るものも出ないんですよね。

相手に伝えるために色々な言葉を覚えたいし、相手が使う言葉を知りたい。(中野)

能町:自分は丸くなったと思いますか?

中野:それについては僕も考えたんですけど、丸くなってないなと思って。

能町:あ、そうなんだ。

中野:鋭敏なものは鋭敏なままあって、扱いに慣れてきただけ。その周りを、それに負けないくらい強い愛情で包むってことを覚えたんです。それがないと、本当に簡単に人って傷つけられるから。一発で人間の心が折れる言葉とかイマジネーションってあるんですけど、絶対この刃は使わないようにしようと。この封印をずっと解かないでいるためには、本当に大きい愛情を自分で手に入れなければいけないと思う。

能町:それは自分に対する愛情ですか?

中野:いや、世の中とか他者に対する愛情ですね。いいやつになりたいとは思ってないんですけど、人を傷つけたくないんですよ。PBLのときは、自分の周りにいる人間がすごいしんどい思いをしてることに自分の心が耐えられなかった。だから自分も倒れちゃったんですけど、そうならないためにどうするかっていうのは今に至るまでの自分のなかの葛藤でしたね。

中野陽介

能町:じゃあ、今はEmeraldのメンバーとは愛情に包まれた状態でやっている感じですか。

中野:そうですね。人に何かを話すときに、とにかく気を遣うようになったなあと思っていて。言葉を歌っている人間で、そこに影響力を持ちたいと思ってがんばっているんだから、言葉には本当に気をつけないといけない。そうこうしているうちに相手のことを考えるようになっていって、昔よりも丸くなったっていうか……大きくなったのかもしれないですね。

能町:「大きくなった」って、いいですね。

中野:前より丸くなった、みたいに言われることも多いんですけど、本質は変わってないなと思っていて。ただ、Emeraldで新しく何かを作ることになって、PBLとは別の方法を考えようって。相手に伝えるために色々な言葉を覚えたいし、相手が使う言葉を知りたいし。もっと自分の本当にしたいこと、本当に伝えたいことが伝わる方法を探さなくてはいけない旅でした。

観に来た人の心がしなやかに柔らかくなるような体験をさせたい。マッサージっすね。(中野)

能町:だいぶ前のインタビューでメンバーの誰かが、ライブでは基本的には音源の完全再現を目指してるって言ってたのを読んだんだけど、中野くん的には何を重視してるの?

中野:完全再現は、したいです。

能町:それはやっぱり、最低条件。

中野:で、それもありつつ、観に来た人の心がしなやかに柔らかくなるような体験をさせたい。マッサージっすね。

能町:マッサージ! うんうん。

能町みね子

中野:Emeraldのメンバーの音のなかに入ったときも、自分がマッサージされてる気がすごいするんで、それを渡したい。踊れば身体も軽くなるし、立ち止まって、心で聴けば心も軽くなるし。いつもそういうことをイメージしながら歌ってる気がします。昔とは全然変わったかもしれない。

能町:いまステージ衣装に考えとかこだわりとか、あるんですか。

中野:動きの出る服がいいなって思ってて。あとは、大きく見える服がいいなと。細く見せつつ、大きく見せる服がいいなあ、って考えてます。

能町:それはなんで?

中野:僕はラップがすごい好きで、ライブ観たりするんですけど、なんかね、ライブのときはその人たちが実在よりもでっかく見えるんですよ。背が高く見えたり。

能町:なるほど。

中野:オーラなのか、衣装、照明も含めてなのかわかんないですけど。そういう人たちって、動きが出やすい服着てるなって思って。あとは、綺麗な靴を履きたいですね。これもラッパーから見習ったことですけど。あの人たちは本当に靴、超大事にするんですよ。ギアって呼んでるんですけど、このモデルが超欲しかった、やっと手に入った、って。

能町:じゃあ、最近はラッパー憧れみたいな。

中野:ラップと役者には昔から憧れがあって。生まれ変わったらどっちかやりたいなって。

Page 1
次へ

リリース情報

Emerald『On Your Mind』
Emerald
『On Your Mind』(CD)

2018年12月12日(水)発売
価格:1,944円(税込)
MPLR-004

1. ムーンライト
2. Heartbeat
3. 東京
4. everblue
5. Feelin'

プロフィール

Emerald
Emerald(えめらるど)

Pop music発 BlackMusic経由 Billboard/bluenote行。 2011年結成。ジャズ、ネオソウル、AORといったジャンルを軸にした楽曲群に、ボーカル中野陽介の持つジャパニーズポップスの文脈が加わったそのサウンドは、新しいポップミュージックの形を提示している。2017年にリリースされた2ndアルバム『Pavlov City』では、近年のチルウェイブ等の要素も取り入れつつサウンドをアップデート。Spotifyにて複数のプレイリストにピックアップされるなど、各方面から高い評価を受けている。2018年12月ナイトアーバンポップスを掲げた1st Mini Album「On Your Mind」をリリース。

能町みね子(のうまち みねこ)

北海道出身。近著「雑誌の人格」「雑誌の人格2冊目」(共に文化出版局)、「ほじくりストリートビュー」(交通新聞社)、「逃北」「言葉尻とらえ隊」(文春文庫)、「ときめかない日記」(幻冬舎文庫)など。ほか雑誌連載多数、テレビ・ラジオにも出演。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業