特集 PR

Poet-type.Mが語る、30代の気づき「つまんねえ人間になってる」

Poet-type.Mが語る、30代の気づき「つまんねえ人間になってる」

Poet-type.M『Pocketful of stardust』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:高橋一生(sui sui duck) 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

春夏秋冬の4部作で「夜しかない街」を描き出したPoet-type.Mの壮大なプロジェクト「A Place, Dark & Dark」を2016年4月に完結させ、門田匡陽は岐路を迎えていた。BURGER NUDS~Good Dog Happy Men時代も含む、キャリアの集大成的な色合いもあった作品だけに、30代後半を迎えた門田にとって、そこが安住の地となる可能性はあったし、実際に彼はしばらく「独り」を選んでいた。

しかし、その後に起こった内外の変化によって、新作『Pocketful of stardust』は、ここに来てまた新たな門田匡陽像を打ち出す、開かれた転機作となった。アートディレクターで「sui sui duck」のバンドメンバーでもある高橋一生や、ダンサーで『ミスiD2019』ファイナリストの櫻井香純など、下の世代との出会いが門田にとって非常に大きな出来事になったという。クリエイターとしての真摯な姿勢は一切揺らぐことなく、しかし、かつての攻撃的な目線はやや影を潜め、30代後半になった自分自身が変化していることに戸惑いつつも、それを楽しみ、新たな美しさを生み出そうとする。フラットな門田の現在地がそこにはあった。

<君は独り 絶対独りで無敵さ>って言いながら、「俺、全然独りじゃなかったじゃん」って。

—今日は浅草花やしきでの撮影でしたが、実家がこのあたりだそうですね。

門田:そうなんです。小学校のときは1か月に15回くらい来てた(笑)。自分の中のイノセンスな部分と合うというか。他の遊園地に行っても全然そういう感じはしないんですけどね。なので、今日は来られて楽しかったな。

門田匡陽
門田匡陽

—来たのは久しぶりですか?

門田:あ、でも毎年Good Dog Happy Men(以下、GDHM)のメンバーと花火の日に来てたの。隅田川の花火大会の日に、1年に1回ここが夜までやってて、そのときGDHMの面子で集まって遊ぶんだよね。男4人でジェットコースター乗ったり(笑)。

—非日常の世界、ファンタジーの世界を子ども心に植え付けられた場所でもあるのでしょうか?

門田:確かに、そう言われたらそうかもしれない。昔から日常と非日常の境目が曖昧だったっていうのはあるかも。

門田匡陽

—2015年から2016年の1年をかけて、「夜しかない物語」を描いた4部作の「A Place, Dark & Dark(以下、D&D)」を発表し、それが2016年4月の独演会で区切りを迎えたわけですが(参考記事:Poet-type.M(門田匡陽)、現代のクリエイターにNOを突きつける)、今振り返ると、あのプロジェクトは門田さんにとってどんな経験だったと言えますか?

門田:すごく楽しかったし、他のミュージシャンとの差異も出すことができたと思うから、「これが俺のやり方だな」って思った。そこで描いてた世界と現実の乖離が大きくなって、要は、帰って来られなかったんですよ。だから、「俺はこれからD&Dだけをやっていく人になるのかな」とか思ったりもして。

—じゃあ、すぐに新しい曲も作り始めていたわけですか?

門田:そう、曲は作り始めていて、俺はまたすぐ出したかったの。でも所属事務所の方で組織変更があって、前の社長がいなくなったりして、出せなかったんだよね。「1年は様子を見てくれ」って言われて。でも、ネガティブな気持ちはなく、「それまで好き勝手やらせてもらった分、1年の間に曲作ればいいや」くらいの気持ちでいて。

門田匡陽
「A Place, Dark & Dark」プロジェクトの1曲

—その1年で書き溜めたものが、今回の『Pocketful of stardust』に繋がっている?

門田:『Pocketful of stardust』って、作ったばっかりの作品なんですけど、聴くのが結構つらいんですよ。というのは、今思い返してみると、「D&D」が終わってからこれができるまで、すっげえ孤独だったんです。

2016年4月に「D&D」が終わって、今年8月のレコーディングまで、Poet-type.M(以下、PtM)は俺の心の中にしかなかった。会社から「様子を見てくれ」って言われて、はっきりとしないまま、闇雲に24曲くらい作ってたんですよね。

—じゃあ、精神的には結構きつい時期だった?

門田:それがそうでもなかったんです。俺はこれまでバンドしかやってこなかった人間だから、PtMもできればバンド方向に持っていきたいと思ってたけど、この2年で「俺は独りだ」って再確認したんです。独りでいいし、独りがいい。独りだからこそできる音楽があるなって思った。

今回3曲で水野(雅昭)くんにドラムを叩いてもらってるけど、それ以外は全部自分で演奏していて。これまでPtMは俺のソロということでやってきたけど、楢やん(楢原英介)や水野くんやスタッフに頼ってる部分も多くて、ずっと支えられていたことに気づかされたというか。<君は独り 絶対独りで無敵さ>(“楽園の追放者(Somebody To Love)”)って言いながら、「俺、全然独りじゃなかったじゃん」って。なので、今回は独りであるということをもっと苛烈に、その孤独を突き詰めたいなって思って、自分以外の音は最小限にしたんです。前に人から言われた言葉で、その通りだなって思ったことがあって。

門田匡陽
Page 1
次へ

リリース情報

Poet-type.M
『Pocketful of stardust』
Poet-type.M
『Pocketful of stardust』

2019年1月9日(水)配信

1 Star dust
2 MoYuRu
3 イプシロンは泣いてたよ(A Boy In The Avenge)
4 ファンタジア(What Makes You Beautiful)
5 瓦礫のオルフェオ(Ombra mai fù)
6 贖罪の夜、オーケストラは鳴り止まず(Modern Romance)
7 ただ美しく(Grace)
8 光の言語(Absolute Blue)
※ “光の言語(Absolute Blue)”は、デジタルシングルとして3月に配信予定

Poet-type.M
『Pocketful of stardust』(CD)
Poet-type.M
『Pocketful of stardust』(CD)

2019年2月4日(月)発売
価格:2,000円(税込)
PTMM-1029

1 Star dust
2 MoYuRu
3 イプシロンは泣いてたよ (A Boy In The Avenge)
4 ファンタジア (What Makes You Beautiful)
5 瓦礫のオルフェオ (Ombra mai fù)
6 贖罪の夜、オーケストラは鳴り止まず (Modern Romance)
7 ただ美しく (Grace)
8 光の言語 (Absolute Blue)

イベント情報

『Pocketful of stardust』

2019年2月4日(月)OPEN 19:20 START 20:00
会場:東京都 渋谷 La.mama

プロフィール

Poet-type.M
Poet-type.M(ぽえと たいぷ どっと えむ)

1980年1月30日、東京都生まれの音楽家・門田匡陽(もんでんまさあき)。BURGER NUDS / Good Dog Happy Men のボーカル&ギター。Poet-type.Mは門田のソロワーク名義。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で