特集 PR

マッシュとアネモネが語る『RO JACK』『未確認』W受賞後の心境

マッシュとアネモネが語る『RO JACK』『未確認』W受賞後の心境

Eggs
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:小田部伶 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

面白いキャラクターが揃ったバンドだと思います、マッシュとアネモネは。(間下)

—バンドの方向性などは、現状、もちこさんと間下さんがイニシアチブを握ることが多いのでしょうか?

間下:そうですね。そもそも、もちこから僕に「バンドをやりたい」と声をかけてもらったところから、マッシュとアネモネは始まっているので。やっぱり、ここふたり(間下ともちこ)の作るコンセプトは大きいと思います。

もちこ:私とヨネクボくんは同い歳で、間下くんは1個上の先輩で、同じ高校の軽音部にいたんです。私の高校は引退が早くて、3年生の5月くらいには部活の活動が終わっちゃって。でも、それ以降も私はバンドがやりたかったので、間下くんに声をかけました。で、抜けたメンバーのぶんを、他校だったんですけど、理子ちゃんにやってもらおうっていうことになったんです。

—他校でありながら、理子さんに声をかけたのはどうしてだったのでしょう?

もちこ:コーラスができる人がほしかったんです。理子ちゃんは自分の学校の軽音部でベースとボーカルをやっていたので。

間下:あと、これはヨネクボくんに関してもですけど、「なにもしていなくても、立っている姿だけでかっこいい人を探そう」と思っていました。ヨネクボくんなんて、バンドマンにはいない顔じゃないですか(笑)。最高の逸材だと思う。あと、理子ちゃんは可愛いし、可愛いし、可愛いし……。

—ははは(笑)。

間下:もちろん、歌も上手ですし(笑)、ピアノも弾けるし、音感のいいベースを弾くし。高校生だから、好きなバンドを真似した形になるのが当たり前じゃないですか。でも理子ちゃんは、出会った頃には、すでに真似だけには留まらない音楽的な素養があったんですよね。そういうふうに、面白いキャラクターが揃ったバンドだと思います、マッシュとアネモネは。

理子
理子
ヨネクボ隼介
ヨネクボ隼介

「演奏が楽しければそれが正解だな」って思う。(ヨネクボ)

—4人はそれぞれ、どんな音楽を聴くんですか?

理子(Ba,Cho):私はSiMが好きです。兄がもともと、そういうラウドな音楽が好きで、家でよく流れていて。それで、私も中2くらいの頃にバンドが好きになって。ライブにもよく行くんですけど、そういうヘビーな音楽が、一番気分がアガるし、楽しいんですよね。

左から:理子、もちこ
左から:理子、もちこ

—でも、いまのマッシュとアネモネの音楽性は、SiMのようなバンドとは、カラーの違うものですよね。

理子:そうですね。違うんですけど、でも、私は楽器を触ること自体が好きなので。自分がやるぶんには「こういう音楽じゃなきゃ!」っていう執着はないんです。

—去年の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』で演奏されている映像を見たんですけど、理子さんは本当に楽しそうに楽器を弾きますよね。まったく緊張を感じなかった(笑)。

理子:ちょっとは緊張しましたけど(笑)。でもやっぱり、ひとりじゃないので安心できるというか。ステージに立つと「楽しいな」って思えました。

—ヨネクボさんは?

ヨネクボ:僕は、奥田民生さんとか、ナンバーガールとか……あと、なによりThe Whoが大好きです。家族が、子どもの頃からいろんな洋楽の番組を見せてくれて。そこで、中学生の頃にThe Whoの“The Kids Are Alright”のビデオを見たんです。そこから始まりました。

The Whoって、演奏も、インタビューとかも、全部楽しそうなんですよ。それを見ていると、「こういうバンド、いいな」って思うんです。「楽しい」っていうのが大前提にあれば、それでいいというか。もちろん、全部が全部「楽しい」ものってないと思うんですけど、とにかく、僕は「演奏が楽しければそれが正解だな」って思う。

—すっごくシンプルだけど、バンドが追い求める普遍的な本質的な部分が、いまのヨネクボさんの発言にはありそうな気がします。間下さんは、先ほどSteely Danがお好きだと仰っていましたけど、それもかなり渋いですよね。

間下:Steely Danも好きですし、小さい頃から好きだったのはマイケル・ジャクソンですね。

左から:間下隆太、ヨネクボ隼介
左から:間下隆太、ヨネクボ隼介
Page 2
前へ 次へ

アプリ情報

『Eggs』
『Eggs』

アーティストが自身の楽曲やプロフィール、活動情報、ライブ映像などを自由に登録・公開し、また、リスナーも登録された楽曲を聴き、プレビューや「いいね」等を行うことができる、アーティストとリスナーをつなぐ新しい音楽の無料プラットフォーム。登録アーティストの楽曲視聴や情報は、「Eggsアプリ」(無料)をダウンロードすると、いつでもお手もとでお楽しみいただけます。

料金:無料

リリース情報

マッシュとアネモネ『羊の飼い方』
マッシュとアネモネ
『羊の飼い方』(CD)

2019年3月13日(水)
価格:1,620円(税込)
EGGS-038

1. ユートピア
2. アフターオール
3. フィッシュレディ
4. マフラー
5. シープマン

イベント情報

『インストアイベント』

2019年3月21日(木・祝)
会場:東京都 タワーレコード渋谷店5F イベントスペース

『『羊の飼い方』リリースツアー』

2019年3月27日(水)
会場:大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE
出演:
マッシュとアネモネ
TRANS LUCENT LADY
i am you are
FEEDWIT
フラスコテーション
PLUE

2019年3月28日(木)
会場:大阪府 心斎橋 Live House Pangea
出演:
マッシュとアネモネ
TRANS LUCENT LADY
Blondy
Milopensas
知らないひと

プロフィール

マッシュとアネモネ
マッシュとアネモネ(まっしゅとあねもね)

2016年Vo. もちこが前メンバーと結成。2018年5月Vo. もちこと前サポートメンバーであったGt. 間下隆太を中心にメンバーチェンジを経て、再始動。ユートピアを目指し日々歩く。メンバーは、もちこ(Vo, Gt)、間下隆太(Gt, Cho)、理子(Ba, Cho)、ヨネクボ隼介(Dr, Cho)。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優