特集 PR

努力してできないことはない。高校生R&BシンガーKAHOHの夢

努力してできないことはない。高校生R&BシンガーKAHOHの夢

LINE RECORDS
インタビュー・テキスト
沖さやこ
撮影:垂水佳菜 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

夢を口にするのを怖いことだと思っている人は、世の中に少なくないだろう。いくら生き方や選択肢が多様化しているとはいえ、大きな夢を口にすればバカにされるかもしれないし、反対されるかもしれない。受け入れてもらえたとしても、その夢を叶えるのは無理かもしれない。そうやって人知れず心のなかで消えていった夢は、誰にでもあるのではないだろうか。

2018年の夏、芸能事務所TWIN PLANETとSTARBASEによる共同オーディションで審査員特別賞を獲得した現役高校生のKAHOHは、自分自身の夢を恐れず言葉にし、それを成すために行動を起こし続けてきた人物だ。オーディションから約半年、とうとう2019年2月にLINE RECORDSから配信限定シングル『HERE WE ARE』でデビューを果たす。

インタビューでは照れることなく堂々と大きな野心を口にすると同時に、自分自身のことを「才能がない」「自分にはまだまだ足りない」と話すKAHOH。そんな彼女が17歳という若さで歌手デビューの夢を手に入れ、大きな目標へのスタートを切れた理由とは? 彼女の人生哲学やヒストリーを徹底解剖する。

がんばってもできないことはない。だから努力するのが嫌だと思ったことは、一度もないです。

—KAHOHさんは4歳からダンススクールに入ったそうですね。親御さんの意向ですか?

KAHOH:いえ、6歳年上のいとこのダンスレッスンについていって、それを見て「かっこいい! やりたい!」と思って始めました。両親はやりたいことはなんでもやらせてくれるので、すごく協力してくれて。週3でレッスンに行って、夜は毎日ダンスをしていました。勉強もそんなに好きじゃなかったし、ダンスしかしてなかった(笑)。

KAHOH
KAHOH

—ダンスのなにが、そこまでKAHOHさんを魅了したのでしょう?

KAHOH:ダンスを始めてすぐ、先生が(習熟度制の)クラスを上げてくれたのが、すごくうれしくて。評価されるのがうれしかったんだと思います。踊ることは心の捌け口とかそういうわけでもなくて、当たり前で自然なものだったんです。考えてすることじゃなかったんですよね。

—ということは、練習がつらくてダンスをやめたくなったことなどは?

KAHOH:ないですね。練習すればするほど、できることが増えるじゃないですか。そしたら評価してくれる人が増える。それがすごく楽しかったんです。

—へえ、すごい。私は4歳からピアノを習っていたんですけど、うまく弾けないと練習がつらく感じてしまって。

KAHOH:もちろん私も泣きながら練習しました! 私が嫌なのは、練習じゃなくて「できないこと」なんです。できないから必死に練習するんです。つらいと感じることは大体、できないことがあるからじゃないですか?

—たしかに、そういうパターンが多いですね。

KAHOH:歌がうまく歌えないからつらい、この振りが覚えられないからつらい――それは努力でまかなえるものだと思うんです。がんばってもできないことって、そんなにないじゃないですか? だから努力するのが嫌だと思ったことは、一度もないです。できないことが嫌だった。

KAHOH

—中学生で歌を始めたということは、歌とダンスの二足のわらじで活動を?

KAHOH:いえ、ダンスはやめたんです。初めて歌のレッスンを受けた時「私、これできる!」と思ったし、その瞬間にダンスをやめようと決意しました。

—思い切りがいいですね。普通なら、キャリアのあるダンスも新しく始める歌も、どちらも武器にしていこうと思いそうですが。

KAHOH:多分ふたつはできなかったと思う(笑)。どっちも中途半端にできるだろうけど、評価されるほどのクオリティーにはならない気がしたから。

—ひとつのことを突き詰めたいのは、評価されたい、できるようになりたいから。さきほどのお話とつながってきますね。

KAHOH:だから本当に、私は才能がないんですよ(笑)。歌も全然上手じゃない。だから尚更強く「がんばろう」と思うんです。がんばったぶんだけうまくなれるし聴いてもらえる。その感覚はすごく好きだし、大切ですね。

地元のイベントでダンスのコーナーがあるたび、ダンススクールの先生がシンガーとして私をステージに立たせてくれたので、中学生の頃はそういうイベントのステージに出てました。

—シンガーとして立つステージと、ダンサーとして立つステージ、なにが違いましたか?

KAHOH:歌は、自分だけを見てくれる!(笑) ひとりでステージに立つと周りのことを考えなくていいし、自分ができる最大のことをしたら、それがそのまま評価につながる。目で見なくても、音だけで伝わるのが歌のよさだとも思います。

KAHOH『HERE WE ARE』
KAHOH『HERE WE ARE』(LINE MUSICで聴く

—たしかに、ダンスパフォーマンスを楽しむためには、視覚も聴覚も必要です。

KAHOH:音楽は耳があればいいから、伝えやすい。私が歌を続けられているのは、自分のことをいちばんリアルに伝えられるからなんです。歌うのが嫌になった時期もあるけど、それは歌うことを嫌いになったのではなく、うまく歌えない自分のことが嫌いになった時でした。だから、音楽を嫌いになったことは一度もないんです。

Page 1
次へ

リリース情報

KAHOH『HERE WE ARE』
KAHOH
『HERE WE ARE』

2019年2月6日(水)配信

プロフィール

KAHOH
KAHOH(かほ)

現役高校生R&Bシンガー。2001年生まれの17歳。地元和歌山で4歳からダンスを始め、中学生から本格的に歌うことに目覚める。2018年に開催されたオーディションで才能を見出され、MACOらが所属するSTARBASEとマネージメント契約をする。透明さと力強さを兼ね備えた歌声で、大阪など関西でライブを中心に勢力的に活動中。2019年、LINEの音楽レーベル「LINE RECORDS」からのデビューが決定。2月6日にデビュー曲「HERE WE ARE」を配信リリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

    中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

  3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

    セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

  4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

    『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

  5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

    宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

  6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

    フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

  7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

    『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

  8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

    宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

  9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

    細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

  10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

    小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも