特集 PR

三上亮×遠藤幹大 現代美術版ホームドラマは「家」が主人公?

三上亮×遠藤幹大 現代美術版ホームドラマは「家」が主人公?

三上亮、遠藤幹大『Under Her Skin』
インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望 編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)

「ホームドラマ」と聞いてあなたが思い浮かべるものは? 名画好きなら小津安二郎の『東京物語』、テレビっ子ならアニメ版が今年で50周年になる『サザエさん』、海外ドラマファンなら往年の人気作『フルハウス』など、何を連想するかは人それぞれだろう。

三上亮と遠藤幹大は、東京・千住の街に残る日本家屋「仲町の家」で、彼ら流のホームドラマを作りあげた。主役は俳優ではなく、この情緒深い家そのもの。「私は家」という独白で始まる不思議な映像や、スピーカーから聞こえる誰かの暮らしの音、そして謎めいた半透明の革靴。そこから、フィクションでもノンフィクションでもない、異なる時空の交わる「ドラマ」が始まる。

これは、アートプロジェクト「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」から生まれた映像とサウンドのインスタレーション『Under Her Skin』の展覧会。展示会場でもある「仲町の家」で、2人に話を聞いた。

知らない町をさまようときの迷子の感覚。その感覚は、映像を作りながら意識していましたね。(三上)

—この日本家屋「仲町の家」は、もともと江戸時代に千住を宿場町として開発した方のもので、ご子孫が代々継承してきたそうですね。今回の展示『Under Her Skin』は、この「家」を主人公にした「ホームドラマ」をインスタレーションにしたものだという説明が、とても面白いと思いました。

三上:ここは2018年から、アートプロジェクト「アートアクセスあだち 音まち千住の縁」の一環で、文化サロンとして開放されています。ここで最初のアート展ということで声をかけてもらったとき、「ホームドラマ」というキーワードが、僕と遠藤のあいだでどちらからともなく交わされたんです。

遠藤:うん、そうでしたね。

左から:三上亮、遠藤幹大
左から:三上亮、遠藤幹大
仲町の家 外観
仲町の家 外観

三上:僕のなかでは『岸辺のアルバム』(1970年代の名作ホームドラマ。原作、脚本は山田太一)みたいなイメージもあったし、長らく同じ家族が受け継いできた家屋の佇まいからは『サザエさん』も連想しました。ちなみにここで最後に暮らしていたのは4人の姉妹だったそうで、ご近所付き合いはさほどなかったようですが、この家のなかで彼女たちが仲よく、楽しく暮らす姿を想像したりもしました。

—2人は『さいたまトリエンナーレ2016』でも、一軒の住宅を使ったインスタレーション『家と出来事 1971-2006年の会話』(劇作家の松田正隆との協働)を発表していますね。その作品は家でのさまざまな人生を思わせる断片的なシーンを、録音された声で体験するものでした。

ただ、今回の主人公は人ではなく、この家そのものですね。奥の部屋で上映される2画面の映像作品『Under Her Skin』は、まさに「私は家……」という、女性の声による独白からはじまります。外界からは見えない家族の歴史を連想させる一方で、この家の視線が時空を超えて街へさまよい出るようなシーンもあります。

三上:映像は、この家が過去から現在まで見てきた半径数kmの風景をめぐるようなもので、家が語り、ドラマを紡いでいくようなものになっています。僕自身は記憶や無意識、モニュメンタルなものがもつ記憶のようなものにずっと関心があります。でも遠藤と2人でやるときは、互いにリアクションしながら作る感じで、今回はホームドラマの他にも、「境界」というキーワードがありました。

遠藤:カメラは、かつて千住で発展した軍靴の製造工場の歴史や、現在はマンションや公園が整備された街の風景をとらえながら、移動していきます。この家がもつポテンシャルに加えて、異なる時空を交差させ、そこに交通を作っていくようなことができたらと考えました。

遠藤幹大
遠藤幹大
『Under Her Skin』展示風景
『Under Her Skin』展示風景

三上:第二次世界大戦のときには周囲がほとんど空襲で焼けてしまった中、この家はギリギリ焼失を免れたと聞きました。そうしたことの一方で、最後にここで実際に暮らしていた4姉妹は自分たちの暮らしを楽しんでいたのではないかと思うんです。おそらく裕福な家系の方々でしょうし、姉妹は麻雀が趣味だったという話も聞くと、この家の内側ではちょっと浮世離れした暮らしもあったのかな、などと想像します。

—映像作品は、そうした歴史的事実や、私=家による私的で詩的な断片が左右の画面に入れ替わり現れます。完全なフィクションともノンフィクションとも言えないし、鑑賞者はその声の主であるはずの「家」の中でこの映像を体験するので、とても不思議な感覚になります。

三上:たとえば僕らが普段、道を歩いているときは、本当にいろんなことを同時に考えていると思うんです。目の前のお店でもめているオジサンがいればそちらに気をとられるし、一方で今日の夕飯の買い物は何にしようか、などと考えている。ある意味では分裂症的とも言えるくらい、風景と自分との対峙みたいなものは常にとりとめなく起きているんですよね。

関連して、例えると「迷子」の感覚とも近いと思います。迷子の状態って普通、できればなりたくない状態ですよね。でも、知らない町をさまようときって、感覚が鋭敏になりませんか? そういう中で、昔と今という時代の隔たりや、外見は似ているけど違うもの同士の境目があやふやになって、「とりとめのなさ」が鋭敏になる感じ。その感覚は、映像を作りながら意識していましたね。

左から:三上亮、遠藤幹大
Page 1
次へ

イベント情報

三上亮、遠藤幹大『Under Her Skin』
三上亮、遠藤幹大
『Under Her Skin』

2018年9月29日(土)~2019年3月4日(月)
会場:東京都 北千住 仲町の家
時間:10:00~17:00(入場は30分前まで)
休場日:火~金曜(祝日は開場)
料金:無料
※2月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)の展示は休み

プロジェクト情報

アートアクセスあだち 音まち千住の縁(音まち)

アートを通じた新たなコミュニケーション(縁)を生み出すことをめざす市民参加型のアートプロジェクトです。足立区千住地域を中心に、市民とアーティストが協働して、「音」をテーマにさまざまなまちなかプログラムを展開しています。日本家屋「仲町の家」も文化サロンとして土日月・祝日にオープン中。

イベント情報

『表現(Hyogen)|音の間(おとのま)
日本家屋の空間でうまれる音楽のかたち』

2019年2月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10日(日)
会場:東京都 北千住 仲町の家
時間:13:30~16:00
料金:無料

4日間の制作の成果と、表現(Hyogen)のオリジナルナンバーや即興演奏を交えたコンサートを開催

2019年2月10日(日)
時間:18:00開演(17:30開場)
出演:表現(Hyogen)
会場:東京都 北千住 仲町の家
料金:1500円
定員:20名(要予約)

『IMM|フィリパピポ!! ザ・ファイナル』

2019年2月16日(土)
会場:東京都 千住 東京藝術大学 千住キャンパス 第7ホール
料金:無料 ※フード・ドリンクは有料
時間:17:00-20:00(ステージ開始 17:30)
定員:100名(先着順・事前申込優先)

千住タウンレーベル presents「千住持ち寄りレコード鑑賞会」

2019年2月17日(日)
10時30分~12時30分
会場:東京都 北千住 仲町の家
参加費:無料
持ち物:馴染み深い、思い出のある、かけてみたいレコード
レコードをお持ちでなくてもご参加いただけます

プロフィール

三上亮(みかみ りょう)

1983年、神奈川県生まれ。アーティスト。2008年、東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科卒業。2011年、東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。

遠藤幹大(えんどう みきひろ)

1985年、三重県生まれ。映像作家。2008年、京都造形芸術大学映像舞台芸術学科卒業。2013年、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻修了。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』