特集 PR

ORESAMAが作る非日常の世界 ぽん×うとまるのアートワーク談義

ORESAMAが作る非日常の世界 ぽん×うとまるのアートワーク談義

ORESAMA『ワンダーランドへようこそ!~in STUDIO COAST~』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:垂水佳菜 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

ORESAMAが楽曲やライブで提示する非日常のワンダーランド。それを作り上げるにあたって欠かせないのが、イラストレーター / アートディレクター・うとまるの存在だ。彼女の描き出すポップでカラフルなイラストは、ジャケット、ミュージックビデオ、ライブでの映像演出と、メディアを横断しながらORESAMAのイメージを支え続けてきた。

結成当初から存在したという“ワンダーランドへようこそ”が満を持してリリースされるこのタイミングで、デビュー時からの付き合いであるORESAMAのぽん、うとまるの対談が実現。お互いのルーツや価値観について、過去のアートワークやミュージックビデオを振り返りながら、じっくりと語り合ってもらった。

ORESAMAの曲を初めて聴いたときには、すでに完成してる感じがあった。(うとまる)

—ORESAMAのアートワークにはデビューから一貫してうとまるさんのイラストが使われていて、今や「ORESAMAといえば、うとまるさん」みたいな感じもありますよね。

ぽん:1stシングル(2015年発表の『オオカミハート』)をリリースするときにご紹介いただいて、初めてイラストを見たときすぐに惚れ込んで、ずっとお願いしています。でも最初、うとまるさんっていうアーティストの人物像を暴いてはいけないものだと思っていて……。

うとまる:どうしてですか?(笑)

ぽん:イラストとお名前からは性別も、年齢も、どういう方なのかもわからなかったし、聞いてはいけないものだと勝手に思い込んでいて(笑)。なので、初めてお会いしたときに、こんなに柔らかい雰囲気の女性の方なんだって、驚いた記憶があります。

うとまる:特に考えてそうしようとしてたわけではないんですけどね(笑)。

CAP:左から:ぽん(ORESAMA)、うとまる
CAP:左から:ぽん(ORESAMA)、うとまる

うとまる:ORESAMAの曲を初めて聴いたときには、すでに完成している感じがあって、ここに絵をつけられるのは楽しそうだなって思いました。ポップでカラフルな雰囲気は私の作風とリンクする部分もあったし、当時ぽんちゃんは金髪で、キャラクターとしても絵にしやすいなと。

ぽん:小島くん(ORESAMAのギター&サウンドクリエイター)がずっとサングラスをしているのは、うとまるさんのなかでのイメージですか?

うとまる:イラストで2人を描くにあたって、漫画のキャラクターみたいにパッと覚えられるようにしたかったので、金髪のぽんちゃんに対して、小島くんには試しにサングラスを着けてみたんですけど……それが延々と今も続いてるっていう(笑)。

『オオカミハート』リリース時のアートワーク
『オオカミハート』リリース時のアートワーク

—ぽんさんが、うとまるさんのイラストをいいなって思ったのは、特にどんなところでしたか?

ぽん:まず、テイストが大好きなんですよね。子どもの頃によく見ていた1980年代とか1990年代のアニメに通じるものがあるというか。懐かしさも感じるんですけど、今の香りもするハイブリッド感が「相性いいね」って言っていただける一番の理由なんじゃないかなって。女の子が着ている服も本当に可愛くて、そのセンスや色彩感覚も、懐かしさと新しさを感じさせる要因のひとつだと思う。だから、うとまるさんの目で世界を見てみたいなって、すごく思います。

うとまる:ありがとうございます。めちゃめちゃ嬉しいです(笑)。

ぽん:いろんな色がひとつの絵のなかに散りばめられているのに、まとまって見えるのもすごくよくて。ORESAMAに興味を持ってくださった方のなかで、うとまるさんのイラストから入ってくださった方もとても多いですし……好きなところを言いはじめたらキリがないです(笑)。

うとまるのイラストレーション集『Something Wild』。2018年11月9日のライブ会場販売分に付属した会場限定特典のブックカバー仕様
うとまるのイラストレーション集『Something Wild』。2018年11月9日のライブ会場販売分に付属した会場限定特典のブックカバー仕様

女の子って、自信を持ったら最強じゃないですか?(ぽん)

—ぽんさんから「1980年代や1990年代のアニメに通じる」というお話がありましたが、実際にうとまるさんの作風はどんなものに影響を受けて作られていったのでしょうか?

うとまる:私はどちらかというと1980年代に活躍した海外のイラストレーターに好きな人が多くて、そういった作家たちから影響を受けています。当時の日本のイラストレーターたちもおそらく同じように同時代の海外の作家からインスピレーションを得ていたんじゃないかなと。

たとえば、私はウィリアム・スタウトというイラストレーターが大好きなんですが、おそらく『Dr.スランプ』の鳥山明もスタウトのことが大好きに違いないと思うんですよね。私は『Dr.スランプ』も大好きなので、どちらからも大きな影響を受けています。ぽんちゃんはどういうアニメを見てたの?

ぽん:私は人生のなかで一番好きな作品が『うる星やつら』(放送期間は1981年10月~1986年3月。原作は高橋留美子)で、ずっとラムちゃんが好きだったので、うとまるさんの描く女の子のラインもすごく好きで。かわいいんだけど、色気があるというか。

うとまる:ラムちゃんいいですよね。ラムちゃんって、男ウケや世間ウケを考えるんじゃなくて、自分の思うままにガーッと行動するじゃないですか? ああいう感じはすごく好きです。

ぽん:私もそこにとても憧れるんですよね。自分を信じている感じというか、その強さが可愛いし、憧れでもあって。

ぽん(ORESAMA)

うとまる:自分の作風とはちょっと違うんですけど、私は『少女革命ウテナ』(1997年放送のテレビアニメ)が超好きで、あれも主体性のある主人公の物語なんですよね。高橋留美子のキャラクターもそういう芯の強いところがいいなって。

ぽん:我が道を突き進むというか、『うる星やつら』はそれが顕著ですよね。女の子って、自信を持ったら最強じゃないですか?

私は自信がない側の人間なので、その強さにすごく憧れていて、そういう等身大の自分が歌詞にも表れることが多いかなって思います。私の歌詞には、自分を励ますというか、自分の背中を押すような言葉も多いんですけど、それが結果として、聴いてくれる女の子の背中を押せていたらいいなって思っているんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

ORESAMA
『ワンダーランドへようこそ/秘密』

2019年1月3日(木・祝)配信

1. ワンダーランドへようこそ
2. 秘密

  • サイトで見る
  • イベント情報

    ORESAMA『ワンダーランドへようこそ~in STUDIO COAST~』
    ORESAMA
    『ワンダーランドへようこそ~in STUDIO COAST~』

    2019年2月2日(土)
    会場:東京都 新木場STUDIO COAST

    プロフィール

    ORESAMA(おれさま)

    渋谷から発信する音楽ユニット。80s'Discoをエレクトロやファンクミュージックでリメイクしたミュージックを体現!その新感覚はイラストレーター「うとまる」氏のアートワークやミュージックビデオと相乗効果を生んで新世代ユーザーの心を捉えている。2018年4月、メジャー1stアルバム「Hi-Fi POPS」をリリース。

    うとまる

    日米のポップカルチャーの影響を色濃く受けたキャラクター造形と色彩表現が特徴の作家。CDジャケット、MV、雑誌への作品提供から、キャラクターデザイン、コスチューム原案、漫画制作、プロダクト開発など幅広く活動中。アメコミを彷彿とさせるポップなイラストレーションで、ポップカルチャーシーンで活躍するアーティストへのアートワーク提供も行なう。クリエイティブチーム《POPCONE》所属。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

    何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

    1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

      東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

    2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

      常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

    3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

      異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

    4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

      在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

    5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

      お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

    6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

      シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

    7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

      カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

    8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

      「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

    9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

      「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

    10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

      ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで